Category: クラブ

DMKスノーボードクラブ創立25年記念!帰ってきたDr.ビーバーキャンプ

 

1990年代初期に始まった日本最古の(?)、スノーボード・クラブ、DMK SNOWBOARD CLUB。
このクラブをきっかけにプロ・スノーボーダーになった者、このクラブをきっかけにカップル誕生し結婚をした方たち。そして、このクラブをきっかけに日本全国にスノーボードの仲間を作った方々など。
僕たちは、25年間、陰ながらそんなドラマを支えて来ました。
そんな節目に、今回の野沢キャンプ!
DMK創立者フサキと共にスノーボーディングの「学び」と「楽しさ」を味わうひと時。
妻にしたいナンバー1(DMK調べ)の五輪アスリート志保ちゃんが華を添えて、25周年キャンプが行われました!
レポートは、ここ最近、ますますDMK CLUBで活躍ぶりが広がるマスミ部長です!!

news160315c

DMKスノーボードクラブの発足は今より25年前。25年前といえばバブルが始める前の最後の年。当時ディスコのジュリアナ東京がオープンし、景気の良さを甘受しようとまだ人々が眼の色を変えていた頃。スキーと違った新しさに興味を惹かれた若者達が始めたのがこのクラブ。その時代、意外とナンパな理由でスノーボードを始めた若者は多かった。景気も良かったし、道具も飛ぶように売れた。

はい、そんな時代からなんとなく続いていたDMKスノーボードクラブ。そんなクラブの25年間をもちろんスノーボードで祝おうと集まったのが今回の企画。

開催したのは2月20日から二日間。野沢温泉スキー場で行いました。

今年の合言葉「温暖小雪」モチロン今回もバッチリです。そんなの当たり前になってきて逆に不整地のレベルが上った年になること確定です。

豪雪で名を馳せた今回の開催地野沢温泉も例年の景色を疑うほどの小雪。でもね、そこは大きいゲレンデだけに逃げどころもあるわけです。

小雪だろうがコーチの質は変わりません。いや、むしろ雪の条件の変化が激しいだけにコーチの臨機応変な対応が必要。いやがおうにも質が際立ちます。

今回のコーチは2名。DMKといえばこの男。飯田房貴。昨年スノーボードを始めてから30年を迎え、カナダで常時インストラクターを務めているそのレッスンは毎年パワーアップ。大きな山ウィスラーで鍛え上げられたその対応力はどんな雪質だろうが大丈夫。

そして、もう一人は「嫁にしたいスノーボーダーNO.1」(注:DMKスノーボードクラブ調べ)。優しい風貌なれどそのスタイルはガッツリ。スノーボードハーフパイプオリンピック出場の経験に裏付けされた滑走能力と、それを楽しく参加者のレベルに合わせてレッスンできる知性。

news160315d

まさに盤石の体制で開催した今回のキャンプ。参加者がレベルアップしないわけがない。
キャンプに参加してくれたのは21名。色々なスタイルに対応すべく、「ガンガン滑りたい!」チームと「ガッツリレッスンを受けたい!」チームの2つに分けてキャンプをスタート。

>>>> 続きを読む

遂に実現!DMK CLUB 光ヶ原CATTツアー

 

DMK CLUB 25周年にして、遂に決まったこの企画、CATツアー。
ようは、圧雪するようなキャットで、バックカントリーのエリアをアクセスしてもらい、パウダー・ランをいただこう、というもの。
そんな夢の企画。果たしてどんな旅になったのか!

レポート:ますみ

news160303c

最近バックカントリーが盛り上がってきているみたい。そんな話をよく聞くようになってきたけど、私自身はやはり山はとっても怖いところってイメージ。夏には登山もするけど、少しでも道に迷った経験がある方なら、あの背中が寒くなる思いは共感できるはず。過度に恐怖心を持つこともないとは思うけど、やっぱり怖いなぁ。

そんな中でも色々なムービーから入ってくる美しい風景やファーストトラック。舞い上がる真っ白なパウダーには同じスノーボードをやっている身としては魅力を感じない訳はない。つうか羨ましいぞ。

より安全に美味しい思いを出来ることはないのか?遇者の考えではあるが、まずは安全に体験できないものか?と思案していた時に今回のツアーの話が舞い込んで来た。

ハイクの必要もなく、CAT(雪上車)に乗ってパウダーをいただける?そりゃ願ったりだけど、安全は?なに?ガイドがしっかり付いている?し、しかも、もしかしたら、タイミングが良ければ竹内正則さん、そう日本のスノーボードの歴史には欠かすことの出来ないレジェンドでもある竹内マサさんがガイドに付いてくれるというのだ!なんだそりゃ!野球で言うと王さん長嶋さんが現れるってことだぞ。

今回のツアーは「First Track Service」という新潟県の光ヶ原を専門にツアーを行うところに完全にお任せをしました。やはり餅は餅屋ということで、CATの定員一杯までDMKのメンバーで貸し切ってしまおう!という企画です。気心の知れた仲間なら初めての体験も心強いよね。

「FTS〈ファースト・トラック・サービス〉CATツアーは、荘厳な大自然が広がる光ヶ原高原のバックカントリーにて、ツーリストを最新装備のCATでドロップポイントまで搬送し、圧雪されていない自然の地形をスノーボード、スキーで滑走する醍醐味を味わって頂けるツアーです。1日の滑走本数は5~7本で、合計バーティカル(標高差)は約2000メートmと国内最大級のCATツアーであり、ツーリストの安全を配慮した経験豊富なプロフェッショナルのガイドが共にご案内いたします。また昼食時には美しい大自然の景観と共に、暖炉を囲んでの暖かいランチをお楽しみいただけます。是非、極上のパウダースノーにファーストトラックを刻む感動をご体験ください。」

このツアーの告知はDMK史上最速ではなかろうかの2015/5/21。人によってはまだシーズンも終わっていないその時期に募集開始。とにかく貸切をしたい!という確固たる意思のもと、あっという間にスタッフ、メンバー含めて14名の定員は満員御礼。さあ、あとはツアーまでどう過ごすか。

>>>> 続きを読む

ありがとう北海道!2016 DMKツアーinルスツ レポート

日本全国雪不足と言われた15-16シーズン。我れらがDMKクラブは、今こそたらふくパウダーをいただきたい、という思いを胸に、いざ恒例の北海道キャンプへ!
迎え入れてくれたのは、地元道産子ライダーの藤本光海。
残念ながら、極上のパウダーには恵まれなかったけど、テルのガイドの良さと北海道のポテンシャルの高さによって、なかなかおいしい雪質に恵まれました。
また来年も行きたい北海道。ありがとうという感謝を込めて、お馴染みますみのレポートです!

news160212b

北海道だ!北海道なのだ!今シーズンは暖冬で各地のスキー場も壊滅的な雪不足。
そんな中唯一、北海道だけは雪がある!との情報が飛び交っていました。

そう、本州のみんなゴメン!おいちゃんはパウダーさたらふく食べてくるっしょ!

北海道に行ったのは1月の半ば、21日から4日間もの間、どう堪能してやろうかとワクワクが止まらなかったわけで。

出発は羽田。全国各地からご参集いただいた3名?ん?スタッフを入れると5名のアットホームな人数でテイクオフ。岐阜から来てくれたみっくん。千葉から来てくれたまーちゃん。福島から初参加のももすけ。なんとももすけはメインコーチの藤本光海が超大好きっ子で、会わせるスタッフとしても嬉しい限りです。

ルスツまでの移動は順調そのもの。新千歳で僕がうっかり荷物をロストしかけた以外はトラブルはなく、経由地のキノコ王国では鉄板メニューの知床地鶏焼きときのこ汁で戦闘準備完了。

ここ何年かはルスツリゾートホテルの中でもノースウィウングが多かったけど、今年はサウスウイング。こちらのほうがお風呂も食事も近くて便利~。現地集合の道産子さんちゃんもここで無事合流できました。

>>>> 続きを読む

【REPORT】SEKKIと行く初滑りDMK CLUB 丸沼キャンプ

 

雪が少ないなんて、関係ない!
楽しい仲間と、素晴らしいコーチ、そして素敵な宿があればおもいっきり楽しむことができる。
DMK CLUBでは恒例となった初滑りのキャンプが、先月19日、20日に開催されました。
その楽しかった模様をお伝えしま~す!

news160103b

Report: Masumi

今シーズンも始まりました!皆さんいかがお過ごしですか?
相も変わらずレポートを担当させていただいております。DMKスノーボードクラブのスタッフのますみです。拙い文章ではございますが、楽しかったキャンプの雰囲気を少しでもお伝えできるよう今シーズンも頑張っていきたいと思います。

シーズンインのタイミングってみなさんいつ頃なのでしょう?
最速のイエティとかガッツリ雪が降ったタイミングとか、いろいろあると思います。
やはり自然の雪が降り始める時期からが一番多いと思います。

そんなタイミングを狙って、今シーズンのSTARTをDMKスノーボードクラブがサポートしてしまいましょう!って言うのが今回の「DMKシーズンインSEKKIキャンプin丸沼」開催の狙いです。いや、サポートどころか眠っていたスノーボード筋肉を強制的に覚醒させる強化キャンプといってもいいかな。シーズンインだから控えめに・・・なんて自分をプッシュできない甘えん坊さんには最適のキャンプなのです。

news160103c

キャンプのレッスンをコーチングしてくれたのは、世界のSEKKIことSPAZIOモリスポ、SANDBOXライダーの関口強生。長年スノーボード・メディアでハウツーを発信し続けて、現在はインドアを含め定期的にコーチング活動中。いわば、コーチングのエキススパート!

>>>> 続きを読む

スノーボードを愛してやまない仲間たちが高田馬場に集結!

news151001c

DMKスノーボードクラブ・スタッフのマスミです。

今回は、9/26に高田馬場で開催したDMKスノーボードクラブのシーズン前の交流会の様子を軽~くレポートします。

>>>> 続きを読む

DMK SNOWBOARD CLUBのロゴ・デザイン募集!

 

定期的にスノーボーディングのツアーやキャンプ活動を行っているDMK SNOWBOARD CLUBでは、新たにクラブのロゴ・デザインを募集します!

ということで、DMKスタッフ・サイドの方でも早速、作ってみました。

news150925c

どうでしょうか?

ぜひ、デザインしたいという方、10月5日(月)までに送ってください。
デザインの他に、デザインのコンセプトなど紹介する説明文もいただければ、合わせてご紹介します!

デザイン送り先
e-mail: fusaki@dmksnowboard.com

いただいたデザインの中から一般投票により、最終的にどのデザインにするか、選びます。

投票の期間と方法は、以下の通り。

投票期間:10月7日(火)~10月14日(火)

投票方法ポイント制

DMK CLUB員による投票 1票=3点
WEB会員(メルマガ会員)による投票 1票=2点
非会員による投票 1票=1点

以上の合計点により争われます。

デザインを採用させていただいた方には、お礼に日本ではなかなか手に入らない!スペイン生まれの横乗りブランド、Hydroponic(ハイドロポニック)のバックパックを贈呈。また、非DMK CLUB会員の方には入会金無料でDMK CLUB員に!

news150925d

また、投票に参加される方にも抽選で1名様にプレゼントを贈呈します。

http://dmksnowboard.com/club/

 

ブシ&ヤグカオと行く池の平貸切パーク・キャンプ2015

3月。春。雪が溶ける。ちょっぴり悲しい(?)
でも、雪はシャバり柔らかくなる。コケても痛くない!
じゃあ、飛んじゃう???

そんなわけで、今年もこの季節がやって来ました。
全国のスノーボード・初心者フリースタイラーさんに捧げたいこの企画!
ブシ&ヤグカオと行く池の平貸切パーク・キャンプ2015です。

レポートは、今季、全開に楽しいレポを届け続けて来たますみさん。
今回も、よろしくお願いしまーす!

news150330b

レポート:ますみ

3月。3月といえばひな祭りから始まる月で、正に春の訪れを感じる月でも有ります。

しかしスノーボーダーにとっては日に日に暖かくなる日差しに好かなからず寂しさも感じたりすると思います。モチロンその理由は単純明快。「雪が溶けてしまう!」

だがしかし、物事は常にポジティブに捉えるといいことがあるらしいです。なので「雪が溶ける」=「滑ることができなくなる」ではなく、「雪が溶ける」=「コケても痛くない!」と捉えると、「コケても痛くない!」=「じゃあ飛んじゃう???」となるわけですよ!

>>>> 続きを読む