【COCレポート10】99%メイク率の男が意地の一撃!

連日熱いセッションを見せてくれるCOC(Camp Of Champions)。昨日も真夏の太陽の下、各アイテムで各ライダーたちが熱いセッションを繰り広げていたが、主役はやはりトースタイン・ホグモだろう。

ハイクする姿は、まさにアスリート!その努力、ハンパでない。

この日も朝イチからやって来て、3連キッカーにトライするトースタイン・ホグモ。まるで、室内ゲレンデの小さいキッカーを遊んでいるような錯覚を与えるほどスムーズにスピンを決めていく。
しかし、そう思っていたのもゲレンデの中間から上部で見た人たちだけで、実を言うと3発目のジャンプがなかなか決まっていなかった。99%メイク率の男とも言えども、20メートル以上のキッカーを3連発決めるのは、難しいようだ。

だけど、決めるまであきらめないのがこの男。Tバーではコーチ用の早く上がれる列に並んで、混んでいるジャンプ台付近でもややスネーク(※ズル込みのこと)気味に入り、誰よりも早くドロップインする。トースタインの意気込みの押されるように、周りのライダーも積極的にジャンプの順番を譲るようだった。

なかなか完全メイクできないので、お昼になってもランチを食べに行かないトースタイン。しかし、ここでメイクできなければ、飯も喰えないというように、意地で滑り続けていた。そんな熱心な姿勢に、遂にメイクの神様は微笑んだ。

キャブ540→バックサイド1080→フロントサイド1080を、完璧に決めて見せたのだ!(以下、動画)

さらなるトースタイン映像は、今秋発売れるDVD『PARK NO GOKUI』で!

この後、手っ取り早くランチを食べた後、軽くレールなどを流すトースタイン。そして、今度、向かった先はパーク中間付近ほどにあるヒップだった。

このヒップは、全超え(注:本来左サイドに着地するアイテムを全部飛び越えてしまうこと)するには大きいもので、ほとんどのライダーはチャレンジしていなかった。しかし、トースタインがチャレンジしたとたんに、何人からのライダーが全超えにトライし始めた。

しかし、ここでもなかなかランディングが決まらなかったトースタインだった。そそくさと撤収作業をする時間、午後3時になっても何度も何度もハイクすうトースタイン。長い距離を何度もハイクしていた。

10度ほどハイクしただろうか。もう、今日はこれ以上滑ることはできないという時間になって来た。3時過ぎにはTバーが止まるし、パークもクローズするのだ。果敢にフロント10に挑むトースタイン。しかし、着地がややヒール気味にズレてしまった。メイクしていたとも言えるが、常にピタ着をする男にとっては、やや不満が残るジャンプだったに違いない。

最もスノーボードがうまいと思われる男が、最も滑る姿を見せてくれた一日だった。
この日の悔しさをバネに、明日もきっとハイクを続けるに違いない。

Camp Of Championsへのお問い合わせは、
fusaki@dmksnowboard.com
まで、どうぞ。