Category: 平昌オリンピック

世界最高峰集まったLAAX OPEN(W杯)藤森由香がギリ通過成功!広野あさみ2位通過!!

 

今回のLAAX OPEN(ラークス・オープン)は、なんとイコールでワールドカップ!そう、この伝統のヨーロッパ最高峰の大会は、今年はワールドカップのスイス大会として行われている。
これまで自粛していたかのように、一部のトップ・ライダーたちはワールドカップに出ていなかったが、ここぞとばかりに世界最高峰の選手が大集合状態だ。それだけに、予選からセミファイナルに行くのは至難の技。

そんな中、見事に予選通過を果たしたのは、720も見事に決めた藤森由香。
この藤森が参加したヒート1の組は、なんとアンナ・ガッサー(1位通過)、ジェイミー・アンダーソン(2位通過)という死の組でもあった。
予選突破ギリギリの6位通過に成功!

以下、この予選の様子をゆっちブログで公開されているので、ぜひチェックしてみよう!
http://ameblo.jp/this-is-yuka-blog/entry-12239157750.html

 

ヒート2では、凄いことが起きた。
ここへ来て、遂に目を覚ました獅子!なんと広野あさみが2位通過を果たしたのだ!!
これまでワールドカップでは、満足するランができた一方で、なかなか結果を出せないジレンマを抱えたと思うが、遂に広野が爆発した!この調子でセミファイナルも突破し、決勝まで進んでほしい。

悔しい結果に終わってしまったのは、日本が誇る世界選手権覇者の鬼塚雅。
ヒート2の組で、11位に終わってしまった。

ちなみにこちらの組では、シリエ・ノレンダル7位、スペンサー・オブライアンが8位と実力者たちが軒並み予選敗退という厳しい結果に終わっている。オリンピックまで一年と迫り、ますます熾烈な戦いになっているようだ。

以下、女子の予選全体結果。
http://medias2.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7543/2017SB7543RLQ.pdf

 

一方、男子では、やはりこの人!カナダのマーク・マクモリスが1位通過を果たした。
マクモリスは、先週ブラッコムのパークでも勢力的に練習している姿を見かけた。リフトを使わずにスノーモービルでガンガンに上がっているところを見て、カナダ全体でナショナルチームを後押しをしている姿が印象的だった。マクモリスは、まさにこのラークス大会に標準を合わせて練習していたのだろう。

news170118b

ちなみに男子セミファイナリストは、ダーシー・シャープ、セバスチャン・トゥータント、マックス・パロットなどまさにカナダ祭り状態。当然、彼らもブラッコムで練習していて、この成果を上げることに成功した。日本でももっと選手を後押しできるような体制作りが必要だろう。

以下、男子予選の全体結果。
http://medias2.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7544/2017SB7544RLQ.pdf

 

ラークス・オープンと言えば、元々バートンのヨーロッパ・オープンの流れから来た大会。アジアのニッポン・オープン、北米のUSオープン、そしてヨーロッパ・オープンと世界三大陸オープン選手権とも言われた。(注:さらにはオセアニアのニュージーランド・オープンもあり4大陸選手権時代もあった。)

このオープン選手権の流れで、最も重要な大会となっていた種目が、ハーフパイプだろう。
今回もその予選が行われていて、その結果が入っているのでご紹介しよう。

まず女子ではクロエ・キムが1位通過に成功、次に中国の劉佳宇、3位にはケリー・クラーク。
日本からは松本遥奈が5位通過でセミファイナルへ。また、今井胡桃が7位、大江光が11位で予選突破に成功している。

以下、女子ハーフパイプ予選結果。
http://medias2.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7541/2017SB7541RLQ.pdf

 

一方男子では、ヒート1でアメリカのチェイス・ジョセイが1位通過、スイスのジャン・シュレラーが2位通過と新しい展開も見せている。ソチ五輪の金メダリストのユーリ・ポドラドチコフは5位通過。
ヒート2では、唯一、日本男子で出場した子出藤歩夢が8位通過に成功。

以下、男子ハーフパイプ予選結果。
http://medias3.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7542/2017SB7542RLQ.pdf

ラークス・オープンは、まるで五輪前哨戦のように、選手層も厚い。それだけにセミに上がるのも難しい状況だったが、ここまで残った日本勢はぜひ決勝に駒を進めて表彰台に乗ってほしい。日本から応援パワーを贈ろう!

 

SAJが飲酒問題で強化指定選手を厳正に処分決定

 

全日本スキー連盟(SAJ)は、先に報道されていた未成年の強化選手の飲酒問題について、以下のような処分することを発表した。

news170118c

第三者委員会による調査の終了に伴う処分の決定等及び スノーボード部活動再開のお知らせ

第三者委員会による調査の終了に伴う処分の決定等及びスノーボード部活動再開のお知らせ

平成29年1月16日
関 係 各 位

公益財団法人 全日本スキー連盟
会 長  北野 貴裕

第三者委員会による調査の終了に伴う処分の決定及びスノーボード部活動再開のお知らせ

本連盟は、平成28年12月9日付け「第三者委員会の設置及び本連盟スノーボード部活動一時休止のお知らせ」にてお知らせいたしましたとおり、スノーボード部のコンプライアンス体制を抜本的に見直すべく、スノーボード部内におけるコンプライアンス違反の有無等について、本連盟から独立した外部有識者によって構成される第三者委員会による調査(以下「本調査」といいます。)を行っていたところ、平成29年1月4日、第三者委員会より本調査に関する「調査報告書」を受領いたしました。

本調査の結果、平成28年2月頃、当時未成年の強化指定選手3名が飲食店において飲酒し、強化指定選手2名を含む成人4名がこれを黙認した事実等が明らかとなりました。本連盟は、これらの事実を真摯に受け止め、平成29年1月6日開催の第2回臨時理事会において当該強化指定選手をはじめとする関係者に対して厳正な処分を決定いたしました。

また、第三者委員会からの提言を踏まえ、本連盟は、スノーボード部全体のコンプライアンス体制の抜本的な見直しを図るための各施策を実施することを上記の処分と併せて決定いたしました。

これに伴い、平成29年1月6日より、スノーボード部の強化指定選手の活動及びワールドカップへの派遣を再開いたしました。

関係各位には、多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。スノーボード部は、選手及び関係者をはじめ部全体として、再発防止及びコンプライアンスの向上に取り組んでまいりますので、今後とも変わらぬご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

以上

 

 

惜しい藤森、W杯オーストリア大会で5位入賞!

 

前回モスクワのワールドカップのビッグエアーで4位に入った藤森由香が、またしても惜しい結果。
オーストリアのクライシュベルグで行われたワールドカップ女子スロープスタイル決勝、3本中のラストラストで、56.60の得点を叩き出し、5位に入賞した。

本来の実力を出し切れば、表彰台にも乗れたであろうが、今月に入り調子は上がっているようで、世界ランキングも上昇中。この調子なら、来年は4度目の五輪にスロープスタイル&ビッグエアーで挑戦できることになりそうだ。

女子優勝は、やはりこの人。地元のヒロイン、アンナ・ガッサー。
アンナは、バックサイド720ミュートグラブも決めた。ここ最近の大会での安定感は抜群で、アメリカの女王ジェレミー・アンダーソンとの対決が楽しみだ。

news170115b

(以下、女子結果詳細)
http://medias3.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7111/2017SB7111RLF.pdf

 

男子は伏兵、ノルウェー出身のモンス・ロイスランが制した。

(以下、男子結果詳細)
http://medias4.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7112/2017SB7112RLF.pdf

 

W杯オーストリア・クライシュベルグ大会スロープスタイル藤森由香が4位で決勝へ

 

オーストリアのクライシュベルグで行われたワールドカップ、大雪が降る過酷な状況の中、スロープスタイルが行われた。

女子では、藤森由香が4位で決勝へ。
1位通過は、地元アンナ・ガッサー。(以下、女子の予選結果)

http://medias4.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7109/2017SB7109RLQ.pdf

上位6選手が決勝へ駒を進める今大会で、残念ながら鬼塚雅は9位、広野あさみは11位で予選敗退となった。

メダルの期待が掛かった鬼塚選手は、ジャンプ・セクションでは、バックサイド360、フロントサイド360、キャブ540とすべての技を変えるバリエーションのルーティーンだったが、不可解なジャッジ(?)で、良い結果が出なかったようだ。

ちなみに1位通過したアンナのジャンプ・セクションでのトリックは、フロントサイド360、バックサイド360、キャブ540というとで、順番こそ違え鬼塚と同じ内容。

news170114e
(1位通過したアンナ・ガッサー。)

一方男子では、ヒート1からニコラス・マットソン(スウェーデン)が1位通過。
ヒート2から、久々のジェイミー・ニコルス(イギリス)が1位通過。

以下、男子予選結果。
http://medias1.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7110/2017SB7110RLQ.pdf

 

 

藤森由香 表彰台一歩手前!4位入賞に成功!!

 

ボーダークロスで3度もの五輪に参加し、4度目の五輪は、周囲があっと驚いたフリースタイル種目(スロープスタイル&ビッグエアー)での挑戦!
これまでのワールドカップでは、なかなか表彰台に届く結果を出していなかったが、遂に来たー!藤森由香がロシア・モスクワで行われたワールドカップ・ビッグ・エアー大会で、予選2位通過!最終結果は4位入賞に成功した!!

news170108a

ラン2本中最高得点で争われた予選では、2本目に89.50という高得点を出し、予選1位のクラウディア・メドロバに続く2位通過に成功。

これまでビッグエアーで他を圧倒して来たアンナ・ガッサーは4位で予選通過。アンナは、ヒザの怪我からのカムバックでこれまでのパフォーマンスができなかった模様。

(以下、予選結果の詳細。)
https://data.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7389/2017SB7389RLQ.pdf

続く決勝は、3本中トップ2本の合計で争うルールで、藤森は1本目と3本目で高得点を残せず、2本目の72.0と3本目の30.25というポイントが加算された結果、4位で終わってしまった。

まだくわしい詳細は入って来ないのでどんなトリックを出したのか、さらにくわしい戦い模様などは残念ながら紹介できない。しかし、前日練習での過酷な寒さなど考えると、普段できるトリックができなくなるような、想像以上に難しい戦いだったのかもしれない。

どちらにしもこの結果、藤森にとって4度目の五輪がスロープスタイル、ビッグエアー種目になるさらに現実味を帯びることになった。それが藤森にとってビッグチャレンジで大きな目標であったし、また多くのゆっちファンにとっても夢の出来事!

女子優勝は、イギリスのケイティ・オーメロッド(以下動画、優勝を決めたトップ2ラン。)

続く2位にはヒザの怪我からのカムバックのアンナ・ガッサーが入った。

その他、女子では日本期待の星、鬼塚雅が9位、また広野あさみが13位で予選通過できず悔しい結果に。

(以下、女子決勝を含めた詳細結果。)
https://data.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7389/2017SB7389RLF.pdf

 

男子は、地元ロシアのVlad Khadarin選手(18歳)が1位。なんとこれが彼のワールドカップ・デビュー戦!

(以下、男子トップ3のパフォーマンス動画。)

日本期待の稲村奎汰は、残念ながら29位だった。

(以下、男子の詳細結果。)
https://data.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7390/2017SB7390RLF.pdf

 

Road To Pyeongchang
2016-2017 FIS WORLD CUP スノーボード・フリースタイル種目日程

11月12日 イタリア(ミラン) ビッグエアー
11月25日、26日 韓国(アルペンシア平昌リゾート)  ビッグエアー

12月3日 ドイツ(メンヒェングラートバッハ) ビッグエアー
12月14日~17日 アメリカ(カッパーマウンテン) ハーフパイプ スロープスタイル
1月6日、7日 ロシア(モスクワ) ビッグエアー
1月13日、14日 スイス(クラン・モンタナ) ハーフパイプ
1月25日~27日 イタリア(セイザー・アルム) スロープスタイル
2月1日~2月5日 アメリカ(マンモスマウンテン) ハーフパイプ スロープスタイル
2月8日~11日 カナダ(ケベック・シティ) ビッグエアー スロープスタイル
2月17日、18日 韓国(普光フェニックスパーク) ハーフパイプ2
3月24日、25日 チェコ(シュピンドレルーフ・ムリーン) スロープスタイル

FIS WORLD CHAMPIONSHIP
3月7日~17日 スペイン(シエラネバダ) ハーフパイプ スロープスタイル ビッグエアー

●関連リンク
藤森由香ブログ
http://ameblo.jp/this-is-yuka-blog/

【インタビュー】カナダでさらなる飛躍を誓う!/藤森由香
http://dmksnowboard.com/interview/yuka-fujimori-interview

 

いよいよワールドカップ・モスクワ大会開催!

 

オリンピックの出場を掛けて、いよいよ大事な時期となっている今、明日はワールドカップ・モスクワ大会が行われる。

日本からは、前大会で3位に入った鬼塚雅、また藤森由香、広野あさみが参加。
また、男子では稲村奎汰が出場。

女子では、アンナ・ガッサーという絶対的なクイーンが参加リストに載っているが、男子ではマーク・マクモリス、セバスチャン・トゥータントなどの強力カナダ勢は出ない。それだけにここで結果を残すチャンス。

また、女子でもジェイミー・アンダーソンなどアメリカ、カナダ勢は出場せず、ここは大きな勲章を勝ち取る大チャンス!日本勢のメダルが期待される。

大会前日の公開練習は、強風と寒さ(マイナス22度)で、1時間ほどしかなかったとか。
現地モスクワは過酷な環境のようだが、ぜひ良いニュースを届けてほしい!

以下、モスクワ大会紹介する動画。

The world’s best freestyle snowboarders will gather in the Russian Capital after a 8-year absence to contest the fifth Big Air event of the season which will be held on Saturday 7th at the ‘Grebnoy’ channel Olympic training center. Canada’s Max Parrot took the lead in the discipline standings following the Copper Mountain stop while Austrian Anna Gasser remained in the lead despite sitting out the event on the US soil because of a knee injury.

>>>> 続きを読む

ワールドカップ・アメリカ大会ハーフパイプが公開!

 

昨日、カナダで放送したというワールドカップ・ドイツ大会の模様が、公開された!とお伝えしたが、つい先ほど今度はアメリカ・コロラド(カッパーマウンテン)大会の様子を公開してくれた。

こうして、ワールドカップでの各選手でのライディングが見れるのは、とても参考になるし、カナダのテレビ放送局がいかにスノーボードに期待しているか、ということがわかるね。

ちなみにカナダは長いスノーボード・コンペティションの歴史で、意外にもハーフパイプの有名な選手は出していない。
USオープンで優勝したギオーム・モリセット、長野オリンピックで大ブレイクしたマイク・マイケルチャックぐらい!?

Join pro-snowboarder Craig McMorris and CBC Sports commentator Brenda Irving for the FIS Snowboard World Cup halfpipe event from Copper Mountain, Colorado, on Saturday, December 17, 2016. Next stop: Big Air in Moscow on January 7, 2017.

This segment aired originally on Road to the Olympic Games.

>>>> 続きを読む

カナダで放送 W杯ドイツ大会ビッグエアーが公開!!

 

先月、12月3日にドイツ・メンヒェングラートバッハで開催されたビッグエアー、カナダのオリンピック放送局でもあるCBCスポーツが放送したが、その模様をユーチューブで公開!

日本からは鬼塚雅が参加し3位に入る活躍。また広野あさみ、稲村奎汰も参加した。

Pro-snowboarder Craig McMorris and the CBC’s Brenda Irving take you through the best action of the FIS Snowboard World Cup big air event in Moenchengladbach, Germany, on Saturday, December 3, 2016. Check back on Monday night for our next instalment of a full event.

This segment was broadcast on Road to the Olympic Games on CBC Television.

>>>> 続きを読む

【動画】Toyota U.S. Grand Prix ハイライト

 

週末、コロラドのカッパーマウンテンで行われたワールドカップ・アメリカ大会、Toyota U.S. Grand Prixのハイライト動画。

ビッグエアー、ハーフパイプ、男女で活躍した模様を一挙に公開!!

 

 

Toyota U.S. Grand Prix ビッグエアー 藤森由香11位、広野あさみ16位

 

アメリカ・コロラドのカッパーマウンテンで行われたワールドカップ、Toyota U.S. Grand Prix ビッグエアーに 藤森由香と広野あさみが出場!

藤森は11位、広野は16位に入り健闘した。

藤森由香は、フロントサイド720ダブルグラブをメイクし11位に!結果、日本のナショナルチームで定めたルールにより、あと2戦ワールドカップに出場できることになった。

また、広野あさみは、これまでなかなか本戦で決められなかったフロントサイド720のメイクに成功!!
グラブが短かったためか、スコアが伸びなかったようだが、今後の彼女の活躍が楽しみな展開。

news161219b
(決勝には残れなかったが、納得のフロント7メイク。ここから先のW杯ではさらに良い結果が待っていそうな上昇ランとなった。)

女子では、予選からハイレベルな戦いが繰り広げられ、クラウディア・メドロバ(スロバキア)がフロントサイドダブルコーク1080をメイクに成功!一年後に迫ったオリンピックで、女子の本戦でどんなハイレベルな戦いが繰り広げられるのか、予感させた。

ファイナルでは、安定した実力を発揮するスロープ女王ジェイミー・アンダーソンが、キャブ720とスイッチ・バックサイド540を披露し、優勝。

news161218a

まだ男子の方では、マックス・パロットが優勝、2位にセバスチャン・トゥータントと、あいかわらずのカナダ勢が結果を残した。
マーク・マクモリスは、今季、勝ちまくっているので、余裕を見せて(?)この一戦は回避した模様。
偶然、ウィスラーで歩いているところを見かけたので、オフってフリーライドでも楽しんでいるのかもしれない。

news161219c
(ユッチ、あさみがW杯で健闘!オリンピックを目指し、一歩一歩世界の頂点を目指すジャパン勢!!)

FIS SNOWBOARD WORLD CUP 2017 – COPPER (USA)

Ladies’ Snowboard Big Air Results:
1.Jamie Anderson USA
2.Enni Rukajarvi FIN
3. Klaudia <edlova SVK

http://ussnowboarding.com/sites/default/files/documents/events/2014-15/documents/SBBA%20LADIES%20FINAL%20RESULTS.pdf

 

Mens’ Snowboard Big Air Results:
1.Max Parrot CAN
2.Sebastien Toutant CAN
3. Ryan Stassel USA

http://ussnowboarding.com/sites/default/files/documents/events/2014-15/documents/SBBA%20MENS%20FINAL%20RESULTS.pdf

 

Toyota U.S. Grand Prix ハーフパイプ結果

 

スノーボード大国、アメリカのオリンピック選手出場を決める重要な一戦。
カッパーマウンテンで開催されたToyota U.S. Grand Prix ハーフパイプ結果。

news161216f

男子ではソチ五輪金メダリストのアイポッド、女子ではトリノ金、バンクーバー銀メダルに輝いたハンナ・テーターなど強豪選手も出場する中で、優勝したのは男子パトリック・バーグナー(スイス)、女子はクロエ・キム。

以下、女子で優勝したクロエ・キムの動画ページへ。
http://ussnowboarding.com/news/kim-tops-toyota-grand-prix-opener

 

FIS SNOWBOARD WORLD CUP 2017 – COPPER (USA)

Ladies’ Snowboard Halfpipe Results:

1.Chloe Kim USA
2.Jiayu Liu CHN
3. Xuetong Cai CHN

http://ussnowboarding.com/sites/default/files/documents/events/2014-15/documents/SBHP%20LADIES%20OVERALL%20RESULTS.pdf

Mens’ Snowboard Halfpipe Results:

1.Patrick Burgner SUI
2.Iouri Podladtchikov SUI
3. Chase Josey USA

http://ussnowboarding.com/sites/default/files/documents/events/2014-15/documents/SBHP%20MENS%20OVERALL%20RESULTS.pdf

元ナショナルチーム・コーチの阿部氏が「喝!」

 

 

元ナショナルチームのコーチ、阿部幹博氏が、現在の体制に「喝!」

news161215j
(現在、コロラドで行われているUSグランプリは、アメリカが本気で五輪でメダルを獲るための大会。そんな中、日本人選手が出場していない現状に阿部氏の「喝!」の声が。)

 

アメリカでは、すでにに熱い戦いが始まっている(注:コロラド、カッパーで行われているUSグランプリのこと。)というのに今の日本はどうなってんだ!?
ワールドカップに出場もしなければ、ポイントも取れない。
出場枠も減る可能性もある。
それはチャンスを減らす事。
金メダルを取るための組織がその目標達成する為の活動を止めるなんて、あきらかにおかしいだろ!
法を犯した者の処分、関与した者の処分は別の次元。
罰を与えるなら出場停止とかではなく現地に行かせて日々コーチと共に20キロ走らせるとか選手に何かプラスになるような考えは無いのかね!?
上部組織がやれ制裁だ!みたいなことをやっても他の選手には全く持ってプラスにはならない。
ガチガチ頭のオッサンはもう引っ込んでほしいわ!

 

news161215k

(以上、阿部氏からの「喝!」コメント。)

阿部氏は、長野五輪の2年前からスノーボードのナショナルチームを率い、またソルトレイク五輪の後までコーチとして活躍。現在ナショナルチームの発展への功労者である。それだけに、現状の組織が行う選手への対応に憤慨しているのだろう。起きてしまった不祥事には、残念に思っているだろうが、マイナスな考えからのマイナス行動ではなく、次の五輪で選手がメダルを取れるようなプラス処置を願っている。
もう一年足らずに五輪開催なだけに、本当に今、ナショナルチームの体制作りが重要だ。