復活の狼煙!戸塚優斗がワールドカップ・アメリカ大会で予選2位通過!!

復活の狼煙だ!2017年に年間総合優勝を獲得した戸塚優斗が、本日アメリカのカッパーマウンテンで行われたワールドカップ・ハーフパイプ予選2位通過!幸先の良いスタートを切った。
1位は、オーストラリアが誇るエース、スコッティー・ジェームス。
また、平野流佳が、10位で決勝へ進出を果たした。

平野流佳は、海外では歩夢の兄弟と勘違いしている関係者も少ないけど、兄弟ではありませんよ。

ちなみにこのワールドカップの名称は、USグランプリ。
元々、FIS系のアメリカ代表選考を兼ねた大会だったが、現在はワールドカップに格上げされて、
世界を代表する大会の1つとなっている。
伝統的にアメリカの選手にとっては重要な大会で、アメリカ期待のトビー・ミラーは4位で決勝に進出した。

以下、男子ハーフパイプ予選結果。
http://medias3.fis-ski.com/pdf/2020/SB/7076/2020SB7076RLQ.pdf

女子の方では、3名の選手が決勝へ進んだ。
小野光希が5位、今井胡桃が6位、松本 遥奈が8位。

残念ながら、冨田せなは順位が一つ足らずに惜しくも9位で決勝へ進めず。
冨田るきは、12位で予選敗退となった。

1位通過は、ここのところダブル・クリップラーという必殺技を引っ提げて弾けた感があるアメリカのマディ・マストロ。

また女子ハーフパイプの女王、アメリカ代表のクロエ・キムは、今季は学業専念のために大会には不参加となっている。

以下、女子ハーフパイプ予選結果。
http://medias4.fis-ski.com/pdf/2020/SB/7075/2020SB7075RLQ.pdf