インバウンドへの期待が高まる!カンタス航空が今年12月に日本路線再開へ

コロナ禍の中でウィンター業界にとっては、なかなか良いニュースがなかったが、ここへ来て朗報が入った。
オーストラリアを代表するカンタス航空が今年12月に日本路線再開するというのだ。近年、オーストラリアからやって来るスキーヤーやスノーボーダーに支えられて来たスキー場関係者にとっては胸をなでおろす出来事。インバウンドへの期待が高まる!

以下、『カンタス航空、今年12月にも日本路線を再開へ、ワクチン接種率の高い国から国際線を先行再開』を伝えた観光産業ニュース・トラベルボイスの記事。

https://www.travelvoice.jp/20210827-149487

記事によると、2021年12月中を目処に、まずワクチン接種率の高いアメリカ、イギリス、日本、シンガポール、カナダへの路線から運航を再開するとのことだ。

日本では、おそらく希望する人へのワクチン接種が、冬前には終わっており、今後はおそらくワクチンパスポートなど発行して、日本とオーストラリアの行き来がより頻繁になることも予想される。
特に、長い間、ジャパウを心待ちに待っていたオージー・ボーダーたちは、リベンジ消費とばかりに憧れの日本へお金を落としてくれそうだ。

長い間、コロナ禍で苦しい経営をして来た関係者にとっては、大きなギフトとなりそうだ。