村瀬心椛が1位、岩渕麗楽が2位で予選突破!

広告

今季のワールドカップのビッグエア4戦目は、早くも最終戦を迎えている。これまで強豪選手が全員参加していなかった中、オーストリア大会はアンナ・ガッサー、ゾーイ・サドウスキー・シノットなど北京オリンピックのメダリストも参加した大一番となっている。

そんな中、予選1位で飛び出したのは、村瀬心椛。1本目にフロントサイド1080をメイクさせ、2本目にバックサイド・ダブルコーク1080、さらにラストの3本目にバックサイドダブルコーク1260で得点を引き上げた。
岩渕麗楽がバックサイド・ダブルコーク1080などを決めて2位を決め、女子予選突破8名の中に入った。
また、鬼塚雅は6位、浅沼妃莉も8位で予選通過を決めて、女子日本選手が4名も決勝へ!

3位には地元の応援が後押ししているアンナ・ガッサー、そして4位にはゾーイ・サドウスキー・シノットが入り、表彰台の行方は目が離せない展開となっている。

広告

枝松千優は15位、第3戦で初出場優勝した深田茉莉は17位、村瀬由徠は19位で予選落ちとなった。

以下、女子結果詳細。
https://medias1.fis-ski.com/pdf/2023/SB/6121/2023SB6121RLQ.pdf

広告