ホーム タグ 滑り方

タグ: 滑り方

スノーボード HOW TO カービングターン 5つのステップアップで誰でも簡単にできる!

0
スノーボーダーなら多くの人が憧れるカービングターン。ライディングしている姿がカッコ良く、しかもカッコ良いだけでなく、スノーボーディングのテクニックの幅を広げることもできます。カービングができれば、ゲレンデを颯爽と走り抜けることができ、そのテクニックは、ジャンプやハーフパイプでも有効です。 こちらのスノーボードHOW TOでは、誰でも簡単にカービングターンができるように、5つのステップアップ練習方法をご紹介します。また、カービングを習得するための前提条件として、正しい基本姿勢、最適な練習コース、さらに最後にはカービングターンをより強化させる3つの練習ドリルも披露しました。 さあ、僕といっしょに気持ちE(良い!)感覚を得られるカービングターンの旅に出かけましょう!きっとあなたも滑れるようになれる。 撮影協力:タカチャンマン、ようへいハウツー内容協力:Sigmund Chan (CASI Level 3 Instructor)参考文献:カナダ・スノーボードインストラクター協会CASI https://casi-acms.com/参考姉妹サイト(英文)ページ:How To Carve On A Snowboard : 5 Steps (snowboardtips.net) カービングターンとスライドターンの違いは? まず基本中の基本。そもそもカービングターンって何?という定義からお伝えします。憧れのカービングターンとスライドターンの違いは何でしょう? よく多くの人が勘違いするのだけど、カービングの語源であるカーブは、「曲がる」という意味の「curve」でなく、「彫る」という意味の「carving」の方です。だから、英語ではカービングターンのことを「Carving Turns」と書きます。 このカービングという言葉を考えれば、そこに雪上をエッジで切り裂くようなイメージが必要です。単に身体を倒して、ターンするのではなく、積極的に体重を乗せて(=加重させて)、さらには足首、ヒザを曲げて、エッジング(角付け)していくことが必要になって来ます。 こうした力強いライディングのことをカービングターン、というのだと思います。誤解を恐れずに言えば、多少、ボードがズレていても、そこに豪快さや積極性が伝わるようなターンなら、カービングターンと呼んでもいいのかもしれません。しかし、今回、僕が伝えるカービングターンは、ともかく滑った跡のラインが、太くならないで線のようになっているようなターン。それをカービングターンということにしたいと思います。 英語では、「ペンシル・ラインのような跡を付けましょう!」とも言います。まるで、鉛筆で書いた線のように細いターン弧になっているということです。 一方、スライドターンは滑った跡が、太くなりまるで三日月のような形になったりします。雪上で減速動作が多いために、ラインが太くなってしまうのです。スライドターンは、急斜面等でスピード減速には欠かせないテクニックですが、まずはこの違いをしっかりと理解してください。   キレ味を確認するもう1つの方法は、滑る時の音 先に、カービングターンはまるで鉛筆で描いたような1本の線になるとお伝えしましたが、もう1つカービングの「キレ」とスライドターンの「ズレ」をを確認方法は、「静か」か「うるさい」か?カービングターンの場合、滑っている音が小さくなります。ズレたスライドターンは、ボードをズラす音、「ザザザー」というのが大きくなってしまうのです。 写真を撮った時にスプレーを上げていたら、それはズレ。スプレーが上がっていなかったら、キレです。 だから一見、スプレーが上がったカッコいい写真は、カービングターンではなく、スライドターンです。 カービングターン習得のための最適なのは初心者コース カービングターンは、上級者が行うターンというイメージがあるかもしれません。だから、カービングターンは上級者コースで行うもの、と考えがちですが、実際にはカービングは緩斜面や中斜面でもできるもの。力強くスピード感あるカービングターンは、むしろ緩中斜面で行うものです。急斜面で行うカービングターンは難しく、これからカービングを習得したい人には、斜度が緩い初心者コースをオススメします。また、最初は大きく回ったカービング大回りが基本となるために、できる限り混雑していないコースが理想です。空いているゲレンデで練習することを考慮してみてください。最適なのは朝イチのピステが掛かった(※雪上車が慣らした後)の、まるできれいなカーペットのようなコースです。なかなかこうした環境は巡り合えないかもしれませんが、カービングターンを練習しようと思ったら、ぜひ頑張って早起きしてこうした初心者コースで練習しましょう。 基本姿勢の習得がカービングターンの第一歩 カービングターンに欠かせないことは、基本姿勢ができるかどうかです。基本姿勢は、カービングに限らずスノーボーダーには大事な要素ですが、知らない方のために改めてしっかりと説明します。まず基本姿勢にも様々な考え方があり、特に国内においては、上半身を前に開き、懐を深く構えて、体重を後ろ足に乗せる方法を伝えるコーチやインストラクターも少なくありません(※注釈、この項目一番下に明記)。しかし、ここでは国際的にスノーボードのインストラクターのレベルが高いと言われているカナダやスイス、ニュージーランドなどで伝えられている基本姿勢をご紹介します。また、この姿勢は、僕自身が大事だと思うナチュラル・ボディポジション(=自然に構えた中間姿勢)でもあります。 まずは、ボードの真上にリラックスして立ちます。次に顔だけ、進行方向に向けましょう。すると、首だけねじられた格好になります。 イメージとしては、焼き鳥です。自分がチキンなったかのごとく、串に刺さったところに頭があれば、ボードの中央から、きれいに軸ができています。軸がしっかりと決まった姿勢によって、パワーの伝達がスムーズになります。 次に足首、ヒザを曲げて、体重を真下に落とすようしましょう。これで、ライディング中に安定させることができます。このようなスクワット姿勢は、太ももの筋肉を使うので、筋力がない人は辛い姿勢でもあります。だけど、あまり姿勢を低くすることはありません。ふくらはぎと太ももで自分の体重を感じれる程度でOKです。ヒザと足首をしっかりと曲げて低い姿勢を作ることは、安定感においてアドバンテージがありますが、それぞれのできる範囲で構いません。無理は禁物で、長いコースでもカンファタブル(居心地よく)滑ることが大切です。 これで、ほぼニュートラル(中間)なポジションになっています。かなり基本姿勢になったということです。 だけど、ここからさらに味付けしていきます。 まずは、両手を軽く広げましょう。腰の高さぐらいでいいです。こうすることで、バランス幅が広がります。やじろべえと同じようなことですね。 だけど、腕は胸とか肩の高さまで上げる必要はありません。両手を高く上げると、より一層、バランス幅が上がったように感じますが、上がり過ぎた腕はバランスを崩した時のリカバリー力を低下させる原因になります。普段はある程度おとなしくさせておくことが大切です。 そもそもしっかりと乗れていれば、手がダラーンと下げてもいいわけです。極端な話、両手をポケットに突っ込んだままでもいい。すると、より下半身をワーク(動かす)させる必要に迫られるので、上達します。 でも、ある程度、バランスを保てるように、カービング習いたての最初はちょっと両手を上げる意識を持ちましょう。 さらに、上半身を軽く前に向けましょう。ヒップをビンディングの角度分、例えば前足20度の方なら20度ほど向ける感じです。こうすることで、進行方向に対するバランスが高まります。 しかし、この前に向ける姿勢が強過ぎると、捻り戻り姿勢が生じやすくなります。つまり上半身と下半身が捻られた姿勢は、低い姿勢の状態のまま滑る時は良いのですが、急に上体が伸びたりするすると、捻られた身体が戻ろうとするので、そこにズレが生じやすくなるのです。だから、あまり極端に上半身を前に捻らずに、スタンスに対してできるだけ自然に構えることをオススメします。 この基本姿勢は、家の中で鏡の前でもできますので、ぜひ確認のためやってみてください! (※注釈:基本姿勢の考え方が、コーチやイントラに乗って変わるとお伝えしましたが、それぞれの考え方には当然、メリットとデメリットがあります。上半身をより前にして、後ろ足にもっと体重を乗せる姿勢は、圧雪されたところで高速カービングに向きます。しかし、一方で後ろの太もも筋力に負担が掛かり、後ろヒザにも負担が掛かります。僕が伝える基本姿勢は、老若男女どなたでも可能で、海外の大きなスキー場や、多少荒れたたコースでも対応できるニュートラル・ポジション。おそらく、海外でこうした基本姿勢が勧められた背景には、ゲレンデ環境にも影響されたのではないか、と思います。ウィスラーでもヨーロッパでも自然のままの地形を利用した凸凹なコースが多いので、より中間的なポジションが好まれたと思います) STEP 1 カービングターンに必要なエッジングについて 最初のステップは、カービングに必要な雪面に対してのボード角度です。スノーボードの板が、雪に刺さるように、立てていけばキレのあるカービングターンになります。そのことを理解するために、まずは部屋の中で、リラックスしてイスに座ってみましょう。 ①両足が地面にくっ付くようにして座ります。②つま先を胸のように引き上げましょう。これで、もしボードを付けていれば、ボードは立っていき、エッジング(角付け)が強くなります。③さらにそのままカカトを地面に押し付けるようにしましょう。すると、さらにカービングが深まることでしょう。 ヒールサイドのカービング姿勢 次により雪上をイメージしたいので、立ってつま先側とカカト側のカービング姿勢を取るようにしましょう。こちらの立った姿勢は、イスにもたれ掛かるようにサポートしてもらって行います。 ①身体の後方側にイスにもたれ掛かり、つま先を胸の方に引き上げましょう。これですでにカービング姿勢が生まれています。②さらに安定感を高めるために、足首を引き上げたまま、できる限りでいいのでヒザを曲げましょう。この姿勢は、太ももの筋力を必要としますが、理想のヒールサイドのカービング姿勢です。上体は真っすぐ保ちます。 トゥサイドのカービング姿勢 つま先側は、比較的にカービングしやすいです。なぜなら、人間はカカト立ちは難しいけど、つま先立ちは簡単にできるからです。 ①正面側に身体と倒して、カカトを浮かせて、つま先立ちをするようにしましょう。②さらにスネを地面に押し付けるようなイメージで、足首をしっかりと曲げていきましょう。同時に上体を起こすようにします。そうすると、より安定感あるトゥサイドの姿勢が完成します。 角付けを強めること=もっとキレ味! ここまでの説明で、カービングターンに必要な姿勢を説明し、また実際に家の中でできる姿勢というのを示して来ました。今度は、よりカービングターンのキレ味を増すために、角付けが大切ということをお伝えします。カービングターンを練習している人は、よく「ヒールサイドのターン後半にどうしてもボードがズレてしまう」というような悩みを抱えたりしますが、その場合の改善方法としては、より角付けを強めてカービングに導くという方法があります。具体的には、よりボードを立てることが大切なのです。特にターン後半は、重量に逆らいながらターンするためにG(重力加速度)との戦いになります。そんな時、弱い角付け(=弱いエッジング)では、ボードが耐えられずにズレてしまいがちです。ターンの後半になるほど、角付けを強くするということを忘れないでください。 STEP 2 キレの感覚を習得する斜滑降 最もてっとり早くカービングのキレの感覚をつかむ方法は、斜滑降することです。つまりカービングターンの入り口とも言える滑りになります。この斜滑降ではカービングターンに必要なエッジング(角付け)感覚を学ぶことが、できます。 最初、助走を取るところでは、板を走らすためにちょっとだけ縦に(谷側へ)滑らせます。あとは斜面を横切るように滑りましょう。(注:この斜滑降をする時には、必ず後方から来るスキーヤー、スノーボーダーをチェックしてから行うようにしましょう。) 斜滑降して、自分の滑った跡を見ましょう!そうすると、キレていればターン弧は鉛筆の線のように細くなるし、ズレていれば太い線になってしまいます。 ①まずはフォールライン(谷側)に向かって加速させる②ヒールサイド(カカト側)つま先を引き上げてしっかりと角付けを行う ③目線を進行方向へ送り続けよう④最後は、斜面を上がるように山側を目指す トゥサイド(つま先側)でもぜひキレ味を感じれるように、斜滑降してみましょう!トゥサイドで気を付ける点は、 1)身体が内傾し斜面側に倒れやすいので、しっかりと上半身を起こすようにすること。こうした外傾姿勢(=アンギュレーション)が、ターンを安定させる。 2)スネを雪面に押し付けるようにしよう!こうすることで、しっかりとヒザと足首が曲がり、カービングに必要な角付け(エッジング)ができます。 STEP 3...
CSBA

 

five