X GAMESビッグエアー大塚健がFSクワッドコーク1800 金メダルはマーカス・クリーブランド

X GAMES 2021 スノーボードの最終種目となった男子ビッグエアーは、マーカス・クリーブランド(ノルウェー)がバックサイド・クワッドコーク1800を決めて金メダルを獲得した。
また表彰台が期待された大塚健は5位、角野友基は6位だった。
ナックル王者とスロープスタイルで金メダルを獲得したアメリカのニューヒーロー、ダスティ・ヘリンクセンは7位に終わった。


銀メダルを獲得したスヴァン・ソーグレンはフラットスピンでのバックサイド1800、銅メダルのモンズ・ロイズランドは、フラットスピンでのフロントサイド1800をメイクした。

クリス・コーニングも、バックサイド・クワッドコーク1800を完璧にメイク。しかし、表彰台には一歩及ばず4位。

角野友基は、バックサイド・トリプルコーク1620を決めたが、他の4本を決めれず表彰台を逃した。

大塚健は、フロントサイド・クワッドコーク1800でこの日の最高点をマークすることに成功!
最後に右手が付いたとはいえ、空中でのトラックドライバー気味での安定感あるグラブ、しかもフロントサイドでのクワッド18は、ひじょうに価値あるトリックだ。

今大会、マーク・マクモリスはコロナ陽性のため自宅で観戦。またマックス・パロットは、同じカナダチームでの感染から、大事を取ってのお休み。この二人が参加していたら、また違った結果だったかもしれないが、男子のビッグエアーは、1800があたり前の感じになって来て、もはや言葉にならないほどのハイレベルな世界に入った。

The Real Cost Men’s Snowboard Big Air Final

RankNameRun 1Run 2Run 3Run 4Run 5Best Two
1Marcus Kleveland48.0048.0014.0035.0041.0096.00
2Sven Thorgren44.0048.0020.0024.0047.0095.00
3Mons Røisland45.0040.0048.0044.0013.0093.00
4Chris Corning47.0041.0011.0041.0045.0092.00
5Takeru Otsuka42.0049.0013.0012.0013.0091.00
6Yuki Kadono14.0011.0042.0024.0029.0071.00
7Dusty Henricksen40.0013.0011.0017.0012.0057.00
8Rene Rinnekangas40.0010.0011.0015.0013.0055.00