次回インタースタイル2010年2月展は、過去最大規模で開催!

スノーボードなど横乗りカルチャーの展示会として知られるインタースタイル2010年2月展(開催日:2月16日~18日)は、過去最大規模で開催されることになった!

年々盛り上がりアップするインタースタイル展示会。

2月の展示会は、スノーボードのブランドが多数出展することで知られている。来季にリリースされる最新のスノーボードのギアが、この展示会で発表される。

出展されるブランドは、LIB TECH、ALLIAN、VANS、Analog、SPY、SAMURAI CLOTHING、GALLIUM、DEATH LABEL、AIRBLASTER、SAGLiFE、BILLABONG、DAKINE、VONZIPPER、FLOW、SCORPION HEADWEAR、S-Wear、VESTAL、NOMIS、SANDBOX、LANDING HEADWEAR、VIVO HEADWEAR、AIRHOLE、SKULL CANDY、NITRO、VOLCOM、STEP CHILD、thirtytwo、TECHNINE、HOLDEN、SOUND、GRENADE、NEFF、drop、GILAFFEなど。

毎年のことながら、今季もまったく同じ時期に同じ会場パシフィコ横浜でも、SBJ展示会も開催される。これにより、来季のギアをチェックするショップ関係者には、足を運びやすい便利なシステムになっている。

なぜ、この不景気の最中に、インタースタイルの出展が増えているのかというと、いくつか要因が考えられる。

1つは、SBJのようにメーカー会員費用が取られないこと。SBJでは、スノーボードというスポーツがより多くの人に伝わるように。また安全普及活動などで、その費用が使われているのだ。

その他には、
これまで自社の資金力で個展を出していたところも、経費削減で個展が開かれないケースで、このインタースタイルに出展。
インタースタイルは、スケートやサーフの展示会の集合でもあり、スノー&スケート系のブランドは、合わせてリリースできるメリットがある。
スケートのパーク作りやその他イベントなどのインタースタイルの明るい雰囲気が受けている。
さらにはインタースタイル側からの熱心な営業活動など。

ところで、このインタースタイルは、残念ながら一般の人には開放していない。この展示会は、基本的にはメーカー側とショップ側の商業取引をテーマにしているからだ。

さらにくわしくインタースタイルのことを知りたい方は、以下のページをチェックしよう。
http://www.interstyle.jp/whats_interstyle.html


http://www.interstyle.jp