Category: 平昌オリンピック

平昌オリンピック スノーボード完全ガイド【日程、競技説明、主要選手まとめ】 

 

メダル獲得ラッシュ期待!
平昌オリンピック スノーボード完全ガイド【日程、競技説明、主要選手まとめ】

メダル獲得ラッシュが期待される平昌オリンピックのスノーボード種目。
前回ソチでは、ハーフパイプで平野歩夢が銀メダル獲得、平岡卓が銅メダルを獲得し遂に日本スノーボード界の悲願、オリンピックのメダリストが誕生!その模様は日本中に大きな話題をふりまいた。
さらにアルペン女子でも、竹内智香がパラレル大回転で銀メダルに輝き、その戦い模様は大きな感動を与えた。
今回の平昌オリンピックでもメダル獲得の期待の選手が揃い、スノーボードという種目が大きな注目を浴びそう。
そこで、オリンピックのスノーボード種目にはどんなものがあり、また有力選手の特徴などをまとめてみた。
スノーボードのことをよく知らない方も、よく知っている方もオリンピックが楽しめますように!
来たるべきオリンピックに向けて、ご参照ください。

>>>> 続きを読む

ワールドカップNZ大会現地レポート 1,2フィニッシュで沸いた舞台裏の真実

 

日本人の1、2フィニッシュでスノーボード界だけでなく、一般メディアまで大きな話題を振る舞いたニュージーランドで行われた男子スノーボード・ハーフパイプW杯。
戸塚選手、平野選手の表彰台は、日本中のスノーボード・ファンに夢を与えたが、一方、そこには見えていない舞台裏の真実もある。

平岡卓の後援会の会長で、長年、ワールドカップ、オリンピック大会を視察して来た山田 幸彦氏が、現地ニュージーランドでワールドカップ「生」観戦。これまでメディアが伝えて来なかったディープな内容レポートを自身のフェイスブックで発表した!

現地視察した関係者ならでの興味深いレポート。山田氏に許可をいただき、ここにリリース!!

Report & Photos: 山田 幸彦(HOOD,INC 代表)

今回、遠かったけど久しぶりで南半球のFISワールドカップNZ大会に、卓や日本チームを応援に行って本当に良かった。
昨シーズンはいろんな事があって、すごく心配した年だったけど、今こうやってワールドカップの初戦を迎えられ、これまでたくさんご心配いただいた方々、またチーム再編成に向けてご尽力いただいた皆様に本当に感謝したいと思います。

ちょっと長くなるけど、日本チーム全員の滑りを生で見てきた者として、僕なりにWC杯の決勝を振り返ってみました。
予選の結果は、すでにたくさんのNEWSやSNS等で発信されてますので省略させてください。

>>>> 続きを読む

W杯スノーボード・クロス アルゼンチン大会ハイライト動画

 

雪上の格闘技とも言われるスノーボード・クロス。
4人の選手が一同にスタートし勝敗を決める戦いはスリル満点。

アルゼンチンで行われたワールドカップでのスノーボード・クロス男女のハイライト動画がアップされたので、ご紹介しよう。

女子リゾルト
https://data.fis-ski.com/dynamic/results.html?sector=SB&raceid=14191

男子リゾルト
https://data.fis-ski.com/dynamic/results.html?sector=SB&raceid=14192

W杯1、2フィニッシュを決めた戸塚、平野のハイライト動画!オリンピックの鍵となるトリックは?

 

ニュージーランドのカードローナで行われたワールドカップ男子ハーフパイプ、トップ3選手のハイライト動画。

改めて振り返ろう。1、2フィニッシュを決めた戸塚優斗、平野歩夢の決勝ルーティーン。

平野歩夢
バックサイド・インディ→フロントサイド・ダブルコーク1080→キャブ・ダブルコーク1080→フロントサイド・ダブルコーク1260→バックサイド540

戸塚優斗
フロントサイド1080→キャブ・ダブルコーク1080→フロントサイド1260→バックサイド540→フロントサイド・ダブルコーク1080

オリンピックの鍵となるトリックは?

平野は最初の1本目、巨大メランコリーを狙ったいってようだが、バランスを崩しインディで対応。
しかし、2つ目のフロントサイド・ダブルコーク1080は鮮やかに決めて、すでにランを落ち着かせることに成功している。このあたりはさすが。
さらにキャブ・ダブルコーク1080からのフロントサイド・ダブルコーク1260という高回転のオンパレードで迫力を感じる。

戸塚は、全体的なランの印象としてパーフェクト感があり、また1080以上の技を4つも入れている点で、平野を上回った。しかし、一方の平野は2本目に失敗こそしたが、フロントサイド・ダブルコーク1440(ヨーロー・フリップ)をトライしたということで、より高いレベルを目指しオリンピックへ向かっている。

ヨーロー・フリップと言えば、あの前回ソチ五輪でユーリ・ポドラチコフが決めた技で、あの時、多くのスノーボード関係者は、「ユーリは、その技だけが強調され平野よりもジャッジングの得点は上回ったが、平野の方がより高い演技をした。」と言われた。

平野にしてみれば、あの二の舞はしないとばかりに、フロントサイド・ダブルコーク1440を習得に励んでいるのかもしれない。
今後、大会で決めるのも時間の問題ではないだろうか。

4年前のオリンピックに比べて男子ハーフパイプも着実にレベルアップ。フロントサイド・ダブルコーク1440は1つの大きな鍵となるトリックとなりそうだ。

 

【動画】NZワールドカップ女子トップ3ハイライト オリンピック展望

 

ニュージーランドのカードローナで行われたワールドカップ女子ハーフパイプ、トップ3選手のハイライト動画。

優勝を逃し2位に甘んじたケリー・クラークだが、やはり一発目の高さあるエアー、力強さは他を圧倒する印象。
フロントサイド1080は着地がやや乱れたところもあったが、決めるあたりはさすが女王。
最後に決めたコークは、オリンピックでダブルコークを決める布石か。

一方、優勝したクロエ・キムは、全体的に乱れなくスムースに決めることに成功し、優勝につながった。
メソッドからのフロントサイド1080、さらにキャブ720、アーリーウープ、そして最後はマックツイスト。

当日は、悪天候で選手も本来の実力を出すのが難しいコンディションであったと言われているが、そんな中でもスムースに決めることができたクロエに軍配が上がった。

オリンピック女子ハーフパイプ展望

今回、スムースなランでクロエが優勝したように、オリンピックでも、ちょっとしたミスが致命傷となりうることが予想され、選手はオリンピックまでに持ち技の完成度をどこまで上げるかが、勝負の鍵となるだろう。

肝心のルーティーンとしては、フロントサイド1080からのキャブ1080という1080コンボが出そうな感じがする。
実際、クロエは今回決めることできなかったが試みていて、すでに練習では何度かメイクしているようだ。

また、女子の方でもダブルコークなど縦回転による高難度トリックが出て来ることは間違いなし。
フラットスピンでは900から1080、さらにダブルコークなど3D系トリックを織り交ぜて、ルーティーンを組み立てることが予想される。

WinterGamesNZから公開された戸塚優斗のVラン

 

初出場で初優勝という快挙を成し遂げた話題の15歳、戸塚優斗のビクトリー・ランが、WinterGamesNZから公開!

@yuto_totsuka aced his winning run during yesterday’s Snowboard Halfpipe WC! #Audiquattro #WGNZ

WinterGamesNZさん(@wintergamesnz)がシェアした投稿 –

主要各紙が報道した戸塚優斗のW杯優勝報道!

 

スノーボード・メディア含め、正直ほぼノーマークだった戸塚優斗が、W杯優勝を受け、各新聞メディアが一斉に報道した!
スポーツ報知では、「五輪派遣推薦基準満たす」という見出しで紹介。
以下、各メディアの報道をご紹介。

戸塚優斗のW杯優勝報道!

NHK NEWS
スノボハーフパイプW杯 15歳戸塚が初出場で初優勝
「信じられません。尊敬する平野選手に勝てたのもうれしいですし、ライバルになれたという気持ちもあります。今後も頑張ってピョンチャンオリンピックに出たいです」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170908/k10011131651000.html

朝日新聞
高1戸塚「信じられないくらいうれしい」 スノボW杯V
「平野歩夢選手がトップだったので、それを超せるように攻めました」
http://www.asahi.com/articles/ASK983H1MK98UTQP00H.html

日刊スポーツ
15歳戸塚優斗が初優勝「五輪出たい」スノボW杯
「初優勝は今後も続くW杯への自信になる。これからも頑張って成績を残して、来年の平昌冬季五輪に出たい。」
https://www.nikkansports.com/sports/news/1884553.html

スポーツ報知
15歳・戸塚優斗、W杯初挑戦で優勝 五輪派遣推薦基準満たす
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20170909-OHT1T50037.html

 

【動画】戸塚優斗(15歳)ワールドカップ初出場で初優勝の快挙ラン!

 

2017年9月8日、ニュージーランドのカードローナにて歴史が動いた。
戸塚優斗(15歳)が、ワールドカップのハーフパイプ種目で初出場で初優勝の快挙!

優勝を決めたルーティーンは、
フロントサイド1080→キャブ・ダブルコーク1080→フロントサイド1260→バックサイド540→フロントサイド・ダブルコーク1080
93.25という高得点を獲得!!

映像は、戸塚優斗選手がスポンサードを受けるスノーボード・ショップ、Heven Store.中本健太郎氏にご提供していただきました。

今回の優勝に関しては、中本氏は「感激のあまり涙した。」とのこと。
また「首都圏からの初めてのオリンピック選出したい。平昌行きます!!」と力強いコメントをいただいた。

おめでとうございます!!!

 

戸塚優斗プロフィール

生年月日:2001年9月27日(15歳)
血液型:A型
光明学園 相模原高等学校 1年生在学中

SPONSORS: Yonex, Smith, Flux, 高鷲スノーパーク, Heven Store.

スタンス:レギュラー
幅54cm
前15度、後-12度

好きなこと:音楽を聞くこと。友達と過ごす時間。

経歴

・2歳からスノーボードを始め、小学2年生頃から競技としてトレーニング開始。

・小学3年生からハーフパイプを始め小学5年生でJSBA(日本スノーボード協会)プロに昇格。

・小学5年生同時にHEAVEN STORE.、YONEXからスポンサードされる。

・中学3年生からSAJ(日本スキー連盟)のハーフパイプ・ナショナルチーム育成枠へ招集される。

・高校1年生にSAJハーフパイプ・ナショナルチームに昇格。

・現在2018年平昌オリンピックのハーフパイプ日本代表を目指している。

 

2016-17 大会戦歴

宮様ジュニアスノーボード競技会 優勝
第72回長野団体ハーフパイプ中学男子 優勝
JOCジュニアオリンピックカップ男子総合 優勝
2017全日本ジュニアスキー選手権大会 男子総合 優勝
JOC全日本ジュニアスキー選手権大会 男子中学生の部 優勝
FIS 第23界全日本スキー選手権大会 HP男子 優勝

※プロフィール情報ご提供:Heven Store.

 

W杯速報!戸塚 優斗が初優勝!2位に平野 歩夢!!

 

ニュージーランドのカードローナで行われたワールドカップ男子ハーフパイプで、W杯初出場の戸塚 優斗(15歳)が優勝!!!
2位にはソチ五輪銀メダリストの平野 歩夢が入った。

1本目の時点では、平野歩夢が1位となりそのまま優勝かと思われたが、戸塚 優斗が2本目で93.25というハイスコアを出し、見事にワールドカップ初優勝を飾った。日本勢に新たなヒーローが加わり、オリンピックでは表彰台独占も夢ではない状況となって来た。

予選1位通過で期待が高まった片山來夢は、残念ながら最終結果は11位。
セミファイナルから決勝へ駆け上がった平岡卓は7位となった。

女子ハーフパイプでは、大江光が5位に入りオリンピックへ弾みをつけた。

FIS SNOWBOARD WORLD CUP 2018
Mens Halfpipe Results
1 Yuto Totsuya JPN 93.25
2 Ayumu Hirano JPN 92.25
3 Patrick Burgner SUI 88.50

Ladies Halfpipe Results
1 Chloe Kim USA 90.50
2 Kelly Clark USA 88.00
3 Maddie Mastro USA 83.25