Category: 平昌オリンピック

大麻使用のスノボ選手が競技者登録も事実上の平昌五輪は絶望勧告か!

 

東スポ、デイリースポーツなどの報道によると、全日本スキー連盟は昨日の理事会で、アメリカ・コロラド州で大麻使用したスノーボードの選手の処分解除を決定。しかし、シーズン中の強化指定選手復帰の特例は設けない方針で、事実上、本人が希望していたの平昌五輪は絶望となったとのことだ。

強化選手に入っていなければ、ワールドカップに出場は認められず8位以内に入るなど連盟のオリンピック派遣基準を満たすことができない。ワールドカップに表彰台に立つ実力があっても、ワールドカップの出場が認められないので、どうあがいてもオリンピックへ行くことができないようだ。

しかし、その選手は10月から更正プログラムを再開し、ボランティア活動や日誌、レポートの提出にも真摯に取り組んで
来たということで、X Gamesなどのプロの大会、またワールドカップよりも下のレベルのFIS大会には出場できると伝えている。

皆川賢太郎競技本部長は「ルールに則る。現段階で競技本部としてはシーズン途中に強化指定に入れる特例は作らない」と、明言。

記事内容としては、これでその選手が平昌オリンピックの道が途絶えたという内容になっているが、「現段階で」と伝えているところも気になるところだ。オリンピック前の出場できる大会で、あきあらかに高い実力を出し切った場合、どうなるのか。その選手のオリンピック出場待望論のような世論が発生すれば、ミラクル出場もあるのかもしれない。

 

 

大久保勇利がオリンピックへ名乗り成功!ドイツW杯で2位!!

 

ジュニアチャンピオンの大久保勇利が、オリンピックへ名乗りを上げた!
ドイツで行われたワールドカップのビッグエアー大会で、マーカス・クリーブランドに次いで2位に入ったのだ。

予選では、見事にトップ通過し、その調子の良いまま決勝では、バックサイド・トリプルコーク1440とスイッチバックサイド1260を決めることに成功!
ジュニアの世界チャンピオンが遂に、大人の大会でも結果を出し、オリンピック選考へ向けて大きな成果を得た。

一方、前大会で4位に入った国武大晃は、残念ながら12位に終わり、決勝に残れるトップ10に惜しくも入れなかった。

 男子ビッグエアー成績

>>>> 続きを読む

藤森由香3位、鬼塚雅6位で決勝進出!

 

ドイツで開催されているワールドカップのビッグエアー。
女子では、藤森由香が3位、鬼塚雅が6位で決勝進出に成功。

その他、日本人勢では岩渕レイラが13位、広野あさみが23位で予選落ちとなっている。

女子予選結果
http://medias4.fis-ski.com/pdf/2018/SB/7195/7195RLQ.pdf

大久保勇利がドイツ開催W杯で予選1位通過!

 

大久保勇利がドイツ開催W杯で予選1位通過に成功した!
以下、大久保サポーターズからのリリース。

応援して頂いた皆様、ありがとうございます!
ドイツワールドカップMOENCHENGLADBACH,GER
大久保勇利は第1ヒート96.50で1位通過で決勝進出します‼︎
決勝はAM2時頃開始予定です。
引き続き応援よろしくお願いします。

男子予選結果
http://medias2.fis-ski.com/pdf/2018/SB/7196/7196RLQ.pdf

広野あさみも被害者!ワールドカップ・エントリーミス事件!

 

先日、藤森由香選手の中国でのワールドカップの不参加は、協会のエントリーミスであることを伝えて大きな反響を得たが、なんと広野あさみも被害者だった!

本人のブログでその悔しさと現在のオリンピック切符への切実な状況が発表された。

https://ameblo.jp/atyabo/entry-12332884869.html

「私は今の段階でオリンピック枠のランキングは圏内に入っていますが、その枠をキープするにはW杯で、成績を上げてポイントを上げるか、大会に出続けないといけないといった状況で中国のワールドカップは私にとってとても重要な大会でした。
先シーズンは10カ国12戦の遠征費を全額自己負担という形で遠征しました。
応援してくださったみなさんに支援してもらい命を張って戦ってきていた分、とても悔しくてなかなか切り替えれずにいましたが、今は切り替えて前に進んでいます。」

ブログの最後には、これから行われるドイツでのワールドカップへ集中していくというような内容があり、本人の中ではポジティブに切り替えている様子もあるが、このエントリーミスはかなち切実な問題だったに違いない。

協会の方では、藤森選手同様の内容で、謝罪文と今後の対策などあるが、選手にとってはマイナス感の出来事であったことは否めないだろう。

オリンピック選考の際には、本来結果が出ていたかもしれない中国大会の結果も考慮してほしいものだ。

 

 

前代未聞!藤森由香のW杯中国大会不参加はエントリーミス

 

これは前代未聞だ。
先日、中国でワールドカップのビッグエアー大会があったが、その時に藤森由香は不参加。その理由は、全日本スキー連盟スノーボード部のエントリーミスだったというのだ。

藤森不参加のことで、多くの方が心配されているということで、本人が、ブログでこの事実を伝えた。

https://ameblo.jp/this-is-yuka-blog/

ブログには、スノーボード部の岡崎靖氏、アシスタントヘッドコーチの上島しのぶ氏からのレターもあり、そこには、「今後は二重チェックを行い。確認作業を行う。」というような謝罪文と共に改善策なども紹介されている。

選手にとってこの時期の大会は、オリンピックへ行くために大事な戦いとなっている。
オリンピック前哨戦だけの意味でなく、オリンピックに行くためにも成績を残さないといけないのだ。それだけにこの不祥事は「前代未聞!」「この時期にあり得ない!」という声も上がっている。

藤森選手は、「次はドイツ大会!気持ちを切り替えて頑張ります。」とのことで、目の前の大会に集中させていく所存。
このうっぷん、ぜひドイツ大会で晴らしてほしいね!

 

W杯中国大会男子トップ3動画

 

中国北京で開催されたワールドカップ・ビッグエアー、男子トップ3のラン動画が公開!!