NZのカドローナは冬景色でテンションがアップ!

暖冬で雪不足、コロナで自粛という踏んだり蹴ったりになってしまった感のシーズンだったけど、そのうっぷんは南半球で晴らすか!?

ニュージーランドの中でも、スノーボーダーに理解があるスキー場として知られているカドローナが、冬景色が深まる様子をSNSに投稿!

ニュージーランドは、本日までのコロナ患者数は1210人と抑えられており、死亡者も1名という驚きの数字に抑えられている。
しかし、世界のステイホームの中、自粛活動は続いており、このまましっかりと感染を抑えて、スキー場オープンの意向だ。

北半球が暗いニュースが多い中、ぜひともNZのスキー場には素晴らしいシーズンにしてほしいものだ。
春の訪れの季節と共に、突然、スノーボードができなかった人も、今年は、南半球に行く流れができるかも。