夏のクランチな雪質のバックカントリーを攻めるクレイグ・マクモリスと仲間たち

かなり蒸し暑くなって来たので、ちょっと涼しくなるような動画、『Win some lose most』をお届けしよう。
夏が近づくと、ウィスラーのバックカントリーの雪質は、クランチになって来る。いわゆる固まったのような雪質だ。
それでも、このへんで活動しているプロ・ライダーたちは、映像作品の最終段階の画を狙って、撮影を行っている。
今回、クレイグ・マクモリスの撮影クルーたちは、King Snowムービーを製作するアント・チャンバーランドの軍団も巻き込んでいっしょにセッションした。
あいかわらずジャンプは巨大で、冬の上質な雪とは違ってランディングを合わせるのに苦労しているように見える。
この時期のウィスラーでのバックカン撮影のビハインドシーンも見れて、興味深い内容だ。

●関連記事
マーク&クレイグ・マクモリス兄弟の本気のストリート&バックカントリー撮影
https://dmksnowboard.com/craig-mark-mcmorris/