【コラム】キレはズレより偉いのか?

文:飯田房貴

今まで散々ハウツーでカービングのやり方をやって来た。そして、カービングこそフリーライディングの王者のように敬うような記事を書いてきた。他の雑誌を読んでも、カービングはハーフパイプのキホンであったり、いかにもカービングはスノーボードの重宝役であった。
しかし、今日、僕はここで問いたい! キレ(カービング)はズレより偉いのか?はっきり言って、こんなこと雑誌でも語ったことないので、今回のコラムは特別品だよ。

まあ、そんなことはさておき、僕は今日、宣言しないとイケナイ。

キレはズレより偉くないのだーーー!!!

ゲレンデに出てみればわかることだが、全部カービングで滑るというのは不可能だ。僕のスノーボード・ヒストリーをひもとけば、どこでもカービングしなきゃイカンと思った時期があったのは事実だ。しかし、今シーズンになって感じるのはズレって悪くないな。というか、むしろズレがなきゃ楽しむことはできないぞ!ということだ。
例えば、僕の大好物トゥリー・ラン。タイト(きつい)なトゥリーの間を抜けていくには、どうしてもズレでスピードを調節しながらでないと滑れない。まっ、そんな極端な例を出さなくても、超急斜面でカービングするなんて、人間にはとうていできない技だ。テリエやクレイグだって、パウダーならいざ知らず、ハードパック急斜面では、ズレの技術が必要になってくる。本日の僕もウィスラーの上からカッ飛ばしてきて、途中アイス・バーン&人たくさんの場所では、積極的にズレを使った。そのズレは、たんなるスピード調節でなく、ズレにもかかわらず落下と友達になりながら滑走快感を味わうという滑り。手前ミソながら、僕のズレはそんじゅそこらのフリースタイラー・プロのズレとは段違いにカッコ良い。まっ、そのへんのコツはいずれハウツー天使で述べることにして、とにかく積極的なズレを作って滑るのだ。

ズレは、キレよりも実際、奥深い。キレならだいたいどんな時でも、気持ちいいけど、ズレは本当うまくやらないと気持ち良くないのだ。今では、手前ミソPart2ながら、ズレを3センチ単位ぐらいで調節することは可能だ。この微妙なコントロールが気持ちいいか、気持ち良くないかを左右する。
実を言うとズレの偉大さを知ったのは、今シーズンである。それまで、僕はあくまでズレはスピード・コントロールということしか考えていなかった。しかし、気持ちいいズレのテクニックを知ってからというのは、ズレに対してとても敬意を払うようになった。
ここまで読んでもズレの偉大さをわからない方。あなたはハッキリ言って亭主関白ならぬキレ関白だ。今のあなたのキレの気持ち良さがあるのも、ズレが存在するからあるのである。しかし、もしあなたがズレの良さを知った時、その時ベター・ハーフ(注釈:よく結婚式で40歳ぐらいのおじさん言う言葉で、半分半分が合体でベターになるということ。つまりプロレスで言う最強タッグの王者のようなもの。よけい、わかんないか!?)になって、スノーボードの楽しさが、ワン・ランク・アップするだろう。

以上、今回はよくわからないコラムでした。全然わからなかった人ゴメンなさい。つまり、ズレもキレを同じくらいいいものですよ。ということです。どちらが偉いのではなく、どちらも必要なのだ。