Category: 平昌オリンピック

広野あさみがモンスター級フロント7に挑戦!

昨日に続いて、五輪出場に期待が掛かる広野あさみをクローズアップ!
今日は、モンスター級フロントサイド720に挑戦してくれた。


Photo&Story: Fusaki IIDA  fusaki@dmksnowboard.com

 

雲一つないブルースカイ。その空の青さと言ったら、あまりにも濃い。空と宇宙がつながっていることを思い出させてくれるかのようだ。カナダ特有の青空は、思う存分に飛んでくれ!と言っているかのよう。

しかし、巨大キッカーのXLくんは、ちょっとご機嫌斜め。連日の猛暑で悲鳴を上げていた。
スピードが乗って最も板の安定感を出したいアプローチ・ポイントのところに、土が出ていたのだ。しかも、そのへんはデスクッキー(注:圧雪車から出る残骸の雪玉)が散らばりガタゴト。これほどの巨大キッカーを作ってしまうのもカナディアンだが、こういうところを整備しないのもカナディアン。相当の苦戦が予想された。

 

ジャンプ前、イメージを固めるあさみ。彼女をサポートするバインディングは、FLUXだ。

そんな悪状況の中、朝一発目でいきなり飛んじゃった!普通、一発目はキッカーのリップまで滑って下見をするものだけど。
案の定、アプローチでやられて、「危ない!」と思った。だが、空中で手をクルクルさせながら、なんとかリカバリー。
この度胸の良さが、彼女の真骨頂。不器用ながら、スイッチオンの早さが凄い。世界に行くポテンシャルの高さを感じた。

ストレートに飛んだ後は、フロントサイド360、スイッチバックサイド360などでウォーミングアップ。XLサイズ・ジャンプの下にあったLサイズ・ジャンプも使ってアップしていた。

それから、フロントサイド540を鮮やかに決めて、バックサイド540をつなげる。これは、着地でミスったようだが、次のランでフロントサイド720に挑戦!後ろで見ていたスキーヤーからも「イエーイ!」の感性が上がった。
そりゃそうだろう、モンスターサイズだし、2回転だし、しかも女性なのだから。結局のところ、今日もガールズで飛んでいたのは、スキーヤーを合わせても広野あさみだけ。

しかし、このモンスター級のフロント7、何度もトライするが着地が決まらない。
撮影者側から見ると、空中での安定感の高さなど申し分なく思えるのだが。
そこで、あさみに撮影したシークエンス写真を見せてみた。何かのヒントになれば、と思ったのだ。すると、「フラット過ぎる。」と一言。斜め軸、コークを入れないとランディングが決まらないという。オーバーローテーション気味で、着地で流れてしまうようだ。

気づくと、午後2時を回っていた。暑さにより急激な雪解けでアプローチはどんどん悪くなってしまった。残念ながら、この日のモンスター7への挑戦は終わりを告げた。
この撮影が終了し、申し訳なさそうに、カメラマンたちに謝罪するあさみ。
しかし、僕は気にしなかった。こうして彼女の成長過程を見ることができたし、この時代の広野あさみを知ることで、今後のサクセス・ストーリーをよりディープなところまで理解できるだろう、と思ったからだ。

広野あさみの長い春は、まだ終らない。この悔しさをバネに、明日からも果敢にチャレンジしていくだろう!

 

 

広野あさみのワンポイント・ドリル!

今日も元気にビッグエアーにチャレンジしてくれた、広野あさみのワンポイント・ドリル!「ドルフィンターン」を紹介します。

このドルフィンターンは、まるでイルカが海を跳ねるように、ボードを操作。
ショートターン技術を向上させ、コブやパウダー、さらにリカバリー能力もアップ!

前足から後ろ足の体重移動、さらにトゥサイドからヒールサイドへの切り替えを同時に行うターン・テクニックが必要。

スノーボーダーに必要な足裏感覚も向上させ、ジャンプでのアプローチやランディングの向上も期待できます。

 

Dolphin turns is a great move to practice to become better at short turns, bumps, powder and recovering.

The rider is Asami Hirono a slopestye competitor in the FIS World Cup.

 


http://www.flux-bindings.com/

 

狙うは五輪!広野あさみがブラッコムパーク合宿決行!!

狙うは、スロープスタイルの五輪代表!そんな意気込みで、TOMBOY(おてんば娘)がブラッコムパーク合宿決行中だ。
本日のDMK最速レポは、巨大キッカーにも物怖じしないアタックを見せる広野あさみにスポットを当てた。


Photo&Story: Fusaki IIDA  fusaki@dmksnowboard.com

 

 

広野あさみから巨大キッカーの撮影をお願いされた時、ちょっと心配になった。というのも、これまでガールズの撮影では、自分の技量以上に突っ込みが激しく、その結果、怪我に至ったケースがあったからだ。

しかし、彼女はまだ固めのパークの中、早々に試しジャンプを敢行。さらに、次のランでノーズをグラブしながら、スイートスポット(注:着地で最も安全といわれる斜度あるポイントのこと)に軽くランディング。そして、この後はスピンまで決めて来たのだ!僕の不安は杞憂に終わった。

今季リリースされるガールズDVD『TOMBOY』に、平野あさみは登場する。
このTOMBOYは、DMKでもいち早く3月3日に紹介したが、これまでのガールズDVDのアイドルっぽいノリを完全に払拭し、実力系で挑む作品だ。新タイトルなので、まだ浸透はされていないが、相当の自信を持って撮影を続けているようだ。
その中でも、あさみはジャンプ系というポジション。
もちろんTOMBOYの中には、あさみ以外でもジャンプがうまいライダーが揃っているが、彼女は巨大キッカー系というカテゴリーに分類されるようだ。ようは、これまでのガールズDVDの作品の概念をぶっ壊すキッカー・サイズに挑むわけだが、その担い手。


思えば、XLサイズに来たのは、この春、初めてだ。
ブラッコムのパークには、大きく分けて4つのラインがある。

キッズなども手軽に楽しめるSサイズのパーク。
そして、ライダー・クラスでも楽しめるMサイズ・レーン。
また、高回転などを習得に持って来いのLサイズ・レーン。

このLサイズのキッカーでも充分に巨大に感じていたが、さらにその奥にあるXLサイズのレーンとなると、まさに選ばれた戦士だけが参加できるエリアに感じる。これまで見てきたLサイズが小さく感じてしまうほど感覚が麻痺する。もちろん、このLサイズでもミスって大転倒すれば、相当大きな代償を伴うことが予想される。

だから、それよりもさらに大きなサイズとなるXLレーンに入ると、人は極端に少なくなる。スキーヤーの方が多く、スノーボーダーを見るのはマレだし、ましてガールズ・ライダーとなると、今日は、広野あさみがだけだった。

「こんなにデカいサイズ、ジャンプして怖くない?」と聞いたら、「怖くない。」と答えてくれた。
これまで彼女が辿ったスノーボーディング・ヒストリーにおいて、巨大ジャンプに導かれることは必然だったのかもしれない。


(写真右上、同じ宿に滞在する佐藤夏生とは大の仲良し。お互い良い刺激を受けているようだ。
写真右下、朝はメローな音楽で。ジャンプに入ると、アップテンポな音楽にしていた。)

スノーボードを初めて、すぐにウィンタースポーツ専門学校JWSCで学んだ。
そこでは、ライダーとしての土台作りが徹底的に行われ、カービングターンなどを習得。またハーフパイプにも積極的に入っていたようだ。

彼女のフリーランは、いつでも練習ランにも見える。言い換えれば、遊びが少ない印象。
常に、深回りをしたり、ガタガタの斜面を直滑降して、前足で積極的に踏める練習をしたり。
何か、練習しているな、ということを感じさせる滑りなのだ。

きっと、五輪という最大の目標が、彼女の練習意欲を駆り立てるのだろう。昨年あたりに、五輪を意識するようになり、ワールドカップに参戦している。

高校を卒業してJWSCに行き、現在はワールドカップに出ていることを考えれば、一見すると、シンデレラ・ストーリー。だが、僕は彼女に「努力の匂い」を感じた。負けず嫌いというか、そういうところがあるように思えるのだ。
彼女に「器用か不器用か」と聞くと、「不器用。」という返事だった。

かつて、僕はそうしたタイプのライダーを何人か見て来たことがある。得てして、そういった不器用なライダーこそ、練習熱心で五輪に輝くケースがあった。
例えば、ソルトレイク五輪で当時、世界のガールズで誰よりも高く飛んだ橋本通代。
彼女も不器用で、よくブラッコムの急斜面、ソーラーコースター・チェアの下を直滑降していた。そのスピードに強くなる習得を地道に行ったことで、当時、誰よりも高く飛ぶことができるのだ。
目標に向かって、ノロいけど真っ直ぐに進むタイプ。

オリンピックでは、当然のごとくキッカーは巨大で、しかも連続。これしきのキッカー飛ばないといけないし、固いのにも慣れないといけない。そして、つないでジャンプをしていかない、と語ったあさみ。この温かい時期に連続で飛べる環境は、彼女にとって相当良い練習になっているようだ。

しかし、週末は天気が悪くなる予報。連日の暑さにより雪もどんどん減っている。巨大キッカーのクオリティ高い状況は、明日までかもしれない。
明日も彼女のことを追うことになった。

 

広野 あさみ
ASAMI HIRONO

SPONSORS: OGASAKA, BILLABONG, FLUX, X5, SMITH, GALLIUM WAX, eb’s, SHOWTIME COLLECTIVE, 上越さくら整体, 白雪エステ, JENNY, JWSC 

Blog: http://ameblo.jp/atyabo/



http://tomtom.boy.jp/

 

 

2018年の冬季五輪は平昌に決定!

国際オリンピック委員会(IOC)は、南アフリカで開いた総会で、2018年の冬季五輪開催都市を韓国の平昌(ピョンチャン)に決定した!
冬季五輪の聖火が、初めて韓国へ渡ることになった。

五輪開催地を決まった韓国は、ウィンター・スポーツ強化は必至で、これから日本のライバルとなるスノーボーダーも誕生しそうだ。日本はアジアではスノーボード先進国であったが、これからはうかうかしてられないだろう。

 


http://www.olympic.org/