ファッションだけではない!SANDBOXヘルメットの優れたベンチレーションシステム

実を言うとファッションだけではない!SANDBBOXヘルメットは、独自の優れたベンチレーションシステムによって、ヘルメット内を画期的に通気性をよくしている。意外に知られていない機能面の高さをご紹介しよう。

①前方の穴からは、ライディング中の空気をヘルメットの中に一度入れて、チムニー(煙突)と呼ばれる溝から上部に押し上げる。
②ヘルメットの中の蒸気なども、同じくチムニーから上へ押し上げられるようになっている。前方にもチムニーがあり、ゴーグルからの熱気を上に押し上げる仕組みだ。
③そして、前方、内部の蒸気は、後方から出て行くようになっているのだ。合計11個に及ぶ穴がこうした優れたシステムを演出している。

以上が、SANDBOXのCLASSIC 2.0モデルが誇るベンチレーション・システムだ。

機能的で、頭でっかちにならないようなスムースなデザイン、さらにツバはライディング中に空気抵抗を受けないように微妙なサイズに設計、そしてなおかつオシャレなカラーリング!

さらに今季の最新モデルは、インナーが取り外せ丸洗い可能。
サイズ調整もバッチリだ!
当然、国際安全基準(CE EN 1077認証済み)をクリアしたプロテクション強度も誇る。

about Sandbox:
Sandbox(サンドボックス)は、カナダのレジェンド・プロスノーボーダーのケビン・サンサローンが、ムービープロダクションズとして、2004年に立ち上げられたブランド。
タレント性が豊かなライダーたちと数多くのシューティングを行っていたが、これまでの安全性一辺倒で遊び心のないヘルメットに不満を感じていた。そこで 2007年、ケビンはファッションのエッセンスを強く打ち出したつば付きキャップ型のヘルメットをSandboxブランドとして発表!
このスタイリッシュなヘルメットは瞬く間にウィスラー・スキー場のローカルライダーたちに受け入れられた。その勢いは、スノーボーダーに留まらずオシャレに敏感なスキーヤーまでその勢いは波状した。Sandboxはセーフティさとファッション性を兼ね備えたヘルメットとして幅広く認知され、北米を中心に世界中にファンが拡大された。
スコッティ・バイン、ジェイミー・ニコルズなど、現在のスノーボードシーンを騒がす個性的なライダーも使用している。
Sandboxは、ライダーズ・ドライビング・ブランドで、雪上でライディングする人の声を尊重し、既存のスキー、スノーボードのヘルメットでは考えられなかったカラーリングやグラフィックを生み出している。カナダで最も人気が高いヘルメット
CAPiTAのオーナー、ブルー・モンゴメリー氏やレジェンドライダー、デヴァン・ウォルッシュなども愛用されており、スノーボード業界で最も敬愛されているヘルメット・ブランドでもある。

Sandbox Facebook
https://www.facebook.com/sandboxjapan

Sandbox Instagram
https://www.instagram.com/sandboxjapan/?hl=ja

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@fieldgate.jp

https://www.sandboxland.com/