POW JAPANに丸山春菜と小西隆文がアンバサダーとして参加

カリフォルニアの森林火災など、世界からも地球環境に関する懸念が高まっている。今こそ、本気で地球のことを考える時だ!
地球には冬が必要だ!

POW JAPANは、こうした地球環境に関することを少しでも多くの人に知ってほしいという思いで、様々な活動をしている。
この程、アンバサダーとして丸山春菜と小西隆文を迎えることを月例報告で発表した。


月間活動報告 2021年8月

国内外で異常気象や自然災害などに見舞われた8月。冬の雪不足だけでなく、夏の異常なほどの暑さや大雨など、気候変動の影響が暮らしのそばまで来てることを、誰もが感じているのではないでしょうか。それは肌感覚だけでなく、世界中の科学者たちが示したIPCC報告書(8月)でも明確に示され、人間活動が地球温暖化や気候変動に影響を与えていることが断言されました。

そんな中でもPOW JAPANの活動や取り組み、気候変動についてお話する機会をいただいた8月でもありました。気候変動はすでに「気候危機」であることは否定できませんが、この事実を多くの人に届け、そして一緒に行動を起こしてくれる仲間が少しずつ広がっていく、そんな種まきの機会をいただけることを心より感謝申し上げます。さらに今月は、長野県/信濃町エリアから新たに丸山春菜と小西隆文の2人のスノーボーダーがアンバサダーに加わりました。彼らを含むアンバサダーやパートナー、サポーターたちとともに、より力強く、そして目指したい未来の実現に向けて活動してまいります。

以下の動画は、POW JAPANの8月の取り組み、『信州環境フェア2021 ~2050ゼロカーボン実現に向けて~』。