ビーガンでもタンパク質を十分に摂取する事が可能!ビーガン・ボーダー薬師寺 亮の主張

「ビーガンの食事からでもタンパク質を十分に摂取する事が可能です!」
そう主張するのは、最近、スノーボーダーのためのビーガンライフを提唱するホームぺージを立ち上げた薬師寺 亮。DMKサイトでは、特集記事などでアドバイスしてくれるフレンド。

https://ogvegan89.com/

自然と遊ぶスノーボーダーの中には、体調を考えて食事を気にする人も多いだろう。
亮によると、「ビーガンの食事からでもタンパク質を十分に摂取する事が可能です。主にシード類、豆類、ナッツ類、穀物から多くのタンパク質を摂取する事ができます」とメッセージを送っている。くわしくは、以下の記事、Veganアスリートと体の関係を参考にしてほしいが、そこにはカボチャの種26.5g、ピーナッツ25.4g、アーモンド20.3gに対して、豚肉19.7g、牛肉16.5g、鶏肉17.3gと掲載してあり、もっとも懸念されるプロテイン(タンパク質)の面で、意外にビーガン食事でフォローされていることが理解できる。

ビーガンボーダーを目指す亮のサイトは、まだ立ち上げたばかりだが、これからもオススメのビーガンレシピなどを掲載していく予定ということなので、興味がある人はぜひチェックしてみよう!

https://ogvegan89.com/

薬師寺 亮 プロフィール

カナダ在住3年目。野球経験歴112年、スノーボード経験歴9年、調理経験歴6年。カナダに来て食の文化や国の文化など様々な事を学び、その中で日本では聞き慣れていないビーガンの存在を知る。スポーツ栄養学に興味を持ち、自身で試す事に。現在生活の70%をビーガンとして約1年間過ごし、菜食が体に与える変化や自身の調理経験をもとに考えた簡単健康ビーガンレシピや環境に優しいエコな商品などをOGveganスノーボーダーのBeganライフで紹介している。

●関連リンク
Endeavor Snowboards Archetype 気になる試乗レポート!一般スノーボーダー目線で紹介!
https://dmksnowboard.com/endeavor-snowboards-archetype-ryo/