ホーム タグ 東京オリンピック

タグ: 東京オリンピック

二刀流でオリンピックに挑戦!平野歩夢 完全プロフィール

0
スケートボードで東京オリンピック、スノーボードで北京オリンピックという二刀流に挑戦する平野歩夢。幼少の頃すでに「小さい頃の夢は?」の質問に対して「スケボーとスノーボードで世界一になること」と答えていた歩夢。名前が示すように、今、まさに夢に向かって歩んでいる。そんな平野選手を応援する気持ちを込めて、横乗りメディア視点で作り上げた完全プロフィール。 平野 歩夢(ひらの・あゆむ)1998年(平成10年11月29日生まれ)は、ハーフパイプ種目のプロ・スノーボーダー及びパーク種目のプロ・スケートボーダー。身長:165cm、体重50kg。(※平野歩夢ウィキペディア・ページ参考)新潟県村上市出身。村上市立村上第一中学校卒業、開志国際高等学校アスリートコースを経て2017年4月、日本大学スポーツ科学部に入学。2013年 X Gamesのスーパーパイプで史上最年少の銀メダルを獲得(当時14歳)。2014年ソチ・オリンピックで銀メダルを獲得し、冬季五輪日本人最年少メダリストとなる。また4年後の2018年平昌オリンピックでも銀メダルを獲得。2021年アメリカ・アイオワ州デモインで開催されたDEW TOURスケートボード大会パーク種目で26位で予選敗退となったが、その結果は東京五輪予選ランキングにおける日本勢最上位となり、開催国に1枠与えられる出場権で東京オリンピックのパーク種目に出場。結果は、14位であった。 経歴 スケートパークを運営する父・平野英功のもとに生まれて、4歳の時にすでにスケートボードとスノーボードを始めた。幼少の頃から注目のスノーボード選手となり、小学4年時には、BURTON(バートン)と契約。12歳の時、2011 BURTON US OPENのジュニアジャムに出場し優勝。またジュニアながらトップ選手が集うUS OPENハーフパイプにも出場し、13位に入り、世界を驚かした。この時から世界のスノーボード界は、AYUMUへ注目するようになった。 https://youtu.be/XudU58kF5Zw この年のUS OPENの優勝は、平野が最も憧れていたというプロ・スノーボーダー國母和宏だ。大震災直後にも関わらず優勝したKAZUの勇姿は、日本国の誇りとなった。2012年にもUS OPENのジュニアジャムに出場し優勝。2013年には、X Gamesに招待されて、史上最年少となる銀メダルを獲得!当時まだ14歳。同年のUS OPENでも準優勝を果たしている。 https://youtu.be/etbcBOvb4gY 2014年のソチ・オリンピックで銀メダルを獲得し、スノーボード界だけに注目されていた平野歩夢が一躍で全国区のスーパースターとなる。また、同大会では、平岡卓も銅メダルを獲得し、日本でスノーボード・フィーバーが巻き起こった。室内ゲレンデ・スクールはキッズ・ライダー申し込みが殺到し、社会現象にもなった。また平野と平岡の五輪メダル獲得は、日本人史上初のスノーボード競技でのメダル獲得だった。さらに、15歳74日でのメダル獲得は冬季オリンピックにおける日本人史上最年少記録で、平野はスノーボードにおける最年少のオリンピック・メダリストとしてギネス世界記録に認定された。 このオリンピックで優勝候補であったショーン・ホワイトは、慣れない柔らかい雪質に手こずり本来の実力を発揮できず、まさかの表彰圏外4位という屈辱と味わう。また初めてのスノーボードのスロープスタイル種目が行われた大会でもあったが、ショーンは直前に回避したことで、一部で批判も受けた。ショーンにとってソチ五輪は踏んだり蹴ったりの大会となってしまった。金メダルは、自身のシグネチャー・トリックでもあるヨーローフリップ(キャブダブルコーク1440)を披露したスイスのユーリ・ポドラドチコフ。 2016-2017年シーズンは未成年者選手の飲酒騒動を受けて、飲酒を否定している平野にも第三者委員会の調査のため活動休止を余儀なくされた。そのシーズンの最終戦となったUS OPENでは、左膝の内側側副じん帯を損傷と腹部を強打して肝臓も痛めるという大怪我をしてしまい、競技人生で最大のピンチを迎える。 しかし、2018年1月28日に開催されたX Gamesでは、史上初のバック・トゥ・バック1440をメイクし、さらなる進化した姿を披露。見事に金メダルに輝いた!平昌オリンピックに向けて、世界一のレベル高いランを見せた。 https://youtu.be/dmm6e-h4psw 2018年平昌オリンピックでは、決勝2回目の時点でトップに躍り出るも、ラスト3本目のショーン・ホワイトが97.75点をマークされて逆転された。前回の五輪では、嬉しい銀メダルを獲得だったが、この時のオリンピックでは金メダルを狙っていたこともあり、悔しい銀メダルとなった。一部メディアでは、平野のランの方が勝っていたという報道もあり、平野を応援する立場としてはあと味が悪い大会にもなってしまった。以下、改めて当時の平野とショーンの決勝ラン動画を紹介するので、興味がある人はどっちが勝っていたかチェックしてみよう。 https://youtu.be/Qs_OiIBOsIo https://youtu.be/jz_EggDIYeI 2021年8月5日、東京オリンピックのスケートボード会場である有明アーバンスポーツパークの夢の舞台に立った平野歩夢。予選3本ラン中、2本目でランメイクするも得点は62.03ポイントとなり、予選敗退となった。有明の会場には、冬のオリンピックで戦って来た盟友、ショーン・ホワイトの姿もあり、自分よりも一回りも若いライバルの雄姿を見届けた。夏・冬両方のオリンピックに挑戦したという「二刀流」報道は過熱し、世間の注目を大いに浴びた平野歩夢。それだけに決勝に残れなかったことは残念という声も聞かれたが、本人は挑戦を大いに楽しんだ様子。何よりその攻める姿勢、高さのあるエアは多くの人を魅了した。ツイッターでは、「平野くん」「平野歩夢」がトレンド入り。半年後に迫った北京オリンピックに向けて、早くも期待が高まっている。 この投稿をInstagramで見る...

東京オリンピック女子スケートボードで日本ワンツーフィニッシュ決めた!

0
スノーボーダーも大注目の東京オリンピック女子スケートボードのパーク種目で凄いことが起きた!四十住さくらが金メダル、最年少12歳の開心那が銀メダル、そして銅メダルはイギリスのぶっ飛び少女、スケイ・ブラウン。スケートボード世界ランク1位の岡本碧優がラストランに大逆転Vを狙うも、フリップインディで嫌われ超悔しい最後の最後の転倒。しかし、この後、決勝に参加した女子選手全員にその健闘を称えるハグ攻めに。勝っても負けてもともかく全力を尽くし、相手の最高のパフォーマンスを称えるスケートボード種目にスーパー大感動だ!数多くの感動を伝え続けて来た東京オリンピックだが、このゲームシーンはおそらく多くの人に影響を与える素晴らしいセッションであっただろう。若き女子アスリートたちに、本当に感動をありがとう!と伝えたい。 この投稿をInstagramで見る World Skate Skateboarding(@worldskatesb)がシェアした投稿...

東京五輪スケートボード会場にショーン・ホワイト参上!

0
東京五輪スケートボード会場に冬季五輪で3個も金メダルを保持するウィンター世界のスーパー・スター!ショーン・ホワイトが参上した!!!本日、開催される女子パーク種目のUSAチーム応援番長として、来日したようだ。 この投稿をInstagramで見る Shaun White(@shaunwhite)がシェアした投稿 そして、なんと本人も出たかった夢のステージ会場である東京五輪スケートボード場で、ライディングしたのだ。本人も「ここでスケートできて、超嬉しい!」とコメント。その姿が早速インスタから公開された。つい先日までは、東京五輪のストリート種目をテレビ観戦して「インスパイアされて、スケートしたくなっちゃった!」と、カリフォルニアでスケートしていたのに、まかさまかさショーンが東京に来るとは!超ビックリ!!! ...

東京2020スケート速報!!13歳対決制し西矢椛が金メダル!中山楓奈が銅メダル!!

0
どれだけ凄いんだ日本のスケートボード陣!先ほど開催された東京2020スケート速報デス!!13歳対決制し西矢椛が金メダル!さらに中山楓奈が銅メダル獲得!!ブラジルのライッサ・レアウが、終始圧倒する展開の中、見ごたっぷり対決で最後は 西矢椛が制した。金メダルが決まった瞬間、思わず涙を流した。 おもしろ過ぎるスケートボード大会。目まぐるしく順位が移動するハラハラドキドキ対決は、見る者を魅了する。ラスト2本となったBEST TRICK方式で遂に西矢椛がトップに立ち、最後のトリックも見事にメイクして金メダルを獲得。 ブラジルのライッサ・レアウも 西矢選手と同様の13歳。東京オリンピックの記念すべき女子スケートボード大会は、この二人の13歳コンビが盛り上げた。しかし、レアウが最後のトリックを失敗してしまい中山楓奈の最終トリックによっては、日本勢の金銀メダル展開にもなったが…、中山選手は最後決めることができずに、銅メダルとなった。 しかし、日本のスケート勢は男女で金メダルと大活躍!スノーボード関係の代理店、メーカーはスケートの商材を扱うところも多くあり、この日本スケート勢の活躍により日本でさらにスケートブームとなって業界は活性しそうな気配だ。 金:西矢椛(日本)銀:ライッサ・レアウ(ブラジル)銅:中山楓奈(日本)

歴史に名を刻む!堀米雄斗が初代オリンピック・スケートボード王者!!金メダルに輝く!!!

0
歴史に名を刻んだ!東京オリンピックで初の開催種目となったスケートボードのストリートスタイルで、堀米雄斗が初代王者!!金メダルに輝いた!!! 最初2本のRUN方式での45秒内でのセッションで4位に着けていた堀米雄斗は、残り5本のBEST TRICK方式セッションに賭ける。この時点での 堀米選手は、思うように行かなかったようで笑顔なく、難しい戦い模様に見えた。 そしてBEST TRICK方式では3本目まではなかなかトップになれないジレンマな展開となったが、4本目に遂にノーリー270からのボードスライドを決めて、9.50という高得点を獲得。これで、一気にトップに立ち、最後もそのまま逃げ切りに成功!!!最終的には、5本中のBEST TRICKで失敗は1本だけとなり、見事に初代スケート五輪王者となった。 大会全体の印象としては、スケートボードの国際性とリラックス度を感じたスケートらしいものになったと思う。お金がないと、なかなか続けれられない五輪スポーツが多い中で、スケートボードは世界中で誰もができる気軽に楽しめるスポーツだ。だからこそ決勝に残った選手は、北米大陸、南米大陸、ヨーロッパ、そして日本というグローバルな展開になったのだろう。選手たちは、自身の最高トリックに挑むも失敗しても悲痛な表情などあまりしないで笑顔であるところとか、他のオリンピック・スポーツに見れない特色。また、これほどハードなことをしてTシャツに短パンという薄着姿もスケートらしいようにも思えた。まさにスケートボードは、オリンピックに新しい風を吹き込んだと言えよう。そんな記念すべき東京2020で初代チャンピオンに日本人選手、堀米選手が輝いたことを誇らしい。おめでとう!!! この投稿をInstagramで見る ...

これが平野歩夢の東京オリンピック夢のステージ!World Skate Skateboardingがパークを披露

0
これが平野歩夢の東京オリンピック夢のステージ!東京オリンピックのスケートボード種目を管轄するWorld Skate Skateboardingが、パークを披露した。関係者からも評判が高く、「記念すべきスケート五輪、最初のステージにふさわしい!」という声が上がっている。 この投稿をInstagramで見る World...

平野歩夢の最新インタビュー動画!父や育ててくれた環境、故郷に感謝!!

0
平野歩夢の最新インタビュー動画『AYUMU HIRANO | Aspire - Inspire: Ep 04』が、Monster Energyチャンネルからアップ!インタビューの中で「お父さん、お兄ちゃんの影響でスノーボード、スケートボードを始めた」ということ。また「毎日スケートに行けるところがあったから今がある」と、その整備してもらった父や育ててくれた環境、故郷に感謝するコメントを世界に配信した。小さい頃のめっちゃキュートな平野選手の貴重な映像もアリ「超」必見!!!この動画エピソード、Aspire - Inspireシリーズは、これまでに3人の世界トップスケーターを紹介して、平野歩夢が4人目。aspireは、「志す」「目指す」、Inspireは、「その気にさす」「きっかけを与える」という意味があり、これから二刀流でオリンピックに挑戦する平野歩夢が、これまでの人生で影響を受けたホームタウンの新潟県の村上市、また育った環境のことなどを紹介。海外向けコンテンツで、これまでAyumuのことをそれほど知らなかったファンにも、より彼の魅力を伝えることになりそう。早くも英語での書き込みが来ており、「それは最高に素晴らしいストーリー。 歩夢のお父さんは本当に凄い。 お父さんが歩夢の後ろでずっと後ろで見守り、より高いレベルに引き上げているのは素晴らしいことです!」というコメントも残されている。 いよいよ夢の東京五輪というステージに立つ平野歩夢。彼の挑戦を応援せずにはいられない。この夏は、ぜひ横乗りフィーバーを巻き起こしてほしい。 https://youtu.be/k7XcVBknmGA ●以下、あなたにオススメの記事リンク。 https://dmksnowboard.com/ayumu-hirano/
CSBA

 

five