本日午前10時から女子ハーフパイプがスタート!出走順リスト

69

 

本日午前10時からフェニックスパークにて女子ハーフパイプ決勝が行われる。
日本女子のハーフパイプ選手は、これまでに一度もメダル獲得がなく、悲願の初メダルを獲得となるのか、注目される。

決勝戦は3本滑りベストランを採用。
予選順位が低かった選手からスタート。
日本人では、予選7位の富田せなが6番目スタート、
予選3位の松本はるなが10番スタート。
最終走者は、アメリカのクロエ・キム。

おそらく日本のメダル獲得にたち塞がるのは、アメリカのクロエ・キムとケリー・クラーク。また中国の劉佳宇だろう。他にも実力選手はいるが、この3人の内、なんとか一人でも倒すことができれば悲願のメダル獲得となりそうだ。

平昌オリンピック
女子ハーフパイプ決勝出走順リスト

1 アリエル・ゴールド(アメリカ)
2 ケリー・クラーク(アメリカ)
3 ミラベル・トヴェ(フランス)
4 ソフィー・ロドリゲス(フランス)
5 エミー・アーサー(オーストラリア)
6 冨田せな(日本)
7 蔡雪桐(中国)
8 ケラルト カステリェト(スペイン)
9 マディ・マストロ(アメリカ)
10 松本はるな
11 劉佳宇(中国)
12 クロエ・キム