Category: 平昌オリンピック

世界最強スロープスタイル集団!カナダが五輪候補ナショナルチームを発表!!

 

これは、凄い!ズラリとメダル候補だらけ。カナダが五輪候補ナショナルチームを発表した!!(以下、ページ参考。)

http://www.csipacific.ca/canada-snowboard-announces-2016-17-national-team-selection/

news160526g
(メダル候補がズラリ!左から、マーク・マクモリス、スペンサー・オブライアン、セバスチャン・トータント。)

アルパイン、クロスなどにも強力な選手が集まるカナダだが、とりわけスノーボード界が大いに注目するスロープスタイル選手が、特に男子は凄いことになっている。
メダル候補がズラリだし、誰が最終的に五輪に出場できることになるのだろう。

女子はメダル獲得の期待が掛かるスペンサー・オブライアンが当然選ばれた。

男子スロープスタイル
マーク・マクモリス Mark McMorris (Regina, SK)
セバスチャン・トータント Sébastien Toutant (Montreal, QC)
マックス・パロット Max Parrot (Bromont, QC)
タイラー・ニコルソン Tyler Nicholson (North Bay, ON)
ダーシー・シャープ Darcy Sharpe (Comox, BC)
マイケル・シサレリ Michael Ciccarelli (Ancaster, ON)
Max Eberhardt (North Bay, ON)

女子スロープスタイル
スペンサー・オブライアン Spencer O’Brien (Vancouver, BC)
ジェナ・ブラスマン Jenna Blasman (Kitchener, ON)
ラウリー・ブルーイン Laurie Blouin (Stoneham, QC)
ギリアン・アンドリューシェンコ
Gillian Andrewshenko (Winnipeg, MB)

 

LAAX OPEN 2016 鬼塚雅が3位に!

 

ジェイミー・アンダーソンなど世界最高峰の女子スロープ選手が勢ぞろいしたLAAX OPEN 2016で、鬼塚雅が見事3位に入った!
鬼塚のキッカー3連では、一発目超スタイリッシュなフロントサイド540、さらにキャブ900を決めて!!最後はフロント7をクリーン・ランディング。ゴールを切ると最高の笑顔、そしてうれし涙を流し全身で喜びを現した。

1位はジェイミー・アンダーソン(アメリカ)、2位はクリスティ・プライヤー(ニュージーランド)、そして3位に鬼塚が入り結果、セミファイナルでのトップ3がそのまま決勝の順位と同じとなった。

ちなみに女子ファイナリストの年齢を見てみると、シェリー・マスが最高齢で31歳、続いてクリスティ・プライヤーとスペンサー・オブライアンが共に27歳。女王のジェミー・アンダーソンは25歳。
対して、鬼塚は17歳と極めて若い。
今後の彼女の成長を考えれば、五輪でのメダルを獲る可能性は高く、鬼塚のさらなる成長をサポートする体制が日本スノーボード界にとって必要になって来ると言えそうだ。

news160124b

LAAX OPEN 2016
Slopestyle FInals Women
1 Jamie Anderson USA
2 Christy Prior NZL
3 Miyabi Onitsuka JPN
4 Silje Norendal NOR
5 Spencer O’Brien
6 Chery Mass

 

一方男子スロープスタイルで期待された角野友基、今回は決勝3本とも決めることができずに、11位に散った。
しかし、ランの中にフロントサイド・トリプルコーク1440を決めれたことは大きな収穫。次戦はいよいよX-Gamesが控えているだけに、期待したい。

優勝は、マーク・マクモリス、また2位にはタイラー・ニコルソン。そして久しぶりにセバスチャン・トータントが3位と表彰台に立った。

 

男子スロープスタイル結果ファイナル12名の成績
http://live.rawmotion.com/live/public/LAAXOpen2016/contestpart/show/7331

●決勝ハイライト動画はリリースもらいしだい、すぐにアップします!

2018年の冬季五輪は韓国でなく日本で開催!?

なんと前代未聞!五輪の開催地が韓国から変更して日本になるかもしれない、ということを日刊ゲンダイが報じている。

news160122d

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/173538

本当に冬季五輪が韓国・平昌で開催できるのか?ということは、かねてから出ていたが、その現実味が出て来た内容だ。
「会場整備の遅れ」「深刻的な雪不足」というのが、主な理由。

特にダウンヒルなどアルペン系のレースは、本格的なコース作りができなければ代案地も必要になって来るだろう。
2月6日から滑降とスーパー大回転のテストイベントを兼ねたW杯開催が予定されているが、競技の結果次第では五輪本大会の会場変更を余儀なくされそうだという。

思えば2010年のバンクーバー五輪でも雪不足に泣かされたが、なんとか開催できた。
スキー、スノーボードのフリースタイル種目は、バンクーバー近郊のサイプレス・マウンテンで行われ、アルペンなどの滑降種目はウィスラーで開催された。

もしかしたら、平昌でも一部の種目は日本に移されるのかも。
だけど、人気が高いスノーボード種目を手放すとは考え難いが。スノボ種目が日本にやって来たら嬉しいミラクル開催だけどね。

 

鬼塚 雅 すでに本気シーズンイン! in オーストリア

 

昨シーズンのスノーボード世界選手権の覇者、鬼塚 雅がすでにオーストリアで本気シーズンイン!

news151110d

この時期にして充実なパーク・アイテム施設を誇るスチューバイ・グレーシアにて単身強化合宿。地元の仲良しRed Bull同チーム仲間でもあるアナ・ガッサーらと充実した日々を送っている。

現在の状況は、オーストリアがベース。
先月末は、Red Bull主催によるFLUGTAG KOBE 2015で一時帰国するのもつかの間。とんぼ返りでオーストリアに戻り、再びパーク・ライドに励んでいる。日本に帰っていた時期は返って時差ボケになるそうで、現在はヨーロッパで全力を尽くせるコンディショニングを保っている状況だ。

なんでもこの時期のスチューバイは、リフト待ち激混みということだが、スペシャルパスを使って高速ラインナップを実現!
朝イチから昼頃まで集中してガンガン・ライディングしている。キッカーは3連、この時期にして良いサイズの大きさなので、とても良い練習環境だそうだ。

DMKは、そんな合宿中の雅ちゃんをインスブルックでキャッチ!この合宿の様子など聞かせてもらいました。

回転数の向上も1つのテーマだが、それ以上にグラブの質など、同じトリックでもよりスタイリッシュになるように励んでる。
今週末には、六本木で開催されるBurton Rail Daysのために帰国するのだが、それまでオーストリアでの合宿が続く。

昨年、世界王者になったことで、俄然、注目されマークもされる立場のシーズンとなるが、12月のコロラド・ブリッケンリッジDEW TOURを始めにオリンピックに向かって駆け巡るシーズンだ。

 

フェンウェイ・パークでUSグランプリのビッグエアー開催へ!

 

アメリカ、メジャーリーグの中でも屈指のヒストリーチーム、ボストン・レッドソックス。あの高さ11メートルのグリーンモンスターを超えるホームラン、さらにはクローザー上原の活躍に胸踊らされた方もいるだろう。そんな歴史ある球場で、なんとスノーボードのビッグエアー大会が行われることになった!

news150727a

仕掛けたのは、アメリカ・ナショナルチーム、USSA。アメリカの威信を掛けてビッグ・イベント、USグランプリ(USSA Grand Prix Big Air )を投入した。

開催日程は、2016年2月11日(木)、12日(金)。
11日に、男女スノーボード種目が開催され、12日にスキーのビッグエアーが行われる。

>>>> 続きを読む

【動画】世界と戦うために広野あさみがダブルコーク練習開始!

 

世界と戦うために!富山キングスで広野あさみがダブルコーク練習開始!
その挑戦ドキュメンタリー動画『あさみだぶる』がアップ。

感動の一日をどうぞ。

富山KINGSライダー・広野あさみが初めてダブルコークにチャレンジ。900やる筈­がなぜか1080に向かってます。

 

パラレルスラローム五輪種目への署名運動

 

先日、次の五輪、韓国・平昌大会でビッグエアー種目が採用され、先のソチ五輪で採用されたパラレルスラロームが代わりに無くなったというリリースをしたが、現在そのパラレルスラロームを復活させようとしている署名運動が始まっている。

news150618d

スノーボーダーとしては、ビッグエアー種目が加わったことで嬉しい一方で、2つの内のアルペン種目の1つが無くなったことは複雑な思いだろう。人気の観点からすると確かにビッグエアーの方がずっと高いだろうが、よりカービング感覚を味わえるアルペンというのもスノーボードの魅力である。

スノーボードのアルペン種目は、長野五輪で始まった。長野では一人で滑りタイムを競うジャイアン・スラロームが採用。長野の次の2002のソルトレイク五輪からは、よりスリリングな二人同時に滑走しスピードを争う、パラレル・ジャイアント・スラロームが採用された。そして、先のソチ五輪ではジャイアント・スラロームよりも旗門間隔が狭くよりテクニカルな技術が求められるパラレル・スラロームも採用され、アルペン種目は2つになった。ソチ五輪で竹内智香が2種目メダルを応援した人もきっと少なくないハズだ。

その竹内選手も、今回、パラレルスラロームが無くなったことでひじょうに危惧している。(以下、彼女の思いを伝えるブログ)
http://blog.tomoka-t.net/archives/1804493.html

この運動に賛同される方は、ぜひ署名しよう!

 

 

注目のビッグエアーのワールドカップ日程が早くも決定!

 

先ごろ、韓国平昌オリンピックの新五輪種目のスノーボード・ビッグエアー。そのFISワールドカップの開催日程が早くも本日発表があったので、ご紹介しよう!

news150610b

11月15日 イギリス/ロンドン
12月19日 トルコ/イスタンブール
2月11日 アメリカ/開催都市未定
2月12日、13日(土)カナダ/ケベック
4月15日、16日 オーストリア/開催都市未定

特徴的なのは、多くのビッグエアー大会は、土曜日という最も人が集まりやすい時期に開催されて、ロンドンやイスタンブールなど、本来ならスノー競技など行われない大都市で開催されるということ。
また、2月11日のアメリカ開催の後、すかさずカナダのケベックでの大会が決まっているので、その開催場所と日程の調整がどうなるか。

それと、他のスノーボードのビッグ大会の絡みとしては、US OPENというスノーボードで最もヒストリーを持つ大会が、男女のビッグエアー大会を行うかどうか。
また、X-Gamesでは過去、男子だけのビッグエアーを開催されているが、女子を行うかどうかも注目される。

ちなみに、今回の新スキー、スノーボード種目の採用の中にあって、「なぜスキーのビッグエアーがなかったんだ!」というスキーヤーからの声は大きい。
確かにビッグエアーを世に知らしめたのはスノーボードかもしれないが、近年、スキーのビッグエアーのトリックはスノーボードにも負けないほど豪快でテクニカル。スキーヤーの立場になれば、可愛そうな感じもする。

 

女子もビッグエアー五輪に参加します!

 

今、現在、世界の報道から次回、平昌五輪の新種目について発信されているが、女子もビッグエアー五輪に参加することがわかった!

news150609r

また、読者の方から、女子のビッグエアーはFISのワールドカップでは行われているというご指摘もあったので、合わせてそのことをお伝えします。

以下、女子の五輪が決まり、俄然注目度が増すことになった世界選手権の覇者、鬼塚雅選手のコメント。

「以前からもしかしたらビッグエアーが新種目になるかも?!と予測してました。その準備としてオニールエボリューションなどに出場してました。
これから先は2種目両方の練習するのでもっと大変になるかと思いますが、クエスト、キングスで技を磨いて頑張ります!」