W杯開幕戦で岩渕麗楽が優勝!男子は大塚健が優勝、飛田流輝が2位

広告

W杯スノーボードの開幕戦となったスイスのクールで行われたビッグエアは、女子で岩渕麗楽が優勝!またW杯デビュー戦となった村瀬由徠(15)は4位に入った。
男子の方では、大塚健が優勝、飛田流輝が2位でワンツーフィニッシュを決めた。大塚は膝の怪我からの復帰後、初のW杯表彰台に立ち、完全復活を成し遂げた!

@stadlerphoto / @marcel_laemmerhirt

予選は、2本ランの内、トップスコアを採用するルール。女子では、24選手出場する中、上位8名が決勝へ。
日本女子は、見事に4人全員が決勝へ突破成功。
岩渕麗楽は、バックサイド・ダブルコーク1080ウェドルでこの日の女子、最高得点となる89点を獲得した。
W杯初出場となった村瀬由徠(15)は、1本目のフロントサイド720はミスったものの、2本目にメイク成功で4位で予選突破。
続いて、枝松千優がバックサイド720ウェドルで5位。
また村瀬由徠の姉で、北京オリンピック銅メダリストの村瀬心椛は、2本目のバックサイド・ダブルコーク1080はミスったものの、1本目に決めたバックサイド720で、予選は7位通過を果たした。

一方、男子では日本人選手が7人出場。しかし、決勝へ進むことができたのは、大塚健と飛田流輝の2選手のみ。
大塚は、1本目にフロントサイド・トリプルコーク1440で85点、2本目にはバックサイド1620で86.75点と安定した実力を披露。
飛田は、バックサイド1620で男子2組の中で4位で決勝へ進んだ。
男子は、出場選手51名を2組に分けて、各組トップ5位まで、合計10名だけが決勝へ進める過酷なルール。
そんな中、國武大晃は、全体12位で惜しくも予選突破とならなかった。

広告

日本の女子は、4人全員が決勝へ進むという展開で、W杯開幕戦から日本フィーバーの予感。そんな中、終始トップに立ち続けて来た岩渕麗楽が、見事な勝利。
1本目は、バックサイドダブルコーク1080、さらに2本目はフロントサイド1080で合計で180.5点。もう最後の3本目は頑張らなくても優勝なのだが、そこが彼女の性格なのだろう。最後もしっかりとフロントサイド1080を決めて、さらに得点をアップし、2本のトップスコア合計180.75点で他を圧倒した。

2位に入ったアンナ・ガッサーは、1本目にバックサイドダブルコーク1080、2本目にキャブ・ダブルアンダーフリップ900で2位のポジションだった。そして最後は逆転を狙って、キャブ1260を狙ったが失敗。しかし、もしこのトリックが決まっていたら、優勝していたもしれない。表彰台の位置をキープしながら、最後にリスクある大技を持って来るあたり、試合巧者。さすが平昌、北京オリンピックで2大会連続で金メダルに輝いたビッグエア女王である。

村瀬由徠は、1本目にバックサイド720、2本目にフロントサイド720で高ポジションでゲームを進めた。最後には、フロントサイド1080を狙うも、メイクできずに4位止まりとなった。
一方、姉の心椛は、バックサイド・ダブルコーク1080を失敗し、2本目の同トリックを狙ったがダメで得点を伸ばせず。最終的に最後のフロント10を決めて順位を上げたが万事休す。今季のW杯開幕戦は、5位で終わった。しかし、初の姉妹で出場したW杯は、きっと彼女たちにとって良い経験だったに違いない。これから世界を転戦する上で、二人でいっしょに旅に行けるところも、精神的に安心に繋がりそうだ。

枝松千優は1本目にバックサイド720を決めたが、残念ながら2本目と3本目を決めることはできなかった。次戦に期待。

男子で優勝した大塚健は、終始リードを保ち、そのまま勝利へ走っていった。
1本目、フロントサイドトリプルコーク1440で2位に立ち、2本目にはバックサイド1620でトップに立った。2本目の時点で2本共にクリーンメイクしたのは大塚のみ。全選手が、大塚の牙城を崩そうと果敢に攻めるも、結局、最後まで大塚が2本目までの合計に出した166.50点には届かず。最終走者となった大塚は、最後にどデカいメソッドを決めて観衆の声援に応えた。

優勝インタビューでも、見事な英語で「膝からの怪我から復帰して、初の優勝で嬉しい」とコメントした。
そう言えば、岩渕も流暢に英語インタビューに答えていたけど、今の日本のナショナルチームは、みなさん英語が話せるのかな?今や世界で活躍するスノーボード選手は、英会話も必修なのかもしれない。

男子の2位、3位を決める激しい戦いはなかなか見応えがあった。
飛田流輝が、バックサイド1620を狙うも決まらず。しかし、2本目で見事に決めて来た。
この時点で飛田は表彰台に立ちそうな予感が漂っていたが、3本目、地元スイス人観衆の後押しで大声援を受けたニック・プエンターが、フロントサイド・ダブルコーク1080をメイク。さらにドイツのノア・ビクトアもフロント10をクリーンメイクし、表彰台の牙城に迫って来た。
そんな中、飛田は、フロントサイド1260を狙う。しっかりと着地もしたが、メランコリーグラブがやや微妙で、つかみっぱなしとは行かなかった。開幕戦の表彰台を決めるポイントだけにジャッジも時間を費やしたように見えたが、1260回転という部分で他の選手を上回った。結果、飛田にとって嬉しい開幕戦2位という結果になった。

@stadlerphoto / @marcel_laemmerhirt

男子の表彰台に立った3人は、奇しくもみんなバートンのカスタム、平野歩夢と同じピンクベースのモデルだ。W杯結果とは関係ないが、この板、さらに売れるに違いないと思った。

全体的に日本勢男子がもうちょっと決勝へ進んでほしかったという気持ちはあるが、ワンツーフィニッシュは嬉しい結果。特に日本男子のスロープ陣は、近年、各国の猛チャージを受け、なかなか表彰台に立てない状況があっただけに嬉しい勝利である。しかし、男子の方はマーク・マクモリス、マクセンス・パロットやマーカス・クリーブランドなどの未出場で、まだ全世界のトップ選手が揃った感じはないので安心できない。

次回のW杯ビッグエアは12月9日、10日に行われるカナダのエドモントン大会。ここでは、北米の有力選手が出場することが予想され、よりワールドという舞台にふさわしい戦いになるだろう。

W杯スイス・クール大会ビッグエア成績

男子
1位 大塚健
2位 飛田流輝
3位 ニック・プエンター(スイス)
12位 國武大晃 
18位 濱田海人 
25位 加来優生 
34位 長谷川帝勝 
DNS 荻原大翔 

女子
1位 岩渕麗楽
2位 アンナ・ガッサー(オーストリア)
3位 ジャスミン・ベアード(カナダ)
4位 村瀬由徠
5位 村瀬心椛
7位 枝松千優

広告