Category: 平昌オリンピック

優勝候補カナダは世界選手権に主力選手出場させず!

 

スノーボード世界選手権に出場する日本人選手のリストが発表された。その選手一覧はあたかも五輪出場への布石とも取れるような印象を与えたが、スロープスタイル、ビッグエアーでメダル候補をズラリと揃えたカナダは、なんと主力選手を出場させず!マーク・マクモリス、セバスチャン・トゥータント、マックス・パロット温存する模様だ。

以下、カナダ・ナショナルチームがリリースされた世界選手権の出場者リストをご紹介しよう。


(カナダは主力温存でさらなる新兵器を模索するために世界選手権を利用したか!?)

Slopestyle & Big Air

Male
Max Eberhardt (North Bay, ON)
Darcy Sharpe (BA)(Comox, BC)
Francis Jobin (Lac Beauport, QC)

Female
Laurie Blouin (Stoneham, QC)
Brooke Voigt (Fort McMurray, AB)
Jenna Blasman (Kitchener, ON)
Spencer O’Brien (BA)(Courtenay, BC)

Halfpipe

Male
Derek Livingston (Aurora, ON)
Trevor Niblett (Toronto, ON)

Female
Mercedes Nicoll (Whistler, BC)
Katie Tsuyuki (Scarborough, ON)
Calynn Irwin (Toronto, ON)
Elizabeth Hosking (Longueuil, QC)

 

Alpine

Male
Jasey-Jay Anderson
(Lac Supérieur, QC)
Darren Gardner (Burlington, ON)
Sebastien Beaulieu
(Sherbrooke, QC)

Female
Megan Farrell (Richmond Hill, ON)
Katrina Gerencser (Burlington, ON)

Snowboardcross

Male
Baptiste Brochu (Saguenay, QC)
Kevin Hill (Vernon, BC)
Chris Robanske (Squamish, BC)
Tyler Jackson (Whitby, ON)

Female
Meryeta O’Dine (Prince George, BC)
Tess Critchlow (Kelowna, BC)
Zoe Bergermann (Erin, ON)
Carle Brenneman
(North Vancouver, BC)

 

スノーボード世界選手権代表に鬼塚、藤森他

 

全日本スキー連盟は21日、来月スペインで開催されるスノーボードの世界選手権の代表を発表。
2015年に女子スロープスタイルで優勝した鬼塚雅や、2014年ソチ冬季五輪で女子パラレル大回転銀メダルを獲得した竹内智香を選出。

さらに女子スロープスタイルでは、今季ワールドカップ転戦中の藤森由香、広野あさみの名も!

一方、男子スロープスタイルの強豪選手である角野友基、さらにハーフパイプで前五輪メダリストの平岡卓、平野歩夢など、男子でメダルを獲れる可能性をもったパイプ&スロープ選手の名前は出ず。

世界選手権は、オリンピック出場のためのポイントを稼げる大会だけに、この大会に出れない選手はオリンピックに出場に赤信号だ。
果たして、SAJはこのまま有力選手を出さない方針か。
または来季、五輪前のUSグランプリ表彰台で駆け込みポイント獲得で、一発大逆転でのオリンピック出場があるのか。
ひじょうに気になるところだ。
【ハーフパイプ】
男子:なし
女子:松本遥奈、大江光、今井胡桃

【スロープスタイル・ビッグエア】
男子:なし
女子:鬼塚雅、藤森由香、広野あさみ

【アルペン】
男子:斯波正樹
女子:竹内智香、家根谷依里

【スノーボードクロス】
男子:桃野慎也
女子:なし

 

 

【動画】セバスチャン・トゥータントの金メダル獲得ワールドカップ・ラン

 

地元でカッコいいところを見せた!
セバスチャン・トゥータントの金メダル獲得ワールドカップでのスロープスタイル・ランが、CBC Sportsからアップ。

Canadian snowboarder Sebastien Toutant landed a cab double cork 1260 tail to frontside double cork 1080 mute and backside 1440 mute on the three-kicker jump line to beat teammate Mark McMorris at the 2017 Jamboree at Stoneham, Quebec.

>>>> 続きを読む

米大手メディアが報道したショーン・ホワイト東京五輪出場の可能性!

 

アメリカのABC NEWSなど、大手複数米メディアがショーン・ホワイトが、2020年の東京オリンピックに出場する可能性があることを報道した!

http://abcnews.go.com/Sports/wireStory/shaun-white-compete-skateboarding-2020-olympics-45357362

2006年トリノ五輪で金、続く2010年バンクーバー五輪で金。これで最後かと思われた2014年ソチ五輪では、まさかの4位。
そんなショーン・ホワイトが、2018年の平昌五輪に続き、さらにその後の2年後の東京五輪ではスケートボードでもオリンピックという夢のプランが持ち上がっているのだ。

世界を代表するトップ選手が一同の集まるX-Gamesでは、なんと13個もの金メダル(内5個はスロープスタイル)、さらに銀と銅を合わせて、18個ものメダルを獲得している。

それだけではない。夏のX-Gamesのスケート種目では5つのメダルを獲得し、2007年と2011年に2回にも金メダルも輝いているのだ。

その実績が、ショーンならやりかねない!と思わせてしまう。

ABCニュースの記事によると、そもそもソチ五輪でも最後にする気はなかったとか。周りが、これで最後のような空気感になったので、「僕、これで最後にしないといけないのか?」と思ったらしい。

過去には年収10億もあったという報道があったショーンだけに、もはや彼の生き方に富というスケールでは計ることができまい。己の人生をさらに楽しむために、新しいチャレンジを企てているのかもしれない。

「東京五輪は、まだ先のこと。」と言うショーンだが、これだけ長いキャリアの割には、まだ30歳だ。3年後、33歳で東京五輪の舞台に立っていてもまったくおかしくはないだろう。

 

 

藤森由香ワールドカップ・カナダ大会スロープで7位

 

決勝に残り表彰台が期待された藤森由香は、カナダのケベックで行われたスロープスタイルで7位に終わった。

優勝は、ジュリア・マリノ(アメリカ)、2位にジェイミー・アンダーソン(アメリカ)。

http://medias1.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7157/7157RLF.pdf

 

一方、男子は地元のヒーロー、セバスチャン・トゥータントが嬉しい勝利!
2位には、マーク・マクモリス、そして3位はここのところ成長が著しいマーカス・クリーブランドが入った。

http://medias4.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7158/7158RLF.pdf

 

 

 

【動画】どのようにしてケベックW杯のビッグエアー台が完成したのか?

 

現在、カナダのケベックで開催しているワールドカップ。
このジャンプ台がどのように完成されたのか、という動画がカナダのCBC Sports局からアップ!

市長さんと交渉して、なんと11月から作り始めたというジャンプ台。
やはり、ここまで気合入れないとビッグエアー台は作れない。
日本でもかつて東京ドームで行ったビッグエアー大会があったが、スノーボードの活性化のためにも復活すると嬉しいね。

Go big and stay home! That could have been the motto for the organizers of the 2017 ski and snowboard big air World Cup and Jamboree in Quebec City February 9-12.

>>>> 続きを読む

藤森由香がW杯カナダ大会スロープスタイルで決勝進出!

 

カナダ・ケベックW杯速報。
平昌五輪に向かい着実に前進を続ける藤森由香が、ビッグエアーに続きスロープスタイルでも決勝進出に成功!

ヒート2で見事に2位通過。
決勝では、アンナ・ガッサー、ジェイミー・アンダーソンなど難敵が待っているが、
ぜひとも表彰台を目指して頑張ってほしい!

http://medias4.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7151/7151RLQ.pdf