日本ハーフパイプ陣を引っ張って来た片山來夢が結婚!

広告

日本ハーフパイプ陣を引っ張って来た片山來夢が結婚報告!!

小学校卒業後、スノーボードの室内練習場(アクロス重信)があった愛媛県東温市に高校まで留学。ワールドカップには2014-2015年シーズンから参戦し、2015年8月のカードローナ(ニュージーランド)で初優勝した。
また、2018 BURTON USオープン ハーフパイプでは2位になり、2018平昌オリンピックでは7位入賞。
結果もさることながら、それ以上に熱い魂溢れるライディングで、その場に居合わせたセッションライダーたちを燃やすそうな存在。これからも、スノーボード界で輝かしい活躍が期待される。

広告

ちなみにDMKが來夢と初遭遇したのは、たしか彼がまだ小5だった。おとなしい感じの子に見えたが、その頃から強い意志を感じさせるような目力があったことを思い出す。オリンピックでは残念ながら、メダル獲得していなかったが、国内のみならず世界からも称賛されるライダーに育った。これから、スノーボード界を熱く燃やしてほしい!

ご結婚、おめでとうございます!!!

(写真左、華奢な身体で巨大ブラッコムパイプでは、なんとかリップを飛び出していたライブくん。写真右、だけどミディアムキッカーでは当時から魂が伝わるエアーをしていた) 
Burtonオンラインストア
広告