Category: ハウツー

本邦初公開!フサキのSB的オフトレ術

本邦初公開!
フサキのSB的オフトレ術

先日メルマガで『専門的なジャンプ練習している』って書いたら、「それどんなトレーニング何ですか?」って何人かの方から聞かれた。いやあ、実を言うと大したことないってのが実情なんだけど・・・。それじゃあ、これを機会に自分が考案したトレーニング方法を紹介しよう、と思った。往来、ナショナルチーム選手がやっているようなスタージャンプとかそういうのもやるけど、自分で工夫したものだけを披露してみたい。なぜなら凄いバカげた練習なんだけど、実際、この練習が一番おもしろいし役に立つと思うから。多少周りから白い目で見られる可能性はあるけど、勇気がある人ぜひやってみて!
ところで今回はこのトレーニング効果を実感していただこうと、このようなトレーニングの未経験者を呼ぶことにした。今年、ウィスラーのクラブ活動でいっしょに参加する孝一(コウイチ)である。コウイチはまだ19歳でなんと自分の歳の半分!中学の時にはサッカー部で、ちょっと不良っぽい感じがいかににも運動センスありって感じ。でも、実際やったら、かなり辛そうだった。そんなに大変な運動だったかな!?
ともかく、昨日、僕たちがやった練習をここで再現しまーす!

Text: Fusaki Iida
Photo Takumi Ohara

今日はオレが考えた本邦初公開のトレーニング方法を紹介するぞ。よろしく!
こちらこそよろしくお願いします!

まずスノーボーダーというのは、踏むってことが大切なんだ。だから、こうして中間姿勢で保ち続けることが必要なんだよ。やってみな。
はい。

うわあ、これ結構、疲れますね。
そうだろ、結構、これだけでも疲れるもんだよ。でも、スノーボーダーというのは、こういう筋力が必要なんだ。なるべく、自分のスノーボードのスタンスといっしょくらいに構えるとより実践的だし良いトレーニング効果を発揮できる。
そうしたら、今度はその体勢からオーリーしてみな。

こうっすか?

よーし、高くていいぞ。そのまま連続10回やれ!
えっ、10回っすか!?
そうだ、そうだ早く10回行けー!そして今度はスイッチオーリー10回連続で返って来い。

ウッヒャー、これってハンパなく疲れますね。
バカヤロウ!これくらいで疲れているって言っていたら、スノーボードできないぞ。 スノーボーダーというのは、体力があった上に技術力をつけて、そしてさらに精神力も加わりうまくなっていくんだ。だけど最も基礎となるのが体力で、それのない奴は上達の壁にすぐにぶつかる。技術ばかり求めていても長い目で見たら、上達しないんだからな。

次は両足を揃えてカエルみたいに連続で跳ぼう。そして、絶対に着地した後、よろけちゃいけない。着地の後、踏ん張って、そこからさらに飛ぶことで効果が出る練習だ。よしっ、付いて来い。
はい。

うわあ、これも疲れますねえ。よろけたくなくても連続でやっていると、よろけてしまう・・・。
そうだろ。でも、よく頑張った。これでどれだけ耐えるか、それが着地の時の踏ん張りにもつながるんだ。日本人は基本的にこのへんが弱いと思う。いくらテクニックがあっても耐える力がないから、メイク率が低くなってしまう。着地する時、意地でもピタッと決まるように。
そう言えば、オリンピックの体操選手を見ていても、よろけると減点ですよね。
なかなか良いこと言うな。そうだよ、どれだけ凄い技でも最後よろけるってことはメイクしていなってことだからな。技術も重要だけど、こうした筋力も必要になるってわけさ。

なるほど。

次の練習は、これからオレが行うジャンプを真似してやること。今度はコウイチが何でもいいから違ったジャンプしてトリックの形を作る。それをオレが真似をする。それを交互に行うんだ。

これ、結構楽しいっすね!
そうだろ。これは、真似能力を鍛えるトレーニングでもあるんだ。あるライダーのカッコいいトリックを見るだろ。それがどんな動きで成立するか観察するんだ。足の先から手の先、そして肩の動きなど細かいところまで注意して観察するようにする。基本的なベーシック・トリックでもそれぞれで特長あるし、また回転系になると、かなり複雑になりま真似するのが難しくなる。

はあ~、なるほど。真似する能力を鍛えるってわけですね。
そう、同時に体力も鍛える。

よしっ、今度はあそこの坂をカエルみたいに両足でジャンプ上がって、降りて来る。上がる時には、脚の裏側の筋肉を鍛え、降りる時には脚の表側を鍛えることができる。
オレこれ得意っすよ。サッカーで鍛えたから。
能書きはいい、さっさと行くぞ!

次は段差を使った練習。両足揃えてジャンプして飛び乗り、またジャンプして返るんだ。この時もスノーボードをイメージしていることを忘れずに、なるべくスノーボードのスタンスでやること。
ジャンプで返る時にスピンとかしていいっすか?
それは良いアイデアだ!だけど、何度も言うけどスタンスのこと忘れるな。着地の時もしっかりと両足を広げてピタ着するんだ。結局、この手のトレーニングはスノーボーダーのスタンスから離れると効果が薄れるから。あくまでも実践を意識してやること。


よし、それじゃあ、いよいよセッションやるか。ここをゲレンデだと思え。おいしそうな壁あるだろ。思わずアーリーウープとか決めたくなるおいしそうなヒッツもあるだろう。
はあ~。
お前、そんな自信ない顔するな。もっとバカになるんだよ。今の奴はバカ度が足りなさ過ぎる。バカ正直とかバカ真面目とか、そういう奴がうまくなるんだ。ちゃんとスノーボードやっている気持ちでスタンス広げて行くぞ。付いて来い。ドロップ・イン!
うわあ、フサキさん、オレたち完全にバカっぽいですよー!
つべこべ言わずに付いて来やがれ!

うわあ、これかなりおもしろいですね!
そうだろ。
オレこういうの得意っすよ。スピンとかできますから。
それなら今度はお前が先に行け!
よっしゃ、ドロップ・イン!!
オーイ、コウヘイー!ダメだよ走ったら。もっとスノーボーダーっぽくスタンス横で攻めないと~。普通に走ったから、チャーリー(フサキの犬)乱入しちゃったよ(笑)。

いやあ、今日は楽しかったっす!どうも、ありがとうございました。
いや、こちらこそ撮影協力ありがとう。最後に記念撮影しよう。

それにしても疲れますねえ。
そうだろかなり短い時間だったけど良い運動になるし、何しろ楽しいしな。
よしっ、解散!

はい。
でも、ちょっと待て、帰り道も油断するな、途中ジブできるところたくさんあるから。
えっ、まだやりますか!?
あたり前だよ。スノーボード・バカになればどこでも練習できるんだ。付いて来い!
はい。

かくしてスノーボード・バカの旅は永遠に終わらないのだった・・・。

WEB

あなたのスノーボーディングに役立つかもしれない、大きなヒントがあるかも!
精神部分をサポートするハウツー・コラムがたくさんあります。
様々なレベル、多くのスノーボーダーのみなさんに役立てるように執筆しています。
by ハウツー天使フサキ

セルフイメージ

東京ドーム大会。あんなの見ちゃうと「うわあ、カッコいい~」って、思ってしまうね。「オレもあんなことやってみて~」って、思った人もいただろう。だけど、どこまで具体的にあの大会に参加した自分をイメージできた人がいるだろうか。

スタート台に立つ自分。激しい心臓の鼓動を深呼吸によって沈めようとする自分。スター選手が待ち構える中で、バインディングを付ける自分。いざアプローチの時、東京ドームの観客の多さ、そしてアプローチへの集中。華麗なるエアー、着地の時の大歓声! 表彰台に一番高いところに立ち、左右にトラビス・ライス、ショーン・ホワイトを見下ろす自分。

こういったことはセルフイメージと言うけど、人間はほぼ間違いなくセルフイメージなしに起こることなどあり得ないのではないだろうか。

東京ドームの例は極端だけど、ゲレンデを颯爽と滑る自分、大きなキッカーでスピンする自分、パウダーのスプレーを巻き起こす自分など、スノーボーダーそれぞれのレベルでセルフイメージを起こすことは可能だ。

例えば、今。明日、会社の通勤に颯爽と向かう自分を想像しよう。いつもの眠い自分ではなく、胸を張って背筋を伸ばして自信アリアリのように力強く歩く自分だ。こうしたセルフイメージをしっかりと持って、翌朝歩いてみたら、いつもの自分とちょっと違った自分を感じると思うよ。そう、『強くイメージしたことは実現できる!』って。

だから、スノーボードに対して、セルフイメージというのは躊躇せずに強く持っていた方がいい。というのもほとんどのケースでは、自分を勝手に過小評価して損していることが多いからだ。スノーボードに限らず何だってそうかもしれないけど、自分を不必要に過小評価することはないだろう。セルフイメージをしなければ、すべてのことは起こらないのだから。起こすためにスノーボードをやっているのだから。

もちろん過剰なアクションはケガにつながるけど、セルフイメージ自体は大きくていい。
あの東京ドームに立った選手たちのように。そう、それが凄く上達する人としない人の違いなんだ。

シモン・チェンバレンのオフトレ術

早いものでシモン・チェンバレンと出会ってから5シーズン目を迎えた。シモンは確実に毎年ステップアップして、今では世界のトップ・ライダーの仲間入り。誰もが認めるプロ・ライダーになった。その間、シモンのライディングはもちろん、考え方、またオフトレ練習など拝見して来た。今から紹介できることは、そのシモンのオフトレの一部だけど、こんなことをやっているんだよ、ということを紹介してみよう、と思う。そして、この企画がみなさんのスノーボーディングに参考になれば、と思う。

photo & text :Fusaki Iida

ボールを使ったトレーニング方法

これは昨年SnowBoarder誌の囲み記事のような扱いで紹介した、シモンのボールを使ったトレーニング方法だ。SnowBoarder誌のシモンのハウツーは毎年、自分が写真&ライティングを担当していて、シモンと相談しながら作っている。今年もSnowBoarder誌の2号でシモンの基本的なジブ・ハウツーをやったので、まだ見ていない人はぜひチェックしてみてほしい。

さて、このボール・トレーニングのテーマだが、主に腹付近の筋力を鍛えるためのものだ。腹筋、背筋は、バランスを取る重要な鍵となる筋力だし、トリックを決めるため、またリカバリーをするための大事な筋力だ。そこで、シモンはこのボールを使ったトレーニングを行っている。

まずは、ボールを使って腕立て伏せをやろう。
通常の腕立てよりも、体が起きている分だけ楽に感じるが、実際にはボールは転がりやすいので、バランスを保ち難い。ボールを一定の場所に保ち続けるのもハードだ。実際にやってみると、腕の力、また腹筋の力が必要とされることがわかる。

この腹筋の運動は、真っ直ぐに起きると腹筋の中央が鍛えられる。
そして左右に起きると、左右が鍛えられる。
ボールを使わないでやるのと違いは、ボールを使った方がボールを動かさないようにするため、より腹筋を使って体のバランスを取るところ。結果、腹筋を使うし、体の軸への意識も生まれ、なかなか良いトレーニングだ。

脚を伸ばしたところから曲げると、脚の裏側の筋力も鍛えられる。と、同時に腹筋、背筋も鍛えられる。

以上、簡単にボールでできる3つのトレーニングを紹介したが、自分がシモンにちょっとの時間で見せてもらっただけでも10近くもあった。きっとこのボールを使ったトレーニングで20以上、いや30ぐらいあるのだろう。

このボールを使ったトレーニングの特長は、ともかくだいたいどんなトレーニングしても腹筋、背筋を鍛えられるところ。さらに腕や脚なども鍛えることができて、ひじょうにいい。ウチにもあるけど、大して高くないし(注:日本では4000円ほどらしい)、ダイエット効果、しいては健康のための適度な運動にもなるので、ぜひ購入してみてやってみてほしい。
実際のトレーニング例などは、きっとボールが買うとマニュアルがあるだろうし、自分で工夫していろいろできる。

シモンのように立てるようになったら、キミも一流ジバーになれるかも!?

室内ジブトレ

これはvitaminJIB(DVD)でも紹介した室内ジブトレ。シモンはシーズン前になると、ママに叱られるのを気をつけるようにして、こればっかりやっていたって。実際この室内ジブトレってハンパない運動量になるから良い汗をかくし、ボードに乗る良い練習だ。スノーボードのDVDを見ながらやると、かなり良いだろう。ぜひ、vitaminJIBを見ながらやってみてね。シモンは簡単そうにやるけど、実際にやってみると意外に難しいし、おもしろいから。

ノーズに乗ったり、テールに乗ったり。

スピンしたり、こんなポーズを決めて遊んでみたり。

ところで、オーリーとかノーリーとか、何度やってもシモンのようにカッコよくできないものだ。そこでシモンにどうしたらいいかな?と聞くと、あまりコツとかは話さずに「ともかく練習」と答えが返って来る。実際シモンも練習のオニで、ともかく同じことを繰り返しやっていたということだ。

俊敏性も鍛えるということだ

シモンの話で、今でも興味に残っているのは、俊敏性を鍛えるトレーニング。これはスーパーボールのように壁にぶつけると跳ね返って来るボードでやるということだが、形がちょっと変形していて、思わぬところに飛ぶということだ。そのボールを取って俊敏性を鍛えると。それの応用として、スーパーボールを跳ね返りが予想し難い壁を使ってやってみたらいいと思った。そして、実際、自分は子供のスーパーボールを使って、時々遊んでみたりする。結構おもしろいし、俊敏性を鍛えられる。そう言えば、先日NHKのガッテンで卓球が脳活性に良いとあったけど、これなんかも同じような効果があるんだろうね。

ちなみにシモンのトレーニングというのは、NHL(北米プロ・アイスホッケー)のトレーナーが見てくれている。以前、デバン(ウォルッシュ)も同じようにやっていると言っていたけど、結構な金が掛かるらしい。いわゆるジムで行う筋力トレーニングは自給系のトレーニングと違って、もっと複雑系なトレーニングになるらしいけど。オレの勝手な予想だと、柔軟性に筋力、持久力(もしくは筋持久力)などが土台で、さらには瞬発力や俊敏性も鍛えているのだと思う。まあ、お金がない人は、前回の特集でやったやつも参考にしてほしいけど、とりあえずスーパーボールで俊敏性を鍛えるのはオススメ。レールやエアーの場面でも一瞬の判断で体を動かし、リカバリーする状況だって出て来るものだから。


パイプ(左)にジブ(右)何をやるにも敏捷性は役立つだろう

シモンのスタンスは?

ところでシモンのスタンスって気にならない?
これも昨年、SnowBoarder誌で撮影したものだけど、改めてお見せしよう。スタンス角度はいくつだったか忘れちゃったけど(前足15度、後ろ足-15度くらいだろう)、左右角度はいっしょだったって覚えている。このスタンスが自然に踏みやすい、とも言っていた。
ちなみに同じ左右角度なんだけど、おもいっきり降ってあったのはマーク・アンドレ・ターレ。確か左右共に21度くらい振ってあったような。合計で42度のガニ股かスタンスかあ(笑)。凄いね。

スノーボードも90年頭ぐらいまではダックにせず前足21度、後ろ足9度とかメインだったけど、今ではダックってあたり前になったね。実際自分もダックだけど、踏みやすいので好き。
またまたちなみに、って話になるけど、よくカービング・ハウツーをいっしょにやるベン・ウェインライトというライダーは「イスに座ってダラーンって両足を垂らす。その時の角度こそその人のスタンスじゃない」と言っていた。「ああ、それも一理あるな」って思っていたけど、だったら世界中の人、すべてがダックスタンスかな!?

シモンは努力する天才

シモンって、だいたいスマートに見えるし、天才肌に見える。だけど、シモンと接してわかるけど、努力する天才でもあるんだ。
スノーボードに出会って、毎日滑りたくて、裏庭に擦りアイテムを3つも作った。来る日も来る日も毎日練習していた、と兄のマットが言っていた(このくわしい話はPEAK#02で紹介している)。そしてフロントボードをやり始めると、自分が納得できるまで何度もハイクして練習。また、スイッチフロントを始めれば、それも自分が納得できるまで何度も練習。暗くなるまでやっていたからお父さんが、電灯を設置してくれたんだって。凄いファミリーだね(笑)。

昨年もこの時期よくゲレンデでシモンに会ったけど、車で1時間も掛かるウィスラーの隣町スコーミッシュから毎日通っていた。どんな天気でも必ず。「この時期はシーズンパスを持っているとレストハウスの食事が半額でいいね」なんて気さくなことを言っていたな。昨年シーズンインの頃は「お友達を迎えに空港に行った日以外は、ともかく滑った」と言っていた。

あとハウツーの仕事も始めると、サクサク上る。特に4年前か3年前の夏に初めていっしょにハウツー撮影した時にはビックリだったなあ。ともかくハイクが早い。いろいろなライダーと仕事したけど、デレック先生(注:元Burtonライダーのデレック・ハイト、現在オークリーのチーム・マネージャー)の早さを超えた! ここだけの話、日本人のそのへんのライダー、特に能書きばかりぶっこいてハイク遅い奴には、見せてあげたいね。一流選手はこうした泥臭いようなハイクとか、しっかりとやるぞ、って。こうしてハイクが早いのも練習のオニだからだろう。実際、シモンに限らず世界のトップと言われている人はサクサク早い。忠くんもそうだと言うし、デバンなんかもこの時期よく滑るというし、話しているとトップのライダーは日頃からどんな努力をしていて、どれだけスノーボードに惚れているか、とわかるものだ。例え、そういうことをストレートに話さなくても、わかってしまうってことはある。「僕練習していますよ」って堂々を話しちゃうライダーが大してやっていなかったりするんだよなあ。もちろん一概には言えないけど、シモンなんかも自分がどれだけやっているか、ってことを決して見せないタイプ。だけど、確実に努力しているのはわかる。

今、これを読んでいるあなたもいろいろなためになる情報を得ようとするだろう。だけど、大切なのはその情報を活かして努力すること。結局はあたり前の話に落ち着いてしまうのだけど、良かったら今回の特集記事、ご参考に!