Category: news

SIMS保有Huffy Corporation社が民事再生へ

かつてBURTONと2大ブランド時代を築き上げて来たSIMSはどうなる!? SIMSスノーボードなど、多くのスポーツ・ブランドを保有する Huffy Corporation社が、ウエブサイトのメディア・リリースで「 民事再生を受け裁判所から5000万ドルの資金調達を受けるの承認を得た」と発表した。

ここのところ世の中で、多くの買収話が増え、スノーボード界でも1999年にK2がMORROWを買収するのに始まり、翌年RIDEの買収。さらに今年に入ってBURTONがFORUMを買収するなど業界再編成がどんどん進んでいる。そして、その波に飲まれるかのように、SIMSは Huffy Corporation社のコントロール支配に入ったが、そのHuffy Corporation社が民事再生を受けるとは!
それにしてもHuffy Corporation社が扱うブランド数とその多様性には驚かされる。スノーボードでは、 SIMSを始め、LAMAR、OXYGENなど、さらにはバスケットボール、ホッケー、サッカー、スキー、バレーボール、自転車、ゴルフ、スケートボードなどのブランドも抱えているから驚きだ。この多くのブランド数と多様性に、米国量販店での販売が主であることを伺わせる。 SIMSと言うと、マーク・フランク・モントーヤ、クリス・ダフィシィ、タラ・ダギラスというスノーボード界でもかなり有名で実力者の集いで、この業界では歴史も含めアドバンテージがあるのだが、同グループのブランド保有数により、何かコア層から敬遠されがちな部分も否定できない。
そう言えば、BURTONがFORUMを買収した時にも一部の北米ライダーたちから、もうFORUMはコア層に見向きされないのでは?という懸念が走ったことを思い出させる。 ただ、スノーボードはコア層だけでは商売は成り立たず、また一般層だけ見てもブランド・イメージは上がらず、何か横乗りスポーツの独特なビジネスの難しさも、今回の Huffy Corporation社の民事再生ニュースで表したような格好だ。
かつて、クレイグ・ケリー、ティム・ウインデル、バート・ラマーなどスノーボード界の多くの伝説ライダーを生んで来たSIMSの行く末はどうなるのだろうか? ダイエーの再生機構問題のように球団を売却するとかの話でゴタゴタしないといいのだけど。
ともかく、どういう形であれ、スノーボード界で歴史に刻んだSIMSの功績がなくなるわけではないので、これからの復活ストーリーに期待したいところ。

●以下、Huffy Corporation社のウエブサイトとメディア・リリースのページ
http://www.huffy.com/
http://www.corporate-ir.net/ireye/ir_site.zhtml?ticker=HUF&script=400

おひげステッカー当選者発表!

大変長らくお待たせしました。先月お知らせしたケビン・サンサローンからいただいた「おひげステッカー」の当選者発表です。たくさんのご応募ありがとうございました。
以下、当選したラッキーな人です!

名倉 拓也(京都府)
久保田 隆仁(東京都)
藤岡 宏章(滋賀県)
千葉 学(福島県)
藤原 二朗(島根県)

プレゼントは明日カナダから発送されます。到着は1週間以内予定。おひげステッカー以外にもdmkスポンサー関連、さらにはフサキ編注長の伝手で集めた日本では手に入らないかも?ステッカーもあるので、お楽しみに!

良いシーズン到来!? 北海道で初雪便り

23日北海道で初雪が観測された!旭川市や稚内市でうっすら雪化粧姿も現れたぞ。札幌管区気象台によると11月中旬の寒さということで、スノーボーダーたちは嬉しい便り。猛暑の夏がやって来た年には、多くの雪が降ると言われているが、今年はかなり行けそうな気配プンプン。すでに暖房をつけた方も多いと思われるが、気づけばもう冬の足音が聞こえるという時期がすでに目の前までやって来ているようだ。冬の体力作り、ボードのチューンナップなど準備OK?

ちなみにdmk本部があるカナダ・ウィスラーでも今年初の里レベルでの雪を観測! ほんのわずかだが、粉雪がパラパラと舞った。日本もカナダも良いシーズンになりそうだ。

トッドリチャーズはどこへ、そしてROSSIGNOLは??

ROSSIGNOLの公式ホームページがリニューアルされた。しかし、Productのページにトッド・リチャーズのモデルが載っているものの、ライダーのページにトッドリチャーズの文字はない・・・。一説によるとトッド・リチャーズとROSSIGNOLとの契約はすでに切れており、今後トッド側に契約更新する意思はないという。ではトッドはどこに行ってしまうのか?
思えばROSSIGNOLの移籍も波乱含みだった。それまで契約してきたモローとの契約が更新されないまま大会で優勝したトッド・リチャーズは表彰台で頂点に登るとなんと真っ黒なスノーボードをおもいっきり掲げた。そこには「This Space for RENT!!(この場所貸し出します)」の文字があっ
た。その後ROSSIGNOLと契約。自身のシグネーチャーモデルを発表し、ROSSIGNOLとのパートナーシップは順調かに見えていた。しかし今年のTEAMからトッドの名前は消えている・・・。
また違う情報筋によると「今後トッドはウエアで契約しているQUICKSILVERグループに属するようになり、QUICKSILVERグループの呈示するブランドに乗る。そのブランドはたぶん○○になるだろう・・・」との話もある。ここでは未確認の情報だけに具体的なブランド名は出さないが現在水面下でいろいろな動きがあるようだ。
ROSSIGNOLと言えば布施忠(現BURTON)が抜けたばかりで、その前にはアンドリュー・クロフォード(現NITRO)もチームから去っている。ここに来てBIGネームのチームからの脱退はROSSIGNOLのマネジメント戦略なのか?それとも・・・??
同じように興味深い事実として昨シーズン末にROSSIGNOLはそれまで販売を行って来た日本の商社との契約を打ち切り、日本にGROUP ROSSIGNOLという会社を立ち上げ日本市場に直接働きかけるような体制を取ったばかり。だが、なんと今期ROSSIGNOLはJSBAの公式用具の認定申請を行っていないようなのだ。これはJSBAイヤーブックを見るとわかるのだが、このイヤーブックが発表された時点では少なくとも公式用具の認定が降りていない。(もちろんユーザー保護のため今シーズンROSSIGNOLのボード・バインディング・ブーツを使ってのJSBAのバッジテストや大会参加はできるようになっている)
なにやら不穏な空気の漂うROSSIGNOLだがその真相は近日中に明らかになってくるだろう。これまで多くのユーザーに素晴らしいギアを提供して来たROSSIGNOLだけに、業界全体を良い方向に持って行くような動きを期待したい。

●以下、ROSSIGNOL公式ウエブサイト
http://www.rossignolsnowboards.com

dmkクラブがファミリー会員をスタート

世界一のアットホームで楽しいスノーボード・クラブを目指すdmkクラブが、ファミリー会員をスタートさせた。このメンバーは、1家族で1メール・アドレスなら、入会金は一人分の3000円しかいただかない、というもの。例えば、4人家族でもdmkクラブからメールマガジン用のアドレスを1つにするなら、入会金は一人分になる。現在、会員の方でも例えば、妻にもdmkクラブのキャンプやツアーに参加させたいと思えば、「妻を会員にする」ことをdmkに連絡していただければ、会員として登録できる。

今回このようなファミリー会員を作った背景には、日本全国にスノーボードの楽しさをもっと広げたい、というdmkクラブの意向が強い。特にスノーボードは近年どんどん新規参入者が減り、業界も縮小される流れにあるが、こういった流れを止めるためにもdmkクラブは初心者にやさしいスノーボード・クラブを目指す。そこで、今年はその第一弾キャンプとして、BURTONのLTRプログラム(注:初心者を安全に短時間で上達させてくれるプログラム)やCCC Desighn & Hazakプロテクターの協力の元、タングラムスキーサーカスで、「dmk!初心者スノーボーダー救出大作戦キャンプ in TANGRAM」が行われるのだ。

またdmk責任者であるフサキは、常日頃から日本でのスポーツ・ビジネスが欧米に比べてファミリーに対してあまりフォローしていないことを感じている。例えば、メジャーリーグでは、ファミリー・チケットなるものがあり、ホットドック&ドリンク付きで安いチケットを売っていたり、またカナダ・ウィスラーのゲレンデでは、両親パスとうものがあり片方の両親がいつでも子供と山に行けるパスが、通常の一人分のシーズンパス代で販売している。このような処置は、各業界が子供にそのスポーツの楽しさを伝えなければ、将来業界に未来はない、という観念の元に作られている。日本でもこういった動きはないこともないが、欧米に比べるとまだまだ弱い。そこでdmkクラブではいち早くファミリー会員を作ったということなのだ。

スノーボードが好きになった者は、その楽しさに虜になり、誰でも夢中になる時期というのが来るもの。そして、その後にはその楽しさをもっとたくさんに広げたい、と思うのは自然な感覚とも言えるだろう。dmkスタッフは、スノーボードを長年やって来た者として、その楽しさを多くの人に知っていただきたい、と思っているのだ。

●会員に関するお問い合わせは、dmk責任者、及び会員管理責任者でもあるフサキの方までお気軽にお問い合わせください。以下、メール・アドレス。
fusaki@dmksnowboard.com

●以下、会員登録フォームのページ
http://www.dmksnowboard.com/club/form/clubmember/form-mail.html

バックカントリーで有名な永井拓三ウエブサイトがリニューアル

群馬県を中心に活動するスノーボーダー、山岳ガイド、雪氷研究者の永井拓三のウエブサイトがリニューアルされた。
ビッグマウンテン・スノーボードの世界観他、雪崩災害の研究者としての活動の様子が分かるコンテンツが用意されている。
また、雪山で威力を発揮するおすすめのギア紹介なども行っている。
(以下、ウエブサイトのアドレス)
http://www.nagai-takumi.com


(大自然のパウダー・カーブを楽しむ永井拓三。ウエブサイトには、バックカントリー舞台の魅力的な写真がたくさんあるぞ!)

永井拓三(ながいたくみ)プロフィール
1977年(昭和52年)12月24日生まれ
理学修士(雪氷学)
日本山岳ガイド協会認定山岳ガイド
スポンサー:NIKE ACG、BURTON、VITORA、PLAYFORD、SWEET、TRIFORCE

どうしても今、滑りたい人はカリフルニアのマンモスへ!

スノーボード雑誌などよく読む方なら、カリフルニアのマンモスというのを聞いたことがあるに違いない。そう、春になると世界でも名高い巨大パークを作るリゾートだ。そのマンモスが、なんと先週の木曜日にオープンした。

今年はこの早い時期に猛吹雪による積雪により、3フィート(約1メートル)ほどの雪が降ったためにオープンしたということだ。このオープンの早さはここ10年で一番だとか。 本日の積雪量も3フィートから4フィート(約90cmから120cm)あるということで、十分にフリーランを楽しめる積雪量である。もう冬まで待ちきれない人は、遥々カリフルニア・マンモスまで行って来る!?

(猛吹雪により北米でもいち早くオープンしたマンモス。そろそろ待ちに待ったシーズンの到来だ!)


●以下、マンモスのウエブサイト・アドレス。
http://www.mammothmountain.com/

The 6th 04-05 NEW SNOWBAORDMOVIE試写会

チャンピオンビジョンズによる04/05シーズンのビデオ・リリースの新作試写会の開催が今年も決定した。今年で6回目となる今期の上映作品は、昨年に引き続き、大ヒットメーカープロダクションとなったROBOT FOODの「AfterLame」と、Kingpin Productionが提携し、そのテイストをアップカマーをフューチャーして表現するNEOPROTO FILMSの「Everyday Something」を予定。今年から開催場所を青山から渋谷のeggmanに移し、さらにパワーアップした試写会イベントになること間違いなし! チャンピオンビジョンズのウエブサイトから割り引きクーポンをダウンロードして行こう!
dmkでもお馴染みの加藤高正、C★4も来場参加予定リストに入っているぞ。
(以下、チャンピオンビジョンズのウエブサイト・アドレス)
http://www.championvisions.com

◆ 試写作品:
・AfterLame(制作会社:ROBOT FOOD)
・Everyday Something(制作会社:NEOPROTO FILMS)
◆開催予定日時:2004年9月20日(月曜日/敬老の日) 16:00 OPEN – 21:40 CLOSE
◆開催場所:shibuya eggman
◆主催:チャンピオンビジョンズワールド・インク
◆運営、協力:shibuya eggman
◆協賛:株式会社カーメイト (FLUX BINDINGS)
◆協力:サロモンスノーボード、K2スノーボード・他
◆後援:SnowStyle、SBN、high-soft、RealSnowBoading、HEAVY SNOWker、X-spo
◆入場料金:¥2,500 (with 1 Drink)
◆来場予定ゲスト:Robbie Sell、Corey Smith、David Benedek、Scotty Arnold、Louie Foutain、Shaun Mckay、福山正和、林正久、浅岡伸一、C★4、ZAPPE、JT、笠原啓二郎、土橋伸吾、加藤高正、露崎訓史
◆参加予定バンド:LO-LITE、SideRope、コーガニズムオーケストラ
◆DJ:YUGO(Mixlogist)、WA5HEI(Mixlogist)、MORICAWA(DOGGY ROCK/Low Cal Ball)
◆MC:MIURA
◆ ローソンチケット Lコード:34091
※収容人数の都合上、当日の入場を制限させていただく場合がございます。
※表記ゲストライダーは予定です。予告無く変更することがございます。

FCビデオ最新作東京試写会決定!

ファーストチルドレンが10月にリリースする最新作「ボードゲーム」の発売を記念して、プレミア試写会ライブイベントが開催決定! 今年で第7弾となるFCムービーをいち早くチェックできるぞ。もちろんスモーガス&マスラオコミッショナーのライブも同時開催。当日はFCライダーも大集合のお祭りイベント。これは要チェック!!

会場:SHIBUYA O-EAST
日程:10月2日(土)18:00開演
入場料:前売り¥2,500、当日¥3,000(どちらもドリンク別)
http://www16.ocn.ne.jp/~fc-event

トラビス・ライスJEENYUS、マーク・フランク・モントーヤはFORUMへ!?

スノーボード界に潜む住民たちの間では、常に噂が付きまとう。そんな噂をすべて信じていたら、正しくないニュースばかりを発信してしまうが、今回の情報源はかなり信憑性があるので、久々に大物ライダー移籍か!?というニュースをお伝えしよう。

まず、トラビス・ライスのJEENYUS話だが、これは今月頭から囁かれていた。すでに日本の一部業界関係者にまで知れ渡っていたが、ここへ来てかなり信憑性の高いルートから「トラビスは300000ドル(日本円で3千万円以上)で契約した」という具体的数字まで情報が流れて来たのだ。 今年になってROSSIGNOLでは布施忠やアンドリュー・クロフォードを失ったり、またウエブサイトではトッド・リチャードを掲載していなかったりと、ライダーの移籍話が耐えない状況でどうもパワー・ダウンの印象を否めない。その流れの中で、トラビスがJEENYUSに移籍することは十分に考えられる。

また、マーク・フランク・モントーヤの移籍は、未だに?マークだが、この情報源は北米のフイルム・クルーから来たもので、彼らの過去の情報がほとんど当たっていたことを考えると、この移籍話も十分にありえる。具体的にFORUMという名前が出ている以上は、すでに何らかの接触があったということで間違いないだろう。 どちらの話もまだ確定でないので、これでメーカーのイメージがどーのこーのという段階ではないが、今年の大物ライダーの流れを考えると、BURTONが大きな影響力を発揮しているように見える。 7月にBURTONが「FORUM、JEENYUS他Fourstar系ブランドを買収する」というニュースがあり、さらに布施忠や中井孝治の獲得するニュースもあった。そしてBURTONがFourstar系ブランドをどのように舵取りするかという興味もあったわけだが、ここへ来てトラビス・ライスがJEENYUS、さらにはマーク・フランク・モントーヤがFORUMということで、実にうまく収まるようなストーリー展開とも言える。なぜなら、マーク・フランク・モントーヤがBURTONに移籍するというのは、昔で言うショーン・パーマーがBURTONに移籍するようにあり得ない話のようだからだ。いくらBURTONがFORUMを買収したと言えども、マーク・フランク・モントーヤがFORUMに移籍するのは、イメージ的にもスムーズな展開と言えないだろうか。わかりやすく言えば、マーク・フランク・モントーヤもBURTON王国に入ったとも言えないが、FORUMというワンクッション置いているところがミソなのである。 こう聞くと「ちぇっ、MFM(マーク・フランク・モントーヤ)もBURTON軍団の輩か」という悪態を付く人も出そうだが、ただBURTONも各々のFourstar系ブランドをリスペクトして成長させて行きたい、という意向だから、そういったところがマーク・フランク・モントーヤにしてもトラビス・ライスにしても受け入れられるのではないか、と推測される。

ここまで伝えると本当に移籍話がすでに成り立っているようにも感じるが、これはあくまでも推測で、以上説明したことと、さらには最近の「BURTONがマーケット会社マンダレイ・エンターテイメントと業務提携」&「SIMS保有Huffy Corporation社が民事再生へ」というニュースにも絡ませて、dmkで勝手に推測を立ててみた、ということに過ぎないのであしからず。

BURTONがFORUM買収に至った背景とライダーの心配

スノーボード界の巨人ブランドであるBURTONが、コア系の雄ブランドFORUMを買収した話は、今年のニュースの中でもかなり大きい出来事であったが、その背景にはBURTONのスノーボード・ブランドがこの業界をリーディングする、という立場があったようだ。
業界トップ・クラスのライダー、数多くのイベント、スクールのプログラミングに至るまでこの業界をリーディングして来たと言えるBURTON。リーディング・カンパニーがその矛先を誤るとひじょうに怖いが、多くの業界関係者はBURTONが正しい選択をし続けていると考えているのではないだろうか。
そのBURTONが、FORUMを買収した背景には、元々他スポーツ&スキー・ブランドであったK社と、N社が買収しようとし、それを阻止する意味もあったと言われている。実際にK社やN社がFORUMを回収したことで、このスノーボード業界が誤った方向に行くとは考えにくいが、BURTONには生粋のスノーボード・ブランドが、しいてはスノーボーダーたちがこの業界を動かすべきだ、と考えていることが伺える。
この買収劇では、様々な憶測も出て、ライダー間の中には「BURTONはウォールマートなどの量販店にFORUMを売って、ブランドのイメージを壊す」なんて噂も出たが、先日、ビジネス向けのリリースで、あえてBURTONはFORUMをリスペクトし、これからもブランド・イメージを高めるよう努力すると説明した。FORUMというブランドは、元々コア系のトップ・ブランドで、コア系というのは長く続かないという歴史もあるのだが、ある意味、大手でないというところが1つの魅力であった。そんなFORUMが、これからBURTONという舵手にゆだねられたことで、どのようになって行くのかは定かでないが、ともかく世界のリーディング・ブランドとしてBURTONはこの業界を正しく導いていかなくてはならない使命があるのだろう。BURTONの手腕に期待したい。

SNOW ! in Whistler

ここのところ毎日、山の上では雪模様だったウィスラー。本日、久々にブルースカイの広がる天候の中、山を見上げれば一面白銀の世界! もう山の上ではすっかり冬の季節到来だ。今朝はビレッジ内もホワイトの世界が広がり、その正体は粉雪と霜である。吐く息が真っ白になり、肌が出ている顔や手が悴む陽気。思わず誰もが「寒~い」と言いながら、ごあいさつ。
ウィスラーのオープンは25日。今年はかなり良いシーズンになる予感プンプン。dmkの本部もあるウィスラーに、ぜひ起こしください!

(カナダ時間27日お昼頃のブラッコムweb cam映像から)


●以下、ウィスラー&ブラッコムのウエブサイト
http://www.whistlerblackcomb.com/

●以下、 SNOWboarder’s website製作したウィスラーの日本語ページ
http://www.dmksnowboard.com/whistler/index.htm

●以下、SNOWboarder’s website提供のウィスラー掲示板ページ
http://www.dmksnowboard.com/b2s/
(以上のページから「ウィスラー」をクリックしてご覧ください。)