テリエが故ジェイク・バートンさんに捧げる熱き想い

テリエ・ハーコンセンが昨年行われたThe Big Bang Slalom 2019の模様をアップさせた。
一見すると、昨年のハイライトシーンを収めた動画だが、そこにはテリエの深い故ジェイク・バートンさんへの想いがあったのだ。

以下、動画の下にテリエのメッセージを紹介。

ジェイク・バートン・カーペンターは、スノーボードイベントに慣れ親しみ気軽に見に来ていました。
それは、ワールドカップやXゲームである必要はありませんでした。
90年代、彼は無作為にイベントに頻繁に現れ、何が起こっているのかを見守り、チームのライダーをサポートしてくれました。
私は、時々、コンテストの途中まで彼がそこにいることさえ知らなかったのです。
ある日、ジャーナリストは、コンテスト後にジェイクと私と一緒に写真を撮ってもらえないかと尋ねたことがありました。
「あれ、彼はここにいますか? 」
「はい、私たちはちょうど彼と話したところですから。」

他のスノーカンパニーの創始者が、ジェイクよりも多くのイベントを見たりサポートしたとは思いません。
私は、創設者がイベントを見ることを義務付けられていることではなく、彼らへの情熱を直接見ることは驚くべきことだと言っているだけです。
昨年、ジェイクとドナ(※ジェイクさんの妻)はヘムセダール(ノルウェー)のバングスラロームに出席する時間を見つけてくれました。 彼らがいると、間違いなくエネルギーをスパークさせてくれます。
2020年に関しては、イベントは延期されるようですが、バング大会は必ず帰って来るでしょう。