ホーム タグ 戸塚優斗

タグ: 戸塚優斗

戸塚優斗がYONEX PVで「全戦勝って嬉しいけどちょっと悔しい」理由を語る

0
ヨネックス・スノーボードは、戸塚優斗が使用するボードモデル、REVのPVをアップ!そのインタビュー動画の中、戸塚は「全戦勝って嬉しいけどちょっと悔しい」理由を語った。 この投稿をInstagramで見る ヨネックススノーボード(@yonexsnowboards_japan)がシェアした投稿 「全戦勝ちたいって目標があったんでそれが達成できて嬉しいけど自分がやりたかったルーティーンとか技はできなかったところが所々あったのでそこがちょっと悔しい」 以上の発言がわかるように、戸塚選手は結果も大事だが、また同様に自分の理想とするルーティーンをしっかりと掲げて、そこに向かって挑戦し続けて来たことがわかる。 また、「滑る前は不安」ということも語っていて、その緊張を顔には出さないようにしているという興味深いコメントも。その他、REVの魅力も語っているので、気になる人はぜひ最新動画、チェックしてみよう!! ●関連記事北京オリンピックに弾み!戸塚優斗が世界選手権を制し金メダル獲得!!!https://dmksnowboard.com/yuto-gold-2021-snowboard/

平野歩夢が代表入りの実力見せた!全日本スノーボード選手権準優勝!!優勝は戸塚優斗

0
14日、札幌ばんけいスキー場で行われた全日本スノーボード選手権ハーフパイプ決勝戦に前人未到の北京&東京オリンピックを目指す平野歩夢が登場!前日の予選では3位だったが、決勝ではさらにワンランクアップ!見事に準優勝に輝いた。来季、ワールドカップの選考を担う重要な一戦で嬉しい結果となった。優勝は、世界選手権の王者で、今季FISワールドカップ・ランキングのポイント1位でもあった戸塚優斗。 #スノーボード の #ハーフパイプ 全日本選手権。男子優勝は #戸塚優斗 選手でした🏆今季はW杯、世界選手権、Xゲームズも全戦優勝。無敗のまま北京五輪プレシーズンを終えました😲この日は、2位だった #平野歩夢 選手と3年ぶりの直接対決。「テンションが上がった。楽しい大会でした」(岳) pic.twitter.com/w0pwXhCesI— 朝日新聞ウィンタースポーツ (@asahi_winter) April 14, 2021 1本目失敗ランとなり、勝負を賭けた2本目の平野歩夢が決めたルーティーン。フロントサイドダブルコーク1440→キャブダブルコーク1080→フロントサイド1260→バックサイド900これで、89.00ポイントという高得点をマーク!一方、戸塚優斗の方は、フロントサイドダブルコーク1260→バックサイド900→フロントサイドダブルコーク1440→キャブダブル1080というルーティーンで94.25ポイントを獲得!!これで、戸塚は、世界選手権、X Games、ワールドカップ2戦(Laax OpenとUSグランプリ)、そして今回の全日本と全戦全勝という偉業を成し遂げた!北京オリンピックに向けて、万全の強さだ。 一方、平野にとっても、今季はワールドカップに挑戦できないという厳しい状況の中、国内の代表争いである重要な一戦で、戸塚に続く2位という結果を出したことは大きい。 札幌で大会に出場した平野歩夢選手から、試合後のメッセージが届いています‼️二刀流の挑戦を皆さんで応援しましょう✨#平野歩夢#スノーボード#ハーフパイプ#二刀流 pic.twitter.com/bBez323e3L— UNIQLO_Ambassadors (@UQAmbassadors) April 14, 2021 平野歩夢の全日本での立場...

ショーン・ホワイトがW杯に帰って来た!!!予選2位、1位通過は戸塚優斗

0
ショーン・ホワイト(34)が平昌オリンピック以来、3年ぶりにコンペティションの舞台に帰って来た!!!コロラド州アスペンで行われたワールドカップの復帰戦でいきなり予選2位通過だ。だが、日本が誇るエース戸塚優斗(19)がショーンの前に立ちふさがり1位通過を阻止した。 現在までオリンピックに出場できるポイントが0点でゼッケン番号37を付けたショーンが遂にハーフパイプの大会会場に立った。ショーンは一本目にフロントサイド・ダブルコーク1080→キャブ・ダブルコーク1080→フロントサイド540→トマホーク(ダブルマックツイスト1260)→アーリーウープ540で、いきなりトップに躍り出た。 この投稿をInstagramで見る FIS Snowboard World...

戸塚優斗 X GAMES 悲願の初金メダル!平野流佳がデビュー戦で銅メダル

0
17歳の頃からX GAMESに参加しスコッティ・ジェームスに甘んじずっと銀メダルだった戸塚優斗が、遂に3度目の挑戦で、悲願の初金メダル!これでトータル3個目のX GAMESメダルとなり、奇しくもビクトリーランも3本目に訪れた。 https://youtu.be/K5c249MHY-0 フロントサイド・ダブルコーク1440→キャブ・ダブルコーク1260→スイッチバックサイド1080→バックサイド・ダブルコーク1260→フロントサイド・ダブルコーク1260 まるで、先日、ラークスで優勝した時のようなパーフェクトラン。違うのは、上下ブラック、ボードのソールもダークカラーだったのが、今回は上下ホワイト、ボードのソールもホワイトなところ。また、あの日は、ゴール際ギリギリでのヒヤッとした最終メイクでガッツポーズが炸裂したが、今回は余裕を持ってのメイクだったところ。2年ほど前には、王者スコッティは頭一つ抜けていたが、今では優斗の方が一歩進んでいる感すらある。油断はできないが、まさに現代の若きパイプ王と言っていいだろう。 銀メダルは、やはりスコッティ・ジェームスだった。勝負を賭けたラストランで、スイッチバックサイド1260→キャブダブルコーク1080→フロントサイド540→バックサイドダブルコーク1260→フロンサイド・ダブルコーク1440ラークスの時には、最後のフロント14が、12だったがさらに上げて来て1440まで回して来た。しかし、それでも戸塚優斗のポイントには届かず銀メダルとなった。これで、戸塚とのライバル対決は、昨年のUS OPENから3敗目を喫することになった。 この投稿をInstagramで見る ...

ショーンに対抗意識!?ホワイトに身を包んだ戸塚優斗がXゲームのスーパーパイプに登場

0
これは、ショーン・ホワイトを意識してのホワイトに身を包んだのか!?上下ホワイトのウエアは、ショーン・ホワイトの真骨頂だったが、なんと戸塚優斗がそのショーンに対抗意識を持ったのか、全身ホワイトでXゲームのスーパーパイプに登場した。 この投稿をInstagramで見る S P E...

快挙!戸塚優斗がLAAX OPEN 逆転優勝!!!

0
本日、行われたLAAX OPEN(スイス・ワールドカップ大会)のハーフパイプで、戸塚優斗が宿敵スコッティ・ジェームスから逆転優勝!!!1本目、スコッティの93.75点に対し、戸塚は90.25点で2位のポジション。勝負を賭けたラストとなった2本目で猛チャージを掛けた! https://youtu.be/cKYwrB2Z-dU フロントサイド・ダブルコーク1440→キャブ・ダブルコーク1260→スイッチバックサイド1080→バックサイド・ダブルコーク1260→フロントサイド・ダブルコーク1260 戸塚は、このランで95.25という最高得点を叩き出し、見事に逆転優勝を果たした! 昨年同地で、スコッティに実力の差を見せつけられ2位に甘んじたが、今回はさらに成長する姿を見せて雪辱を果たした。大逆転劇に、LAAX OPENフィナーレのボルテージは最高潮に達した。トリを飾ったのは、日本の若きエースだった! 戸塚は、昨年にも歴史あるUS OPENで遂にスコッティを破り優勝を成し遂げたが、そのエース級の実力が、ヨーロッパを代表する大会でも証明。US OPENに続き、LAAX OPENまで優勝したことは、歴史に残る選手と言っていい。これは、大快挙だ! 一方、2位となったスコッティは、1本目のランでは、以下のルーティーンでトップに立っていた。 スイッチバックサイド1260→キャブダブルコーク1080→フロントサイド540→バックサイドダブルコーク1260→FSダブルコーク1260 赤く記したところは、昨年の優勝ルーティーンと違ったところ。フロントサイド540(フロントサイド900)FSダブルコーク1260(フロントサイド・ダブルコーク1440) カッコ内のトリックが、昨シーズン同地で優勝で放った技だ。スコッティの2本目は、失敗ランに終わり、優勝の行方は、戸塚の最終ランに掛かった。 最終的には、上記に紹介したように戸塚が2本目で前人未踏のレベル高いランで終え、逆転優勝を決めた。 しかし、例えスコッティが、昨年のようなランを決めても、今大会で戸塚が放った1440+(1260×3)には、及ばなかっただろう。改めて、戸塚が成長し、現在ハーフパイプ界で世界の頂点に立っていることがわかる。さらに日本勢の勢いは止まらなかった。平野流佳が3位を決めたのだ!スイッチバックサイド・ダブルコーク1080→バックサイド・ダブルコーク1260→フロントサイド・ダブルコーク1080→キャブ・ダブルコーク1080→フロントサイド・ダブルコーク1260以上のランで1本目から88.25点という高得点!2本目は、さらに攻めたが、ミスしてしまってそのまま3位となった。 男子でもう一人決勝へ行っていた片山來夢は、残念ながら2ランとも失敗に終わり、10位に終わった。 男子のトップ3人の選手は、奇しくも来週に開催されるX GAMESにも招待されていて、この3人は復活を遂げるパイプ界の巨人!ショーン・ホワイトと対戦することになる。しかし、今の戸塚の勢いなら、このままショーンの牙城も破ってしまいそうで、そのシーンを想像するだけでも、今から胸の鼓動が高まってくる。今夜は眠れそうにない。 2021 LAAX OPEN 男子ハーフパイプ成績1 戸塚優斗(日本)2 スコッティー・ジェームス(オーストラリア)3 平野流佳(日本) 男子ハーフイプ詳細結果http://medias1.fis-ski.com/pdf/2021/SB/6431/2021SB6431RLF.pdf 一方、女子の方でも、日本勢大活躍!優勝は、クロエ・キム(アメリカ)に譲ったが、2位以下はジャパン勢が独占。2位に小野光希、3位に冨田せな、4位には松本遥奈が入った。 見事に復活のW杯で優勝を遂げたクロエ・キムは、一発目のバックサイド・ヒッツで、巨大メソッドを決めて、その後は、フロントサイド1080をクリーンに決めた。その後は、キャブ1080、フロントサイド900、最後はマックツイストで締めて、89.75という高得点。まったくブランクを感じさせない鮮やかな滑りで、女王君臨を観衆に見せつけた。 https://youtu.be/aA3-heEVe6Y 2021 LAAX OPEN 男子ハーフパイプ成績1 クロエ・キム(アメリカ)2 小野光希(日本)3 冨田せな(日本) 女子ハーフパイプ詳細結果http://medias1.fis-ski.com/pdf/2021/SB/6432/2021SB6432RLF.pdf 今大会では、男女合わせて6つしかない表彰台スポットで、実に4スポットも日本人選手が支配!戸塚の大逆転劇ランもあり、まさにラークスの夜はジャパン旋風が巻き起こった。 ...

追い撮りの神が撮影したX GAMES 2020ハイライト集

0
世界最高峰の追い撮り撮影者と言われるGimbal God。その追い撮りの神と言われる彼が、X GAMES 2020のハイライト映像集が公開! 追い撮りならではの臨場感。トップライダーたちの真の動きに迫る貴重な映像かも。 日本人ライダーたちも大活躍で、戸塚優斗のパートは、3:16から。 https://youtu.be/pvLyNwP0X5w 0:00 Intro0:13 Slopestyle Section2:41 Crash2:53 Darcy/Stale Practice Wrap Up3:16 Yuto Totsuka Night Pipe5:09 Stale Sandbech Section5:55 Jamie Anderson Section6:13 Hailey Langland...
CSBA

 

five