【速報レポート】JIB BEACH大会

この夏も、8月15日に新潟県寺泊中央海岸で破天荒イベント、JIB BEACHが開催!

Report: Daigo Rokkaku

真夏の風物詩ジブ・ビーチが台風をも吹き飛ばし大成功に終わった。

その日は朝から台風の影響のせいか雨がものすごく、会場のビーチが海で覆われ大会もできるか不安になるくらいでした。

しかし準備をしてる間に天気が徐々に回復してきて、大会直前には太陽が肌に射さり痛いくらいでした。そして恰好の大会日和の中試合が開催されました。

大会では、今回から女子だけの一般の部とエキシビジョンマッチ(過去の大会の入賞者だけのカテゴリ)があり、両方の大会とも白熱した試合で観客も大盛り上がりでした。

何より水着のライダーが滑るのを楽しみにしているかのごとく、カメラを構えた人たちが多く目立っていました。そしてBOXとBOXのつなぎ目が難しく水の中にダイブするライダーが多く、少し危ないのではとも思いました。

一般の部では川崎紗恵(ALLIAN)や(藤森由香の姉の)藤森 由美 (Noah’s Ark)が他のライダーより注目を集め会場を沸かしました。最終的に優勝したのは、藤森由美!Nomisライダーではないけど、妹ゆっちとのつながりで、今回はNomis推薦枠で出場。見事に期待に応えてくれました。彼女のトリックはバックノーズからの180アウト。優勝おめでとう!

エキシビジョンでは谷口尊人(ALLIAN)、中村貴之(ALLIAN)、高橋レオ(STEPCHILD)といった豪華なメンバーで開かれました。

その中で一番おしゃれな技をした、しゃれおつこと中村貴之が優勝をした。おしゃれすぎて技が覚えられなかったですが、わかり次第また追加で入れます。

今回の大会では水着も見られ、大好きなスノーボードも見られ、しかもおいしいお魚もご馳走していただき大満足。また怪我もなかったのでとても印象に残る楽しい大会でした。
昨今の不景気からイベントへの協賛は集まり難いようですが、今回の大会はスタッフや関係者一丸となり成功に導いてくれました。この熱いものをぜひ来年以降も続けてほしい!と思いました。

さらなる大会の詳細や水着美女たちの写真は、ユキスキに掲載されるのでそちらの方もお楽しみに!

 

 

櫂を使うサーフボード

今日は日曜日。
天気もいいので、子供たちとサイクリング。家から30分ほどの湖に行きました。
ウィスラーには、気持ち良いサクリング・コースも多いし、きれいな湖も多いので、オススメのアクティビティです。
ビレッジにはいたるところにレンタル自転車屋さんがあります。

湖に到着して、櫂を使うサーフボードをレンタルしました。
最初は、ママとクレアがチャレンジ。

大河は、湖にジャンプしたり、泳いだりして楽しんでました。

そしてママとクレアが帰って来たので、自分もチャレンジ。
スピードが出ないので、最初バランス取るのにちょっと怖かったけど、すぐに慣れました。

結構、おもしろかったです。

水上を散歩する気分で、自由にスイスイどこにでも行ける。

ママはとても気に入ってしまって、「これ買いたい!」って意気込んでいます。
マジで!?
年間、何回行くのだろう?
これ仕舞えるところもないのだけど・・・。

【動画】NZ OpenのHP男女トップ選手ラン

NZ Openハーフパイプの動画が、NZsnowboard.comでアップされた。

女子はトップ2のラン、男子はトップ3のランが収められている。
若干14歳で2位に入った平岡卓のスムーズでビッグなランに注目しよう。

以下、動画ページへ。

http://www.nzsnowboard.com/articles/888/exclusive_video__burton_nz_open_halfpipe


http://www.nzsnowboard.com


http://www.opensnowboarding.com/LiveCoverage.aspx?openid=NZO

 

【動画】The People Crew ラウリの痛いシーン

今季注目作『Cheers』をリリースするThe People Crewから、お馴染みクラッシュシーン動画コーナーの『Lobbled』。今回は、ラウリ・ヘイスカリのバックカントリーでのジャンプ・シーンの痛いシーンを。


Lauri Heiskari Lobbled from The People Crew on Vimeo.

 

Lauri Heiskari Lobbled
by The People Crew

Here is another video in our series of slam web clips called "Lobbled" from People’s 2010 release "Cheers". Lauri Heiskari takes a whipper on a healthy whistler backcountry jump.


http://thepeoplecrew.com

 

セッキーSandbox応援隊長

暑い夏が帰って来た陽気のウィスラー。
日中のテカテカ太陽で家の中が温まってしまい、夜でもあまり涼しくなりそうもありません。だから、今日は家の窓、開けて寝ないと。

日本はもっと暑いと思うけど、そんな中でもスノーボード・キャンプで頑張っている人がいます。
いつも活動報告を送ってくれるセッキーSandbox応援隊長から、写真付きのメールが来たのでご紹介しましょう。

昨日14日(土)溝の口で真夏のスノーパラダイスJIBキャンプコーチやってきました。
コーチ陣5人のジブラーキャンパー35人以上のまたまた満員御礼でございました。

2時間ノンストップで皆さん擦りまくりでした。
ビデオクリニックもあり盛り上がりました。

来週21日(土)も溝の口でキッカーキャンプコーチやりますのでヨロシクお願いします。

あと、ご報告なんですが昨日付けで正式に溝の口の契約ライダーになりましたのでこれからもいろいろとヨロシクお願いしますー!

セッキーがやっているミナミのキャンプは、毎回たくさんの方が参加しているようです。
凄いですね。まさに地道な活動が実を結んでいるのだと思います。
いつもSandboxを応援してくれて、代理店社員一同感謝しています!

NZ Open パイプで14歳 平岡卓が準優勝!

NZ Open ハーフパイプ(TTR 5 Star)で来月15歳になる平岡卓が準優勝した!

新星・平岡タクが強豪たちの中、準優勝という快挙! Photo by Pablo Azocar/TTR

若干14歳の平岡は、まだ世界的には無名だ。JOCジュニアオリンピックカップ優勝、世界ジュニア選手権11位という実績はあるが、この世界主要のプロ大会の1つNZ Openでは予々戦から出場。そして、なんと決勝まで勝ち上がって来た。

決勝の1本目のランでは、バックサイド540、縦回転フロント720、キャブ1080、そして巨大フロント900テールグラブを決めて、89.35というハイ・スコアを叩き出し、優勝も!という展開に。

しかし、究極のシンデレラ・ストーリーを打ち砕いたのは、X-Gamesでショーン・ホワイトに続き銀メダルを獲得したアイ・ポッドことIouri Podladtchikovだ。
超どデカいクリプラーから、ダブルマックツイスト1260、フロントサイド1080テールグラブ、キャブ720というルーティーンで、93.70をいうハイ・スコアを出し見事に優勝。

平岡にとっては、1本目の時点でトップに立っていただけに、もしやの優勝がさらわれる形となってしまったが、それでも世界の強豪が集まった今大会で準優勝は大きな勲章を得たと言えよう。
時期五輪のことを考えるのは時期早々かもしれないが、4年後がひじょうに楽しみな新星が現れた。

平岡卓のスポンサー:
Salomon, Billabong, Swans, Pro-tec, Industry, Dakine, Kuu Wax, Elm Company, Hawaiiwater.nety, Takasu Snow Park

女子の優勝はケリー・クラーク。ルーティーンは、バックサイド540→フロントサイド900→フロントサイド720→キャブ720 だった。
また日本パイプ界の女王、山岡そうこが3位に入った。

Burton New Zealand Open  Mens Halfpipe Results

Rank Name Nation Score
1 Iouri Podladtchikov SUI 850.00
2 Taku Hiraoka JPN 800.95
3 Louie Vito USA 765.00
4 Ryo Aono JPN 737.85
5 Jarret Thomas USA 716.05
6 Manuel Pietropoli ITA 697.00
7 Shoto Tsutsumi JPN 678.97
8 Stale Sandbech NOR 663.00
9 Mitchell Brown NZL 648.85
10 Daisuke Murakami JPN 634.85

Burton New Zealand Open  Womens Halfpipe Results

Rank Name Nation Score
1 Kelly Clark USA 850.00
2 Queralt Castellet ESP 800.95
3 Soko Yamaoka JPN 765.00
4 Kaitlyn Farrington USA 737.85
5 Rana Okada JPN 716.05
6 Cilka Sadar SLO 697.00
7 Linn Haug NOR 678.97
8 Kendall Brown NZL 663.00
9 Ryoko Iijima JPN 648.85
10 Hikaru Ooe JPN 634.85


http://www.opensnowboarding.com/LiveCoverage.aspx?openid=NZO

【動画】Nomis at Camp of Champions 2010

この夏もCamp of ChampionsでNomisライダーたちのハツラツとしたライディングが目立った。そんな姿を象徴する動画『Nomis at Camp of Champions 2010』がアップされた。

ジョン・ベアスティックの巨大ステップアップ・ジャンプでのバックサイド7素手グラブ。
ニューカマー、トレント・トーマスのスタイリッシュなジビング。
シモン・チェンバレンのハンドプラント。
恐れを知らないヤング・ソルジャー、ジョーダン・フィリップの攻め攻めジャンプなど、注目の動画だ。

Nomis at Camp of Champions 2010

Nomis crew shredding Camp of Champions check the video below peace

andre

Nomisお問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@nomisdesign.jp


http://www.nomisdesign.com

 

CSBAでゲスト・スピーカー

今日は、ウィスラーにある学校、CSBAでゲスト・スピーカーで招かれました。

最初この話をもらった時は、楽しそうだな、と思うと同時に、ちょっと慣れないことで緊張しそうだな、と思っていました。
だけど、シュウくんから「フサキさんが楽しんでもらえばいい。」というようなアドバイスをもらって、吹っ切れるものがありました。

CSBAにはスノーボーダーの生徒さんだけでなく、スキーヤー、ゴルファーの方もいます。スノーボーダーの自分の話がどこまで伝わるか、というのが自分の中での課題だったけど、どうだったのか。

話した内容は、簡単に自分の経歴。
そして、その中からちょっとした人生のヒント。

また、メイン課題として、今、自分が行っているディソチビューターとしての仕事を、体験してもらおう、という趣旨のものでした。

参加した生徒さんの将来に何か役立つことがあったのかな。いや、あったのだろう!と信じたい。(笑

今回は良い経験させてもらったので、またぜひこんな機会をいただければな、と思います。

 

NZ Open スロープスタイル速報

ニュージーランドのカドローナスキー場で行われたNZ Open スロープスタイル(TTR 5 Star)の速報が入ったので、お届けしよう。

視界が悪い中、持ち前の実力を発揮して優勝したクリスチャン。 Photo by Pablo Azocar/TTR

男子優勝はスイスのクリスチャン・ハーラー(Christian Haller)、女子はスロープ女王として名高いアメリカのジェレミー・アンダーソンだった。

優勝者には男女共に賞金NZ$6,000が贈られた。

雪のためスケジュールが遅れる中、競技はスタート。
決勝は、男子37名、女子19名で争われた。
各選手2本のランがあり、ベスト・ランが採用されるルール。

スロープ大会のアイテムは、ダウン・フラット・ダウンのレール、ギャップのボックス。そして3連ジャンプのサイズは、45フィート(約14メートル)、55フィート(約17メートル)、75フィート(約23メートル)。
視界が悪い中、選手は果敢に攻めていった。

男子で優勝したクリスチャンが80.84ポイントを獲得したランのルーティーンは、最初のレールでバックサイド・リップスライド、次のギャップ・ボックスでテールスライド、そして3連ジャンプではスイッチバックサイド720、キャブ900、フロントサイド720テールグラブだった。

以下のNZsnowboard.comで大会の動画を見ることができるぞ。
http://www.nzsnowboard.com/articles/886/exclusive_video__burton_nz_open_slopestyle_finals

さらにくわしい詳細は、NZ Open公式サイトをチェックしよう!

Burton New Zealand Open  Mens Slopestyle Results
Rank Name Nation Score
1 Christian Haller SUI 850.00
2 Gjermund Braaten NOR 800.95
3 Mikkel Bang NOR 765.00
4 Ulrik Badertscher NOR 737.85
5 Tore Holvik NOR 716.05
6 Seppe Smits BEL 697.00
7 Mark McMorris CAN 678.97
8 Jan Necas CZE 663.00
9 Benjamin Farrow USA 648.85
10 Jamie Nicholls GBR 634.85

Burton New Zealand Open  Womens Slopestyle Results 
Rank Name Nation Score
1 Jamie Anderson USA 850.00
2 Shelly Gotlieb NZL 800.95
3 Kjersti Ostgaard Buaas NOR 765.00
4 Silvia Mittermueller GER 737.85
5 Spencer O´Brien CAN 716.05
6 Rana Okada JPN 697.00
7 Sina Candrian SUI 678.97
8 Enni Rukajärvi FIN 663.00
9 Joanna Dzierzawski USA 648.85
10 Ty Walker USA 634.85

 
http://www.opensnowboarding.com/LiveCoverage.aspx?openid=NZO