女子スロープスタイル決勝は1時間遅れ模様 滑走順変更

 

平昌オリンピック、女子スロープスタイル決勝は天候不良のために1時間以上遅れになる模様。10時スタートの予定が11:15となった。

また当初は、一番手の滑走はジェイミー・アンダーソンで2番目に藤森由香が予定されていたが、滑走順は変更になり日本選手の最初の登場選手は、滑走5番目となる広野あさみになった。

決勝は全選手が2本滑り、内ベストランが採用される。