Sandboxシルエットが美しい宗野かれんの富山シーン

美しくてスノーボードのスタイルも抜群に良い!と業界でも評判上々の宗野かれんが、自身のスポンサーであるSandboxツバ付きヘルメットをかぶって、富山キングスで美しいシルエットフォトを残した。

日本ならではの夕焼けが広がる山々の景色と重なって、見事な写真だ。
冬の間もツバ付きのヘルメットを愛用しているが、おそらくこちらのモデルは、ウォータースポーツでも使用できるLOW RIDERモデルだろう。
ウィンターに使用するヘルメットには、国際基準の安全を確保するためにEPSインナーを使用しているが、このサマーのヘルメットには、ABSシェルと呼ばれる素材により、もっと軽くて気軽に使用できるようになっている。

こちらのモデルは、全国のスノーボード・ショップで買うことができるので、気になる人は、ぜひチェックしてみよう!

about Sandbox:
Sandbox(サンドボックス)は、カナダのレジェンド・プロスノーボーダーのケビン・サンサローンが、ムービープロダクションズとして、2004年に立ち上げられたブランド。
タレント性が豊かなライダーたちと数多くのシューティングを行っていたが、これまでの安全性一辺倒で遊び心のないヘルメットに不満を感じていた。そこで 2007年、ケビンはファッションのエッセンスを強く打ち出したつば付きキャップ型のヘルメットをSandboxブランドとして発表!
このスタイリッシュなヘルメットは瞬く間にウィスラー・スキー場のローカルライダーたちに受け入れられた。その勢いは、スノーボーダーに留まらずオシャレに敏感なスキーヤーまでその勢いは波状した。Sandboxはセーフティさとファッション性を兼ね備えたヘルメットとして幅広く認知され、北米を中心に世界中にファンが拡大された。
スコッティ・バイン、ジェイミー・ニコルズなど、現在のスノーボードシーンを騒がす個性的なライダーも使用している。
Sandboxは、ライダーズ・ドライビング・ブランドで、雪上でライディングする人の声を尊重し、既存のスキー、スノーボードのヘルメットでは考えられなかったカラーリングやグラフィックを生み出している。カナダで最も人気が高いヘルメット
CAPiTAのオーナー、ブルー・モンゴメリー氏やレジェンドライダー、デヴァン・ウォルッシュなども愛用されており、スノーボード業界で最も敬愛されているヘルメット・ブランドでもある。

Sandbox Facebook
https://www.facebook.com/sandboxjapan

Sandbox Instagram
https://www.instagram.com/sandboxjapan/?hl=ja

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@fieldgate.jp

https://www.sandboxland.com/