アップルがスノーボーダーのスピード感知装置を開発!

アップル・コンピューターは、スノーボーダーのライディングやエアー中の加速度や動力を感知する装置を開発!Nike + iPod Sport Kitとして販売する。

図を見てもちんぷんかんぷんだけど、商品可は間近なのかも!?

この装置は、スノーボーダーに限らず、スキーヤー、マウンテンバイカーにも適用するというもの。

通常スノーボーダーはジャンプする時に、スピードを出すように試みる。しかし、これまでそのスピード計測は、あくまでも本人の感覚でしかなかった。しかし、このセンサーを利用すれば、自分がどれほどのスポードを出しているか明確に数字で出せて、しかもそのスピードによりどれほど高く飛んだのか、ということまでわかってしまうようだ。

もしそれが実現できれば、スノーボーダーにとって新しい遊び方が生まれるのではないだろうか?
ライディングのスピードを争ったり、ジャンプの飛距離を争ったり。
そんなことが、友達と、また自分だけでもできてしまう。

スノーボードの上達を真剣に願うライダーにとっては魔法の装置になるかもしれない。
というのも、滑り終わったら、iPod nanoやiPod touchをMacかWindows PCにつなげば、滑走データが自動的にnikeplus.comにシンクされるからだ。つまりパーソナル・トレーナーになれるのである!

今回の装置は、『Nike+ iPod』のスポーツ・アクセサリー・キッドとして販売されるので、将来的には、Nikeのスノーボード・ブーツに自動的にセンサーが付いたりってこともあるのかもしれないね。もしそうなれば、この装置をきっかけにさらにNikeが、スノーボード市場への参入への攻勢をしかけてくるのかも!?

すでにランニングシューズでは商品化されておて、このアクションスポーツ・タイプもかなり近い将来リリースされることになるのでは?

ともかく、この装置が今後どんな形で市場に出て来るのか、ひじょうに楽しみだ。

くわしくは、以下のページ、AppleInsiderでチェックできるぞ。
http://www.appleinsider.com/articles/09/06/11/apple_developing_activity_monitor_for_skiers_snowboarders_bikers.html