日本から世界へ HEART FILMS

ハートが2010-11にドロップさせる最新作『Heart Films vol.4』のティーザー(予告動画)が、世界の主要メディアでも紹介された。これまでにもグローバルに販売されたハートだが、今年はより一層メジャーに世界で発信できる気配が漂っている。海外メディアで発信したティーザーが、とても高い評価を受けているのだ。いよいよハートのテーマである「日本から世界へ」が、より色濃く現実の出来事となっている。
そこでこの注目されるハート軍団へスポットを当て、各ライダーの特徴がフューチャーされる特集を組むことにした。
ハートの歴史を振り返り、ハートの目的を再確認。
さらにはハート・ライダーをよく知るフィルマー&編集の田島継二に各ライダーの魅力を伺ってみた。

(C)KOEJI TARO

 
Heart Films webサイト:http://heartfilms.com
Heart Films blog: http://snowboardnet.jp/heartfilms
Heart Films twitter: http://twitter.com/HEARTFILMS_KG
 

Story: Fusaki IIDA 

ハートの歴史
 
日本という枠から飛び出して世界の舞台で活躍していた布施忠。そんなグローバルなライダー忠が、「より多くの人にスノーボードの魅力を伝え、日本人ライダーも世界で輝いてほしい!」という思いでハートはスタートした。
 
ハート1作品目『heart films vol.01』は、2006年9月30日にリリース。
国内プロダクションでは初となる、本腰でバックカントリーを舞台にしたこの作品は、この年、大きな反響を呼んだ。
アラスカ・ロードトリップの映像は、見どころの1つ。

ドキュメンタリーと各ライダーのパートを構成した2枚組DVD。
また音楽を2曲使用した平岡アキ・パートのように、その頃のスノーボードビデオにはない構成だ。

日本各地から盛り上げるというために、ハートのメンバーは日本の北から南までのライダーが集まった。

出演ライダー
布施 忠、平岡 暁史、鈴木 拓巳、高橋 博美、マグン、石原 崇裕、Natasza Zurek、鎌田 潤、小西 隆文、鈴木 翔太
 
 
最初の作品で業界の話題をさらったハートは、2作品目『heart films vol.02』で、一気にファンを拡大して行く。

ハート・チームのために作られたムーン・パークでの映像、また平岡暁史の頑張りに生まれたパートも評判を呼んだ。そして雪崩に巻き込まれる忠のシーンは、強いインパクトを残した。

忠以外の多くの日本人ライダーは初スノーモービルの海外バックカントリーでの本気撮影に挑んだ作品でもあった。

初の全国プロモーションは、各地で大盛況に包まれ、まさにハートの勢いは拡大した。

出演ライダー
布施 忠、平岡 暁史、小西 隆文、マグン、鎌田 潤、鈴木 拓巳、鈴木 翔太、脇坂 幸助、石原 崇裕、高橋 博美、Natasza Zurek
 

ハート3作品目『heart films vol.03』のテーマは、旅。ウィスラー以外の北米では、アラスカ、ゴールデンで撮影。北海道ニセコの羊蹄山にも登った。ナチュラル映像が多いのが特徴で、ドキュメンタリー性も高まった作品。ライダーがどのようにシーズンを過ごしたか、ということがよりフューチャーされた。
試写会は、日本だけでなくアメリカ、カナダでも慣行!
 
ナチュラル度がさらに高まったパート3は、スノーボーダーたちが根底に持つ、本能のライディングを見せたと言えよう。そう言った意味では、最もハートらしいカラーは出した作品。しかし、その一方でこの時代のスノーボード・ビデオらしくない、トリックやストリートシーンをあまり見せない作りは、一般ユーザーには地味にも映った。良い意味では、コマーシャルナイズされずに本気でスノーボーディングに向き合ったと言えたが。
 
この流れから、来季のハートはどのような方向で動くのか注目された。

出演ライダー
平岡 暁史、鈴木 翔太、Natasza Zurek、脇坂 幸助、DONN HORE、高橋 博美、布施 忠、田中 幸、安立 風太、小西 隆文

ハート4作品目『heart films ZERO』は、ウィンター・ビジネス不況という厳しい風を受けながらリリース。
この年、ハートはスポンサーが思う通りに集まらなかった。そんな中、ハートは大胆に動いた。
あまり人の目は気にせず「自分たちの作りたいように作ろう!ということになったのだ。

この作品の中では、「誰々のメーカーがスポンサードしてくれたので誰々を出す」ということはほとんどナシ。その結果、各ライダーのパートはなくなった。出演しているライダーは、ほぼ忠とコニだ。当初は、平岡アキが参加することになっていたが、ケガにより忠&コニをおもいっきりフューチャーさせた作品になったのだ。

バックカントリーのパウダー。そこに、忠、コニのトークがかぶさっていく。
山全体をスノーボードの遊び場として、そこにライダーたちが気持ち良く滑るという映像が続く作品である。

この作品はハートの原点回帰となり、作品タイトルも「zero(0ゼロ)」になったのである。そう、ハート3の次は4ではなく、0。そして来る2010-11作品が4となるのだ。

出演ライダー
布施 忠、小西 隆文 、平岡 暁史、MAGUN、安立 風太、安藤健次、井上 智秀、村木由隆

以下、この秋にリリースする最新作 Heart Films Vol.04 ティーザー。


 
 
 
 
ケイジが語るハートライダーの紹介

Heart Filmsにとって欠かさない男と言えば、布施忠。そして、忠にとって欠かせない男と言えば、田島継二だろう。ケイジは、1995年シーズンにカナダのプロダクションズ、Whiteout Filmsで撮影を行い、日本人では初の海外フィルマーになった。それ以来、ずっと忠と撮影を重ねて来ている。

KEIJI TAJIMA

ハートには、ケイジと同じように撮影&編集を行う越路太郎という心強いパートナーもいるが、常に忠と共にハートの夢を歩んで来たのはケイジだ。それだけにケイジ抜きでハートは語れない。

そんなケイジは、ライダーと共にトリップに行き、撮影を重ねているだけに、ライダーのことをより理解しているという存在でもある。
そこでよくライダーを知るケイジに、ハート最新作Vol.4に参加するライダーを紹介してもらった。
一般的には知られていないようなライダーの姿も披露してくれるので、おもしろい!

最新作がリリースされる前に、ぜひここで個性的なハートのメンバーをチェックしておこう。

布施 忠
Tadashi Fuse

 
言葉よりも行動。有言実行で、上手くいっても決して満足しないで燃えてますね。
常に前進。まるでマグロみたい。笑
ハイクは早すぎ。もし世界ハイク選手権みたいなのがあったら、かなりいいところにいけるのでは??
皆さんもご存知の通りスノーボードはハンパなくうまい。というか凄い。
スノーボードが本当に大好きなんだなと感じるライダー。


 
 
平岡 暁史
Akifumi Hiraoka

 
アキくんは一見クールに見られがちかもしれないけど、みんなをメチャクチャ笑わせて盛り上げてくれるムードメーカー。
頼れる兄貴的な存在ですね。 パワフルでスケールの大きいライディングを魅せてくれます。
海外クルーに入っても引けを取らないライダーだと思います。
今まで一緒に撮影してきた中で、今季は本当に楽しんで撮影をしていましたね。

小西 隆文 
Takafumi Konishi

コニは何でもそつなくこなす”巧い!”と感じるライダー。スムーズなライディング。
国内ではどこに行ってもトリを飾れるくらいの実力者。
オールランダーで、今季はやばいストリートレールもやっつけてますよ。
やさしそうに見えて、時々乱暴なダークコニぶりを見せることもあります(笑)。

 
安立 風太
Futa Adachi

フータは空中でもスタイルバリバリでカッコいいですね。
パウダーでも関係なくいつでもフル・オーリー。(笑)
本人狙っていないけど、トラブル・ハプニングが多くてよく笑わせてくれます。
頑張り屋で、意外性の高いライダー。

 
村木由隆
Yutaka Muraki

 
ユタカは、、、お調子者ですかね???
でも意外と真面目で、ちゃんと考えていなさそうで、すごく深く考えているエネルギッシュで熱いライダーです。
ドロップの時はめちゃくちゃ気合い入りまくり。場を盛り上げてくれるムード・メーカー。
酒はとにかく弱いです。(笑)

井上 智秀
Tomohide Inoue

トモは、ランディングに穴をいっぱい空ける爆弾小僧(笑)。
まだトップとの実力差はあるけど、人一倍山に上がって頑張ってました。
壁に当たっても心が折れない強さを持っていて静かに燃えているタイプですかね。
やさしくて面倒見がいい。周りをよく見てます。
ちょっとしたきっかけで化けるかも???

 
渡邉雄太
Yuta Watanabe

ユータは、一見しっかり者に見えるけど、かなりの天然でちょいちょいやらかします。
いつも微妙に遅刻とか、モービル歴が長いのにガソリンとかオイルを充分入れて来なかったり。
トリックというよりラインとかの山滑りで魅せるタイプですね。スノーボード、山が大好き。
髭モサモサで年齢不詳。山おじさん。(笑)

ロメイン・デ・マルチ
Romain De Marchi

ロメインは、やる事を決めたらとことん行くタイプですかね。
攻め攻めで荒々しいライディング。うまくいかないと自分にキレて、ファックを連発することも。
それだけスノーボードに真剣で、男らしいパワフルなライダー。
酒もイケイケです。(笑)

 
JPソールバーグ
JP Solberg

JPはジャンプが凄いというイメージがあったけど、スノーボード(滑り)がうまいと今季一緒に撮影して感じました。
飛び出してからランディングまでフルロックで(体を固める)ストンプ(ピタ着)する。カッコいいッスね。
ムキムキボティーの持ち主。明るく気さくによく話すムードメーカー。
麺類が好きで、特にラーメンは大好き。 あり得ないくらい食べます。

藤田一海
Kazuumi Fujita

 
まだ自分はカズウミとはいっしょに撮影していないけど、今季初バックカントリーだったので苦戦していたけどかなり撮影を楽しんでいたと聞いてます。
あれだけパイプがうまいので本気でバックカントリーやるようになったら、そこらへんのライダーとかは食われちゃうかも??
これからが楽しみですね。

 
 
ハートをよく知るケイジにワンポイントQ&A

ハートの目的は?

基本変わらず。大変だけど、楽しいことをやっているので、その楽しいことを多くの人に知ってもらいたい。
二歩のスノーボードを盛り上げたい。
日本人ライダーののレベルアップをしたい。

ケイジが考えるハート・ライダーの条件とは?
 
スノーボードが大好きで情熱があること。
その人のスタイルがあって、本気で上を目指しているライダー。
面白いキャラ??

ハートのもう一人の撮影&編集をしている太郎さんとは、どのような役割分担?

主に撮影した方が、その映像素材を理解していることから、そのパートの編集をするケースが多いです。
またオープンニングは僕がやることが多い。
 
 

最新作Heart Films vol.4の注目ポイント
 
前作ハートzeroでは、各ライダーのパートがなくなったが、今回のハート4ではライダーのパートとシーズンの流れがうまくミックスさせられるようだ。
外国人の大物スター、ロメイン・デ・マルチ、JPソールドバーグもこの作品に力を注ぐ。
そして、まだ無名で未知な可能性を持つライディングのハート若手三銃士ユタカ、トモ、ユータにも注目だ。
やはり日本が生んだ世界トップレベルの布施忠の存在も気になるところ。もしかしたら、ドカーンという登場もあるのかも!?
この秋のリリースが待ちきれないが、最後に最新作品のピックアップ・フォトを紹介しよう。

 

 Heart Films Vol.4
coming September 2010