大久保勇利がスイッチバックリップに挑戦!

大久保勇利がDAPS MAGの新企画、New Shitでスイッチバックリップに挑戦!

五輪アスリートとして、様々なトリックを駆使する勇利。
それでもスイッチからのバックリップは、ちょっと手こずったようだ。
レールを背面の方から乗るのは、とても難しそうだし、そこをまたいで格好でボードスライドって、相当難しそうだ。
一見すると地味だけど、難易度はかなり高い。