Category: 平昌オリンピック

米大手メディアが報道したショーン・ホワイト東京五輪出場の可能性!

 

アメリカのABC NEWSなど、大手複数米メディアがショーン・ホワイトが、2020年の東京オリンピックに出場する可能性があることを報道した!

http://abcnews.go.com/Sports/wireStory/shaun-white-compete-skateboarding-2020-olympics-45357362

2006年トリノ五輪で金、続く2010年バンクーバー五輪で金。これで最後かと思われた2014年ソチ五輪では、まさかの4位。
そんなショーン・ホワイトが、2018年の平昌五輪に続き、さらにその後の2年後の東京五輪ではスケートボードでもオリンピックという夢のプランが持ち上がっているのだ。

世界を代表するトップ選手が一同の集まるX-Gamesでは、なんと13個もの金メダル(内5個はスロープスタイル)、さらに銀と銅を合わせて、18個ものメダルを獲得している。

それだけではない。夏のX-Gamesのスケート種目では5つのメダルを獲得し、2007年と2011年に2回にも金メダルも輝いているのだ。

その実績が、ショーンならやりかねない!と思わせてしまう。

ABCニュースの記事によると、そもそもソチ五輪でも最後にする気はなかったとか。周りが、これで最後のような空気感になったので、「僕、これで最後にしないといけないのか?」と思ったらしい。

過去には年収10億もあったという報道があったショーンだけに、もはや彼の生き方に富というスケールでは計ることができまい。己の人生をさらに楽しむために、新しいチャレンジを企てているのかもしれない。

「東京五輪は、まだ先のこと。」と言うショーンだが、これだけ長いキャリアの割には、まだ30歳だ。3年後、33歳で東京五輪の舞台に立っていてもまったくおかしくはないだろう。

 

 

藤森由香ワールドカップ・カナダ大会スロープで7位

 

決勝に残り表彰台が期待された藤森由香は、カナダのケベックで行われたスロープスタイルで7位に終わった。

優勝は、ジュリア・マリノ(アメリカ)、2位にジェイミー・アンダーソン(アメリカ)。

http://medias1.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7157/7157RLF.pdf

 

一方、男子は地元のヒーロー、セバスチャン・トゥータントが嬉しい勝利!
2位には、マーク・マクモリス、そして3位はここのところ成長が著しいマーカス・クリーブランドが入った。

http://medias4.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7158/7158RLF.pdf

 

 

 

【動画】どのようにしてケベックW杯のビッグエアー台が完成したのか?

 

現在、カナダのケベックで開催しているワールドカップ。
このジャンプ台がどのように完成されたのか、という動画がカナダのCBC Sports局からアップ!

市長さんと交渉して、なんと11月から作り始めたというジャンプ台。
やはり、ここまで気合入れないとビッグエアー台は作れない。
日本でもかつて東京ドームで行ったビッグエアー大会があったが、スノーボードの活性化のためにも復活すると嬉しいね。

Go big and stay home! That could have been the motto for the organizers of the 2017 ski and snowboard big air World Cup and Jamboree in Quebec City February 9-12.

>>>> 続きを読む

藤森由香がW杯カナダ大会スロープスタイルで決勝進出!

 

カナダ・ケベックW杯速報。
平昌五輪に向かい着実に前進を続ける藤森由香が、ビッグエアーに続きスロープスタイルでも決勝進出に成功!

ヒート2で見事に2位通過。
決勝では、アンナ・ガッサー、ジェイミー・アンダーソンなど難敵が待っているが、
ぜひとも表彰台を目指して頑張ってほしい!

http://medias4.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7151/7151RLQ.pdf

 

ワールドカップ・カナダ大会で藤森由香が5位入賞!

 

カナダのケベックで行われたワールドカップで藤森由香が、5位入賞を果たした。
優勝は、今季絶好調のアンナ・ガッサー(オーストリア)。キャブダブルコーク900を決めた。

決勝3本分、トップ2本の合計を採用されるビッグエアーのルール、藤森は、1本目と2本目を失敗。3本目に75点というスコアを出すも5位に終わった。

しかし、今大会で5位入賞を果たしたことで、さらに五輪へ一歩近づいたと言えよう。

http://medias2.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7155/7155RLF.pdf

 

一方、優勝はマーク・マクモリス、2位にマックス・パロット。

http://medias4.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7156/7156RLF.pdf

 

カナダ代表マックス・パロットのブラッコム練習シーン

 

カナダを代表するオリンピックTV局でもあるCBC SPORTSから、カナダ代表マックス・パロットのブラッコム練習シーンがアップ!

X-Gamesの金メダリストのオフトレ(トランポリン)映像も紹介。
マックスがなぜこれほどまでに良い選手なのか、垣間見る動画だ。

Want to see how Max Parrot nails the massive jumps that have made him an X Games gold medallist and serious contender at the 2018 Olympics? Well, Craig did. Hint: Let’s bounce!

Don”t miss outtakes from this episode on Tuesday. Then check back on Fridays for these upcoming episodes:

>>>> 続きを読む

W杯カナダ・ケベック大会ビッグエアー鬼塚雅が予選3位!!

 

またも表彰台に近づいた。
W杯カナダ・ケベック大会ビッグエアーの予選で、アンナ・ガッサー(オーストリア)、ジュリア・マリノ(アメリカ)に続き、鬼塚雅が予選3位!!
さらに藤森由香も見事に6位で、決勝進出に成功!

その下には、スロープ女王のジェイミー・アンダーソンが7位で、なんと予選敗退となった。
また、広野あさみは、残念ながら19位に終わった。

(以下、女子ビッグエアー結果詳細。)
http://medias4.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7153/7153RLQ.pdf

 

 

【コラム】カナダのナショナルチーム関係者と話した日本とカナダのナショナルチーム事情

 

文:飯田房貴 fusaki@dmksnowboard.com

朝、ウィスラーの山の上で、偶然にカナダのナショナルチーム関係者にあった。
厳密に言えば、彼は現在ナショナルチームと仕事をしているのではなく、元ナショナルチーム選手で、また現在はウィスラーでコーチングとして活躍している方。若い選手の育成にも携わっている。


(ブランクを感じさせない強さで勝ったショーンだけど、果たしてパイプ選手の進化はいかに!?)

「ショーン・ホワイト、優勝したね!」

「本当、凄いね。」

「だけど、ルーティーン的にはどうだろう?確か今までと同じような感じで最後の方はちょっと変えたようだけど。」

「そう、メソッドから入って、フロントサイド・ダブルコーク1080、キャブ・ダブルコーク1080、フロントサイド540、ダブル・マックツイスト・ジャパンエアー。」

「このジャパンのダブルマックってやっていたっけ?」

「やっていたよ。で、最後のフロントサイド900がさらに進化させたところだと思う。」

「でも、ショーンとっては、セーフティな印象のルーティーンだね。」

「確かに。面白味でがないよね。でも、こうしてコンスタントに実力を出せるところがショーンの強さ。他のアメリカの若い選手には、まだその実力が伴っていない。
そして、現在のハーフパイプのシーンでは、あまり進化は起こっていない。」

「スロープなんて、毎年のように進化があって驚きがあるけど。
でも、女子は毎度のケリー・クラークでなくなって、新しい力が台頭して来ている。」

「いやいや、アメリカの女子に限ってのこと。世界的に、まだ進化は弱いよ。」

「まあ、ハーフパイプは、今ではどこにでもあるってものでなく、やりたければコロラドとかに行かないといけないから。発展土壌が弱いのが問題。」

「そう、まるでボブスレーのようだよ。特別な場所でしか練習できなくなっている。」


(世界的に選手の力を伸ばすハーフパイプが少なくなっているのが、パイプ進化を弱ます原因。)

 

「ところで、僕が心配なのは、日本のナショナルチームだよ。現在、ワールドカップに出場している選手が少なくて、この時期の国際大会での経験値の少なさは、オリンピックに影響しかねない。」

「歩夢も卓も、良い結果を残せなかったね。」

「そう、いきなりポンって出て結果を出すというのも難しいところがあると思うんだ。やはり彼らにはもっと経験を積ませたい。
先日、友基(角野)がエアー・スタイルに出たのだけど、予選では1位通過になり、ポテンシャルの高さは発揮したけど、残念ながら良い結果を出せなかった。」

「なんとなく、聞いているけど、日本のナショナルチームで何が起こっているの?」

「正直、自分もわからないけど・・・。
ある選手がコロラドで大麻を吸ったとか、未成年の選手がお酒を飲んでしまった。そのことは知っているか、と思う。
で、ナショナルチームは、こうした事態を二度と避けるために、必要以上にストイックに管理し過ぎているのかもしれない。結果的にワールドカップ選手派遣にも影響を及ぼしている。
あと、もう1つの問題は、ナショナルチームは、封建制が強いと思う。上の言うことに従っていないとナショナルチームで活動させないよと。」

「カナダでも、まったく同じようなことはあったよ。僕が選手の時は、それが強かったね。でも、今はもっと様々な活動が認められている。当然、選手はX-Gamesに出るし、FIS以外の国際大会にも出ている。」

「当然だよね。選手は世界のトップの大会で切磋琢磨して鍛えられる。経験を積み、良い成果を出せるようになる。スノーボードに限らず、どんなスポーツでも同じことが言えるでしょ。」


(問題を起こせば、大きな問題になってしまうのはナショナルチームの選手なのだから当然。選手はそのことを肝に銘じる必要あり。しかし、過敏に反応して選手のチャンスをつまむのはどうか。選手育成を基本に日本にスノーボード・メダルのチャンスを与えてほしい。)

「一昔前に、カズ(國母)が、服装が乱れていたからという問題もあったけど、あれも奇異に感じたよ。」

「まあ、それはジャパンだから(笑)。でも、カズの態度もちょっと良くなかったと思うよ。残念ながらあの記者会見で多くの一般的な日本人は悪い印象を持ったと思う。本当のカズのパーソナリティの良さは、伝わっていない。

あと、封建制が強いことの弊害で、代表的な例が体力測定。ある選手は世界でも活躍できる実力があるのに、この体力測定にパスできないのはないか?とナーバスになっていたよ。垂直飛びのような類のことで、目標値に達しないとナショナルチームに入れないなんて、信じられないよ。本来なら、世界で活躍できるようにサポートするべきなのに、可愛そうだよね。」

「カナダでも似たようなことはあったよ。ある選手は、トレーナーの言われるまま、体力アップに邁進したけど、雪上で肝心のトリックができなかった(笑)。
でも最近一つ興味深い事例があって、それはマーク(マクモリス)の復活劇。彼は大きな怪我をして、その後、トレーナーがジムで行うトレーニングをサポートした。そして、見事復活し再び世界の頂点に立ったんだ。それを見ていた若い選手は、雪上以外の体力トレーニングの大切さを知って、今ではみんな真剣にやるようになっている。」

「それは素晴らしいこと!そう、オフトレは大事だし、今ではスノーボーダーに必要な様々なトレーニングメニューも知られて来ている。ぜひ、みんなやるべき!だけど、オフトレはあくまでも選手の雪上パフォーマンスのサポート。その体力測定に基準値を設けて、それでナショナルチームに入れる、入れないなんてナンセンス!」

「まったくその通りだね。あっ、ゴメン。オレ、そろそろコーチングに行かないと。」

「おっ、時間を割いてくれて、ありがとう!良い話が聞けて、嬉しかったよ。」

「フサキ、またね!」

 

【動画】FISワールドカップ男子スロープスタイル・ハイライト

 

男子スロープスタイルは、まさかのレドモンド・ジェラードが優勝!
少年時代から、ポテンシャルの高さは抜群で将来有望とは思っていたけど、まさかそんなに早くワールドカップを優勝するなんて。
というか、まだ16歳の若さ。日本なら高1で世界大会優勝しちゃったとうノリ!

早速、ジェラード含めたトップ3のハイライト動画を拝見しよう。

US teen sensation, aged 16, claims his maiden World Cup win on home soil by posting 87.95 points in the 1st run. First ever podium finishes for his compatriots Kyle Mack and Dylan Thomas.

>>>> 続きを読む

【動画】FISワールドカップ女子スロープスタイル・ハイライト

 

スロープスタイル女王ジェイミー・アンダーソンが、母国アメリカで見事な勝利を決めた、FISワールドカップ女子スロープスタイル。そのハイライト動画です。

Jamie Anderson scores 80.25 points in the 2nd run to save the best for last in the SBS contest on Californian soil. 2014 Olympic gold medalist finishes ahead of fellow countrywomen Hayley Langland and Julia Marino.

>>>> 続きを読む

ショーン・ホワイト復活Vでオリンピック出場間違いなし!

 

アメリカのカリフォルニア州マンモスマウンテンで開催されたワールドカップで、ショーン・ホワイトの復活ビクトリー。アメリカ選手のオリンピック選考を兼ねた大会で、まだまだトップでできることを披露することに成功し、これでオリンピック出場は間違いなさそうだ。

ショーン・ホワイトの優勝を決めたルーティーン。
まずはお得意のどデカいメソッドから入り、フロントサイド・ダブルコーク1080、キャブ・ダブルコーク1080、フロントサイド540、ダブル・マックツイスト・ジャパンエアー、そして最後はフロントサイド900仕上げ。

フロント5までは、これまでのショーンのルーティーンだが、ダブルマックでのジャパン・グラブなど進化させたところも見せている。蓄積された実力にさらに進歩も加えて、見事にワールドカップ優勝を成し遂げ、オリンピック出場を確実のものとした。

Men’s Halfpipe Results:
1 Shaun White USA 94.75
2 Ryan Wachendorfer USA 90.75
3 Louie Vito USA 83.23

(以下、男子ハーフパイプ詳細ページへ)
http://medias1.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7512/7512RLF.pdf

 

女子の方もビッグニュースが舞い込んで来た!
なんと松本遥奈が、87.50という高得点で、優勝ケリー・クラークに迫る力を見せたのだ。自己最高のW杯2位に!!!

最初の2発のフロント、バックとスムーズにこなし、そこからフロントサイド900、バックサイド900、フロントサイド720、キャブ720で高回転オンパレード。そしてフィニッシュは、フロントサイド540を決めた。

女子は決勝に残った6名の内、悪天候のために3名が棄権するという展開になったが、こんな状況でも松本選手は、見事に結果を残した。
オリンピック出場は、かなり近づいたと言えるだろうし、オリンピックでメダルを獲れる実力、精神力を見せた大会と言えよう。
おめでとう!!

Women’s Halfpipe Results:
1 Kelly Clark USA 91.75
2 Haruna Matsumoto JPN 87.50
3 Hannh Teter USA 36.25

(以下、女子ハーフパイプ詳細ページへ)
http://medias2.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7511/7511RLF.pdf

一方、スロープスタイル女子で決勝に進み、表彰台が期待された広野あさみは、残念ながら持ち前の実力を出せずに終わってしまった。しかし、これも良い経験。下を向いている時間はない。この悔しさをバネに次は、カナダのケベック大会へGO!

以下、男女スロープスタイルの詳細結果。
http://medias4.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7510/7510RLF.pdf
http://medias2.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7509/7509RLF.pdf

 

悪天候のためマンモスでのW杯延期中

 

日本から広野あさみ(スロープスタイル)、松本遥奈(ハーフパイプ)が決勝に残っていワールドカップ・マンモス大会は、悪天候のため延期中だ。

明日こそ、開催されるか。
選手には待っている間の集中力の持続などメンタル面など含めて大変だろうが、ぜひとも日本人選手の活躍を祈りたい。