史上最高のSUPERPIPE RUN!!! 平野歩夢 X GAMES 金メダル

 

平野歩夢がさらに進化!
ほぼ満点となる99ポイントでX Games金メダル獲得!!!

すでに2本目で1位に立っていた平野は、最後のランは控えめのランでも良さそうなものだったが、最後の走者で逆転を狙うスコッティ・ジェームス(昨年金メダル獲得)が控えていたために容赦ない攻めのランに徹した。

スタートのところには、今回いっしょにオリンピックに行くことができない盟友、角野友基が連れ添う。
タッチを交わし、肩を称えて歩夢を励ます友基。
一方の歩夢は、もの凄い集中力を高めている様子で、さらに高みを望むランを狙っている気配だ。

左手でイヤホンを手探りながら、自身最高潮のランを演出するためのミュージックをスタンバイ。
グローブをはめて、バインを締める姿には、大舞台でのまったく焦りを感じられない。ただ自分だけの滑りに集中しているようだ。

特大バックサイド・メソッド→フロントサイド・ダブルコーク1440→キャブ・ダブルコーク1440(コンテスト史上初のバック・トゥ・バック1440をメイク!)
→フロントサイドダブルコーク1260→バックサイドダブルコーク1260

平野自身、初となる99ポイントというハイスコア!!!
そして自身にとっても最高のラン。さらに人類史上最高のスーパーパイプ・ラン完成!!
どこにマイナス1点を付ける余地があったのか、一瞬わからなかったが、ストレートエアー時に若干手が泳いだことか。

しかし、その最後の走者となったスコッティ・ジェームスもこの平野のランに刺激を受けて、ハッスル・ライディング。

フロントサイドダブルコーク1260→バックサイドダブルコーク1260を完璧に決めて、
フロントサイド900→バックサイド360と、高さあるダイナミックなスタイルで攻める。
そして、最後はスイッチバックサイド1260。
すべてにおいて、回転トリックを入れて、平野の牙城に迫る勢いのラン、
さあそのスコアは・・・

平野にわずか1ポイント及ばない98点というハイスコアだった。

銅メダルとなったのはベン・ファーガソン。
高いレベルの大会で3位で終わったが、スイッチインなどそのパイプ・ランのクリエティブさに脱帽!

おそらくスノーボードのコンテスト史上最もハイレベルなメダル争い。最後まで優勝者が決まらない激しい戦いっぷりに大観衆はスーパーヒットアップ!
まさにエックスゲームスのメインイベントにふさわしいフィナーレとなった。

平野歩夢の優勝コメント
「狙ってこれをやろうと思ってこっちに来ていたから。
それが本当、クリーンにできて。
初めて大会でも決めれたというのが一番。」

 

X Games Aspen 2018 – Men’s Snowboard SuperPipe Final

Rank Name Run 1 Run 2 Run 3 Best
1 Ayumu Hirano 93.00 96.66 99.00 99.00
2 Scotty James 96.00 19.66 98.00 98.00
3 Ben Ferguson 26.00 94.33 95.00 95.00
4 Chase Josey 90.00 32.66 53.66 90.00
5 Toby Miller 29.66 78.00 82.66 82.66
6 Raibu Katayama 81.66 18.00 21.00 81.66
7 Gabe Ferguson 73.33 76.66 19.00 76.66
8 Jake Pates 69.66 16.66 34.66 69.66
9 Greg Bretz 23.66 50.33 39.33 50.33
10 Iouri Podladtchikov 12.66 42.66 42.66

 

平昌オリンピック スノーボード完全観戦ガイド ハーフパイプ編