4年ぶりのX Gamesスーパーパイプを滑ったショーン・ホワイト

いよいよ明日、4年ぶりのX Gamesスーパーパイプに出場するショーン・ホワイトだが、その公開練習シーンを披露しているので、ご紹介しよう。

ドロップインの時には、クルクルとバタートリックを決めて、ノリノリのショーン。モチベーションも高く、日曜日の夜に向かって、準備OKの様子だ。

2018年平昌オリンピックで金メダルを獲得したショーンだが、その年のX Gamesは体調不良、オリンピックに備えるということで欠場している。
2017年に出場したが、その時は良いパフォーマンスを発揮できずに、11位だった。ちなみにその時の金メダルはスコッティ・ジェームスだ。

ショーンにとっては、実に4年ぶりとなる今大会、台頭して来た日本のエース、戸塚優斗、また近年パイプ王者となっていたスコッティとの対戦は本当に楽しみ。
X Gamesでは、自国のヒーロー、ショーンが金メダルチャンスがあると、男子スーパーパイプは最終種目に選ばれることが多いが、今回もメインイベントで開催されることが決まっている。果たして地元のヒーローが勝つのか、あるいはそこに「YUTO」の叫びが生まれるのか。