二十歳の新鋭ゼブ・パウルがXゲームのナックルハック初制覇!マーカス・クリーブランドは銀メダル

X Gamesウォーク、先ほどすべての競技が終了!
スノーボードの最終種目となったキッカーの着地エリア、ナックルを利用した競技、Wendy’s Snowboard Knuckle Huckだ。この競技は、昨年度も大きな話題となった新しいスノーボード種目である。(※昨年の映像はこちらから→https://youtu.be/U5Ne5t2RqNc)は、二十歳の新鋭のゼブ・パウルが制し、Xゲーム初出場にして金メダル獲得!このナックル・トリックの先駆者とも言えるマーカス・クリーブランドは銀メダルとなった。

身体を寝かしてからのトゥーイーク・エアー、バックフリップ・ハンドプラント、ノーリーキャブから720、4本目にはアプローチ中にノーズプレスからアクシデントで転倒(?)するも、すぐに起き上がり、キャブテールタップ360を決めるなど、恐るべし身体能力を発揮!
そして最後は、クルクルとキャブ900を決めた。
世界には、まだ見ぬ恐るべきライダーがいるものだ。ゼップ・パウル、今後のスノーボード界に要チェックなトリック・マジシャン。

この大会の全編映像は、一番下に貼り付けたので時間がある時にでもぜひじっくりご覧ください。

「Xゲームってやっぱりおもしろいね!」という一週間でした。
今年も素晴らしい大会、ありがとう!!

Wendy’s Snowboard Knuckle Huck

Final

RankName
1Zeb Powell
2Marcus Kleveland
3Fridtjof Sæther Tischendorf
4Halldor Helgason
5Rene Rinnekangas
6Jake Canter
7Frank Bourgeois
8Ryo Aizawa