まだ着れるかもしれないウェアに修理という新発想サービスSNOW FLICKR

楽しかったあの時代、スノーボードに熱い気持ちも寄せて休憩も取らずに滑りまくったあの日々。
しかし、あの時のウェアは、もう破損してしまって着れない…。

そんなあなたに朗報です!

7月17日にオープンしたばかりのSNOW FLICKRでは、様々なウェアの修理に対応。

ドットボタン付替 ¥1,080~
マジックテープ付替 ¥2,325~
破れ・ほつれ等の補修 ¥5,440~
丈つめ・サイズ調整等 ¥6,045~
エッジガード強化/補強 ¥7,130~
ファスナー取替(ロング) ¥6,660~
ファスナー取替(ショート) ¥6,020~
部分的リメイク ¥5,270~
ダウン製品の破れ_D1 ¥4,185~
ダウン量の追加_D2 ¥930~

以上、参考サービス料金。
しかも、今ならオープニングサービスで10%OFFに!

今回、このウェア修理というビジネスを立ち上げたSNOW FLICKRの前河一美さんは、元はメーカーでウェア作りをされていた。在籍していたブランドの試作品の制作をしながら、ウェアの修理にも携わった。
とても古いウェアやマウンテンジャケットにダウンジャケットなど、全国から寄せられる修理品は多く、さまざまな内容であったという。
 
「こんなにも修理依頼の需要があるとは..。驚きと同時にお客様の商品へ対する拘りをとても感じました。必ずしも安ければ良いと思っている人ばかりでは無いと。」

そんな思いがある中、昨季は不景気と共に年々の雪不足も深刻な状況へ。さらにコロナウィルスの追い打ちまでも…、大変な時代に突入。
 
「雪山遊びは、ギアやリフト券や交通費など、お金が掛かる遊びでもあります。     
1回でも多く滑りに行きたいと、やり繰りしながらスキーヤー・スノーボーダーの皆さんは雪山遊びを続けていると思います。環境の変化と共にフェードアウトする人も増え、好きなことを続けるのも大変なご時世になりました。そんな中で、数年の度に板やウェアを買い替えることも、大きな出費だと思います。
板などのギアはリペアやチューンナップ専門店がありますが、ウェアはメーカー直以外に専門店はありませんでした。そこで、このSNOW FLICKRをと考えました。
修理して大切に着ることは、今の時代には必要な一つの形だと思います。  
良いメンテナンスや修理をすることで、お気に入りのウェアは着続けることができます。 また、世界に一つの自分だけの拘りのウェアを作って、大切に着続けることも、ぜひ楽しん欲しいです。 
そして、SNOW FLICKRは雪山遊びをこよなく愛する一員として、スキーヤー・スノーボーダーの快適なスノーライフのお役立てができたらと考えています」

SNOW FLICKRに関するくわしい情報、お問い合わせ先などは、以下のサイトをご覧ください。
https://www.snowflickr.com/