Category: 特集

スノーボード ゴーグルの選び方

 

DMKsnowboard.comでは、一般ユーザーの方にどんな視点でゴーグルを選ぶのかお聞きしました。
意見をいただいた方のスノーボードのレベルやキャリアなどは把握はしていませんが、内容を聞いてある程度か、かなりスノーボードをされている方のような印象を持ちました。
だから、ここで紹介するご意見は、初心者のスノーボーダーの方にとっては、スノーボード界の先輩のアドバイスと言ってもいいでしょう。

これからスノーボードのゴーグルを買う方にとても参考になりますので、ぜひここで紹介しているスノーボードの選び方を参考にしてみてください!

>>>> 続きを読む

誰も知らない!?スノーボード板80年代ヒストリー

 

By Fusaki IIDA

僕がスノーボードを始めたのは、1985年の冬、高校2年生の時だった。
あの頃、スノーボードというのは、世間にまったく知られていないもので、「スノーボードに行く」と伝えると、周りには「何それ?」という顔をされたものだ。

ところが、90年代に入って、スノーボードはたちまち多くの人に知られるようになり一大ブームになる。そして、遂に1988年長野オリンピックでスノーボードが正式種目に採用されることになって、認知度が世界中に広がった。

だから、90年代のスノーボードのヒストリーというのは、結構多くの人に知られている。現在スノーボード界で活躍している40代の方なら、あの最も熱かったスノーボード・ヒストリーを語れるだろう。

●参考リンク
スノーボード界の歴史を動かした10人のライダー

スノーボード界の歴史を動かした10人のライダー

だが、80年代のスノーボードというと、まず知られていない。
かなり昔から業界で活躍されている方でも、あの頃の歴史を知っているというと、本当に限られた人だと思う。
今季33シーズン目を迎える自分自身でさえ、わからないことが多いのだ。

そこで、スノーボードの歴史というものを後世に残す資料を残したいという気持ちで、あまり知らない80年代のボード(板)を探してみた。

こうして歴史的なスノーボード板を拝見すると、今になってリバイバルしていることもわかって興味深い。

例えば、ビンディングのない板は、まるで現在の雪板ブームにつながっている。パウダーに適したスワローテール板は、今、新たに人気なっているもの。
またグラフィックに関しても、昔の時代のことがリバイバルされた、ということもわかる。

80年代の板は、今見ると不思議なほど魅力があるのだ。
さあ、あなたを80年代のスノーボード板の世界へご案内しよう!

>>>> 続きを読む

スノーボード界の歴史を動かした10人のライダー

 

Story: Fusaki IIDA  fusaki@dmksnowboard.com

スノーボードが日本に入ってから30年以上が経った。
日本にスノーボードが入った当初は、スノーボードがこれからウィンタースポーツの盟主になるとは考えられなかった。
それは、日本だけに留まらず、世界でも同様。
それぐらいゲレンデは、圧倒的にスキーヤーの世界だったのだ。

90年初頭にスノーボードが台頭始めた頃、スノーボーダーはゲレンデの悪と言われた。
スキー場は、スキーヤーのためという考えの元、スノーボーダーは招かざる客。

しかし、時代は90年初旬から中盤のスノーボード・バブルとなり、1998年長野五輪でスノーボードは正式オリンピック種目に。
その頃、「ゲレンデの悪」はゲレンデの救世主となった。
今では、スキー場はスノーボーダーになしでビジネスが成り立たないほど、スノーボードが普及している。アメリカでは若者の多くがスキーよりもスノーボーダーをやりたがった。

そんなスノーボードの歴史を振り返ると、そこにはこのスポーツを普及したプロフェッナルが存在する。
創世記にプロと名乗ったライダーたちは、当初、これで飯が喰えるとは思われていないような存在だった。しかし、いつしか1千万プレイヤーや現れ、現在では1億以上も稼ぐプロ・ライダーもいる。

そこでDMKでは、独自な視点で「スノーボード・ヒストリーを動かした10人のライダー」を紹介することにした。

もちろん人それぞれの様々な評価があるので、これが全てとは思わない。しかし、今回この記事をきっかけに、こういう企画が様々なところで活発的に議論され、これまでスノーボード界に功績あったライダーが評価されれば幸いだ。

>>>> 続きを読む

PICK UP!! 最新オススメのスノーボード板10モデル

 

DMKでは、一般的なスノーボーダーの方に向けて、オススメのボードを独自の調査でリサーチ!
テーマは、多くのスノーボーダーのみなさんに喜んでいただける板。

ショップのオーナーさんやDMKライダーからいくつかメーカーを推薦してもらい、その結果を受けてメーカーの方には「多くのスノーボーダーの方にオススメしたい注目のモデル」というテーマでチョイスしていいただきました。
最終的にDMKの方で10ボードをセレクト!ぜひ、今季のスノーボード選びにご参考してください!

もちろん、ここに掲載されていないブランドのボードでも、よりあなたに合うボードはあるでしょう。
だけど、何を買っていいのか、その目安がない、という方のために、ぜひご紹介できればと思い企画しました。

「ノーブランドでダサ~い」なんて言われたくないよね?
だからこそ、みんなの参考になるように最新オススメのスノーボード10モデルをPICK UP!!

>>>> 続きを読む

【2017年度版】総勢21人ライダーたちのステッカーの貼り方

 

DMKでは、毎春、最新のギアに身を包んだプロ・ライダーたちの立ち姿の撮影をし、ファッション・チェックをしています。
ライダーたちがボードにどんなふうにステッカーを貼るのか、どんな最新ファッションに身を包んでいるのか、ということを紹介。
【2017年度版】ライダーたちのステッカーの貼り方。今年は史上最多の総勢21人出場!!

来たるべきシーズンに備えて、あなたもステッカー・チューンを楽しみましょう!

 

中村 一樹 Kazuki Nakamura

明るいキャラクターで、周りのライダーも楽しくしてしまうエンターテイナー・ライダー。
無料動画を配信し人気上昇中で、その様子は「かずきのごはん」でもお馴染みだ。

NEWS!!!
この冬は、ウィスラーでのシーズン篭り決定!
DMKとも様々な形で絡んで来そうで、楽しみだね。かずきくん、いっしょに楽しいコンテンツ作っていきましょう!

 

スタンス幅:54cm
スタンス角度:前9後 -12

Sponsors:
ムラサキスポーツ、O’NEILL、head、LevelGloves、マツモトワックス 、ポキポキ堂

ステッカーの貼り方は、右下に流れるように統一。ブラックの板にシンプルに決めてカッコいいね。

ウェアの着こなしに関しては、以下のようにコメントいただきました。

「最近は全体的に黒いのが流行ってる様な気します。
僕も実際今年は暗い目のものが多かったので今回はパンツを王道のベージュを入れることによってシンプルなんですけどカッコよく。さらにグラブとかも見やすいので結構この感じ気に入ってます!」

>>>> 続きを読む

海外のスノーボーダーに人気!最新スノボ・ファッション

 

DMKのコンテンツを日々リリースするフサキ記者。スノーボード歴は30年以上と長くハウツー・コンテンツ作りにはちょっと自信がある。けど、だ最新ファッションには疎い48歳オジサンだ。
でも、せっかくウィスラーにいるのだから、ファッション企画やりたいな!ということで、ウィスラー在住2シーズン目に入るライダー、オカマイさんに最近の流行を訪ねてみることに。

「最近、ロールパンナスタイルと言ってTシャツを頭に巻くのが流行っているらしいけど、他に何か流行っていることってあるかな?」

「ロールパンナ流行ってますねー!!
あとは、80’sのウェア着るのと、使い古してるモノを使うところかな。私服姿で滑るところもよく見かけますよ。
それと、ロールアップが日本より全然多い!

「確かに、この春、80’sのネオンカラーのウェアを良く見かけたなあ。私服っぽい感じも相変わらず多かった。早速、この春、撮影した写真をチェックしてみるよ。
ところで、オカマイさんからのオススメ・ファッションは?」

「三つ編みしてゴーグルのバンドに挟む髪型?(笑)」

「おっ、それぜひ見たい!写真送ってもらえる?」

「はーい!」

ということで、急遽決まった特集記事、『海外のスノーボーダーに人気!最新スノボ・ファッション』。
残念ながら、ロールパンナスタイルの写真は見つからなかったけど、結構、参考になりそうなファッションの写真、いろいろありました。
ここに紹介しまーす!

>>>> 続きを読む

スノーボード オリンピック・ヒストリー

 

Story: Fusaki IIDA  fusaki@dmksnowboard.com

1998年長野で始まったスノーボードのオリンピック種目化。
当初は、公開競技で始まるという話だったが、世界中でスノーボード加速的に人気が広がったため、長野オリンピックで急遽、公式種目として始まった。

このスノーボード種目オリンピック化に伴い、IOC国際オリンピック委員会は、当時スノーボードの世界大会を管轄していたISF (国際スノーボード連盟)でなく、これまで五輪種目を管轄していたFIS(国際スキー連盟)に託したために、大混乱となる。この動きに反発するためボイコット選手も現れたのだ。その中には、当時、最高のスノーボード界スーパースターであり、ハーフパイプの絶対金メダル候補とも言われたテリエ・ハーコンセンの名もあった。

>>>> 続きを読む