天然雪が売りの野沢温泉スキー場が初の人工降雪機導入へ

天然雪が売りでスノーボーダーにも人気が高い野沢温泉スキー場が初の人工降雪機導入することになった。

人工降雪機は、上ノ平ゲレンデとやまびこゲレンデDコースに15機ほど設置する。
また、山麓の長坂エリアからやまびこエリアを直線でつなぐ 新長坂ゴンドラ(全長3,129m、標高差789m)が2020-21冬に完成するということで、また一段と魅力的なスキー場となりそうだ。

雪不足だった2019-20は、大幅なオープンとなってしまい12月24日のオープンだった。
近年の雪不足は深刻だが、今後はこの人工降雪機の補雪で営業日が確保できそうだ。

この投稿をInstagramで見る

Clean slate, Nozawa Onsen, March 2020

Nozawa Onsen(@nozawaonsen_)がシェアした投稿 –