【フサキ日記】即決!バンクーバーへサンドボックスのミーティング

昨夜、サンドボックスを作っているエンデバー・カンパニーの代表のマックスとメールで何度かやりとりして、「それじゃあ、明日行くよ!」ということで、即決!本日、バンクーバーに行って来ました。

この夏は、いくつかのスノーボード関連会社の方と、ZOOMミーティングも経験したけど、やっぱり実際に会って、直接話した方が楽しいし、伝わるな、と思います。
「会おう!」と思えば、すぐに会える距離なんだし、行かない手はないですよね。

お陰様で、今季のサンドボックスの販売の出だしは、好調です!
これまでサンドボックスを購入していない方に買っていただいたり、また新規のお客さん(ショップ)からの問い合わせも増えて来ました。
そんな中、来季の展開など話し合いました。

残念ながら、中身はナイショなんだけど、サンドボックスのファンの方には、また喜んでいただけるニュースをお届けできますので、ぜひ、楽しみに待っていてくださいね。

ちなみにエンデバーは、ご存じのようにスノーボードも作っているのですが、それ以外に、ネックウォーマーなどで有名なAIRHOLEも作っています。

お土産に、ヘルメットの他、バラクラバとマスクまでいただいてしまいました。

「えー、悪いよ!」と言ったら、
「大事なお客さんだから気にしないで」と。

お客さんなんて意識はなかったけど、確かにマックスからしたら日本の代理店サイドは、サンドボックスを買ってくれるお客さんという意識もあったんだなあ、と思いました。

でも、こちらとしてもこんな素晴らしいブランドを日本で販売させてもらって感謝しているので、これからもしっかりと連携しながら、またアイデアを出しながら、一人でも多くの人にサンドボックスの魅力を伝えていきます!

いただいたヘルメットとバラクラバは、早速、明後日の初滑りで使う予定です。楽しみだなあ。