US OPEN女子スロープ予選で鬼塚6位で決勝へ!村瀬8位、岩渕11位

US OPENスロープスタイルの女子予選、結果が入って来たのでお届けしよう!
日本勢では、鬼塚雅が6位で決勝に進出成功!

鬼塚は2本目、最初のジブ・セクションで、50-50からのFSボードスライド270オフ、トランジション・ジャンプでは、バックサイド360、さらに続くトランジション・ジャンプでフロントサイド720、そして最後のステップダウンで、得意のキャブ900を決めた。これで 65.75ポイントを獲得し、決勝進出を果たした。

昨年の王者、ニュージーランドのゾーイ・サドウスキー・シノットは、連続で続くトランジション・ジャンプでは、バックサイド・アーリーウープ540とスイッチバックサイド540を決め、次のキャノンボックスでは、バックフリップ!そして最後のフロントサイド720をクリーン・メイク。このランで1位を確保した。

以上の動画を見ていただけがわかるように、これまでのスロープスタイルにありがちな、最後の3連キッカーと違って、2つもトランジション・ジャンプを加えたコースは、ひじょうに難しい。選手たちのトリック回転数が減っている傾向だ。
しかも、トランジション・ジャンプの後のジブ・セクション、さらに最後にステップダウンの巨大キッカーに挑むという流れは、かなり長い間の集中力を要するだろう。

今回、日本勢では村瀬心椛と岩渕麗楽も参加したが、残念ながら8位、11位という順位で予選敗退となっている。村瀬は、最後のジャンプで距離が足りずナックル落ち、岩渕はジブ・セクションでやられてしまった。
一発で決まるビッグエアーでは日本ならではのオフシーズン・ジャンプ環境もあるせいか、好成績を収めているが、こうした難コースのアイテムが連続に迫りくるスロープでは苦戦している傾向があるので、そのへんが課題となって来そうだ。

2位には、アンナ・ガッサー、3位にはヘイリー・ラングランドが入った。

以下、女子スロープの決勝進出者。

1 Zoi Sadowski Synnott NZ 75.15
2 Anna Gasser AT 71.35
3 Hailey Langland US 69.55
4 Enni Rukajärvi FI 68.45
5 Jamie Anderson US 66.40
6 Miyabi Onitsuka JP 65.75