【フサキ日記】スノーボード女子は看護師が多いですよ

最近、ニュースなどで「潜在看護師を求む!」というようなニュースをよく聞きます。
ワクチン接種のために、看護師が必要となり、資格を持つものの現在、看護職に就いていない「潜在看護師」に接種に取り組んでもらい、全国での接種回数を増やすとのことです。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA211320R20C21A5000000/

そこで、ちょっと思ったのは、スノーボード女子の中には、看護師さんが多いこと。
DMK CLUBの中にも多く、いつだったか看護師さんだけのツアーができるじゃじゃないか、と思ったくらいです。

ライダーさんの中にも看護師は多いです。
例えば、松井英子ちゃんは、普段はナースしながらライダー活動をされています。


ライダー以外の方にも、スノーボードがうまい人に看護師が多いですね。
おそらく看護師さんは、比較的にスノボに何日も行けるようなお金の余裕があり、また平日の空いているゲレンデでガンガン滑れるから、どんどんうまくなるのだと思います。

海外に住んでいる日本人スノーボーダーの中には、結構、看護師の資格を持ちながら看護師さんの仕事をしていない人もいると思います。
というのも、日本の看護師の資格が、そのまま海外で流用するのは難しく、改めてその国の看護師資格を取る必要があるからです。
あまりくわしくはないですが、資格によっては、そのまま流用できたり、簡単なテストでその国の資格を取れるものもあります。
最もたる例が、運転免許ですね。カナダでは、日本の免許証をそのまま持って行けば、カナダのものと交換してくれます。

あと保育士のような資格も、それほど難しいテストもなく日本からカナダのものにできると聞いたことがあります。うろ覚えで間違っていたら、すみません。

ともかく、日本でせっかく看護師資格を取った人でも海外では、看護師さんとして働けていない人もいるのです。
もったいないですよね。

日本の政府はこうした海外にいる看護師さんに日本に来てもらうように、呼び掛けたらいいと思うのです。
具体的には、「短期の日本滞在ウエルカム!2回のワクチン接種していれば2週間の待機がなく入国可能!」という感じで。

ここ1、2年、海外に住む日本人は、しばらく日本に帰れないで困っています。
しかも、もしかしたらコロナの影響で、現地で仕事に就いていない方もいることでしょう。

自分の知っているところでは、マイルン動画でお馴染みのルンちゃん。

ルンちゃんは、日本では看護師さんだったのだけど、カナダでは資格をそのまま流用できないためか、看護師さんをしていません。
まあ、そもそも本人が望んでいないのかもしれませんが…。
そして、日本に帰りたくても帰れない状況になっています。

こうしたルンちゃんのような人は、潜在看護師は世界に散らばっていると思いますので、呼びかけてみてはどうかなあ、と思いました。

●関連記事
資格も就職先も世界一流!CSBAが目指すゴール
https://dmksnowboard.com/csba-top-level-education/