NITROがコロナで失業した6人のフォトグラファーに13,000ユーロを支給へ!

以前にもご紹介したNITRO Snowboardsがコロナで仕事を失ったフォトグラファーやフィルマーを救うために立ち上げたチャリ―ティー企画、Snowboard Community Fund。(https://dmksnowboard.com/the-snowboard-community-fund/
最初にサポートする6人が決まった。

Jon Stark
Mike Dawson
Isabelle Van Eijsder
Trevor Wallace
Silvio Ottonello
Adam Otreszko-Arski

以上の6人のフリーランサーは、これまでに多くの写真や映像を供給し、スノーボードの魅力を多くの人に伝え続けて来た立役者だ。
一番上にあるジョン・スターク氏(Torment Magオンラインエディター)は、今回の企画発案の立役者であることから、最初の1名に決定。
あとの5人は、抽選によって決められた。(以下、動画参考)

彼らに集まった資金13,000ユーロ(およそ158万円)を支給する。
今回この企画に賛同してくれたのは、150人もの一般スノーボーダーと一部業界の人たちだ。

ちなみに以下の動画のラストには、Nitroライダーたちが感謝のコメントを伝えるが、そこには日本人代表で鬼塚雅も登場するので、ぜひチェックしてみよう。