エアー&スタイルでコリン・フライが優勝!

世界でも最も歴史あるビッグなイベント大会『Billabong Air & Style 09』(TTRツアー最高峰の6つ星ランク大会)でスイスのコリン・フライが優勝した!

スイスのライダーが歴史に名を刻んだ!
photo by Matthias Inderm-hle

東京ドームや札幌真駒内、またアメリカではサンフランシスコ球場など、雪山ではなく多くの観客を呼べる都市や球場などで、大会が開催されるようになった昨今。しかし、元祖イベント型のビッグ大会と言えば、やはりエアー&スタイルだろう。
1994年にスタートし、今年で数えることなんと17回目。ヨーロッパ最高峰の歴史あるビッグ・イベントだ!

この夜、出場ライダーたちはTTRランキングポイント1000点と賞金総額75,000ユーロを狙い12.2メートルのクォーターパイプに体当たりしていった。そして、ヒートアップは、夜通し街中に反響した。

優勝者、スイスのライダー、コリン・フライが空高く舞い、着地を成功させ、勝利を手に入れた時、超満員のベルギー・ゼルスタジアムは地響きするほどの歓声に包まれた。

コリン・フライは予想していなかった優勝に驚きを隠せなかった。
「ラストランの直前に考えたんだ、とにかく体当たりするしかない!って。そしてその通りにした。本当に優勝したのかまだ信じられないよ。クレイジー!」
と、コメント。

派手なライティング、観客の叫び声、荒々しいコンテストの状況はライダーたちを限界までプッシュした。
フライはどデカいマック・ツイストで6.5メートルの高さまで舞い、着地を成功させリング・オブ・グローリーを手にしたのだ。

ピートゥ・ピロイネン(FIN)は、安定した大きなトリックで2位に入賞。
この大会でチャズ・グルドモンド(USA)を抜き、スウォッチTTRワールドナンバーワンの座を獲得した!

ピートゥはバックサイド540に挑戦し続け、2位に入賞。
またさらに8.8メートルの記録でハイエストエアー賞を手に入れた。
この努力の結果、彼はスウォッチTTRワールドナンバーワンにランクインした。

「ワールドナンバーワンになったことなんて今までなかったから本当に気持ちがいいよ。目標だったからね。でもこれから行われる6スターイベントで変化の可能性もあるだろうね。」
と、ピートゥはコメント。

またこの夜、注目を浴びたのは昨年に引き続き出場のジャパニーズライダー、村上大輔。MCと観客が「ガンバッテ!」と日本語で声援を送る中、7.55メートルの高さまで舞い、大喝采を浴びた。
24名の予選はレジェンド、テリエ・ハーコンセン(NOR)を抜き第3位で通過!大会結果は第7位と残念ながら表彰台は逃した村上大輔だが、インスブルックの観客は彼が次の大会で、またここに帰って来ることを期待しているに違いない。


Billabong Air & Style 09 Results

photo by Florian Auerbach

1. Colin Frei (SUI)
2. Peetu Piiroinen (FIN)
3. Olivier Gittler (FRA)
4. Antti Autti (FIN)
5. Terje Haakonsen (NOR)
6. Shayne Pospisil (USA)
7. Daisuke Murakami (JPA)
8. Dustin Craven (CAN)

———————–(以上、決勝進出者)

 9. Chas Guldemond (USA)
10. Scotty Lago (USA)
11. Arthur Longo (FRA)
12. Andy Finch (USA)
13. Henning Marthinsen (NOR)
14. Kim Rune Hansen (NOR)
15. Stale Sandbech (NOR)
16. Jack Mitrani (USA)
17. Chad Otterstrom (USA)
18. Niki Korpela (FIN)
19. Manuel Pietropoli (ITA)
20. Steve Krijbolder (NED)
21. Werner Stock (AUT)
22. Seppe Smits (BEL)
23. Ethan Morgan (GER)
24. Peter König (AUT)

各大会の最新ニュース、ランキング、映像は、http://www.ttrworldtour.com/
Billabong Air & Styleハイライト映像は、http://mpora.com/


http://www.air-style.com/