X Games クロエ・キムが復活の金メダル!松本遥奈2年連続で銅メダル

今夜アスペンで行われたX Games女子スーパーパイプで、2年ぶりに復活したクロエ・キムが、3本目の逆転ランで金メダルを獲得!
これで6度目のX Games金メダルとなり、トータルで8個(内、銀メダル1個、銅メダル1個)となった。

1本目は、大きくメソッドを決めた後に2発目のジャンプで転倒したクロエ。しかし、2本目は、しっかりと合わせて来た。
バックサイド・メソッド、フロントサイド1080、キャブ540、フロントサイド900、マックツイストでトップを走っていたマディ・マストロに次ぎ、2位の位置をキープ!

このままではトップに立てなかったクロエが、新しいルーティーンを披露した。
一発目にバックサイドメソッドと思いきや、バックサイド360から入ったのだ。スイッチのままストレートにメソッドを決めてみせた。シンプルながらスタイリッシュなこのトリックは、かつていぶし銀のテクニシャン、ダニー・デービスが行ったトリック。おそらく女子では初!
3発目以降は、キャブ540、フロントサイド900でつなげて、最後はマックツイストで締めた。
このランが高得点を呼び、見事にトップに立った。

ラスト4本目は、優勝を確信したのか、リラックスモードでさらに大きくバックサイド360からスイッチメソッドを大きく決めてみせた。
そのまま900のような高回転トリックは入れずに終了。結果、3本目のラン・スコアで金メダルとなった。

銀メダルはマディ・マストロ。
バックサイド・メソッド、フロントサイド540、バックサイド540、フロントサイド720、
ハーコンフリップ、最後はフロントコークで締めた。

昨年、同地で見事に銅メダルに輝いた松本遥奈は、今回、クロエ・キムという強敵が加わった中でも、銅メダルを獲得した!
ステイルフィッシュ、バックサイド540、フロントサイド1080、キャブ360、フロントサイド540、バックサイド・メソッド、フロントサイド900。
ベテランらしい緩急があるランで、2発目のバック・ファイブはやや小さいエアーに見えたが、それはフロント10への布石で、1080は見事な高さで決めてインパクト強いランを演出。
最後のフロント900も素晴らしかった。

今井胡桃は健闘したが、残念ながらわずか及ばず4位で表彰台を逃した。
5位には、スペインの実力者ケラルト・カステリェトが入り、6位は冨田るき。

X GAMES 2021 女子スーパーパイプ結果
1 クロエ・キム(アメリカ)
2 マディ・マストロ(アメリカ)
3 松本遥奈(日本)
4 今井胡桃(日本)
5 ケラルト・カステリェト(スペイン)
6 冨田るき(日本)
7 ブルーク・ドント(カナダ)
8 ソノラ・アルバ(アメリカ)