X-TRAIL JAM in 東京ドーム記者会見にトラビス来日決定!

世界のスノーボーダーが超実力者と認めた男。トラビス・ライスが、X-TRAIL JAM in東京ドーム大会の記者会見のため来日!会場となる、10月16日室内スノーボード場「スノーヴァ溝ノ口」に現れることになった。

トラビス、平岡アキが記者会見で早くもパフォーマンスを披露することになった。

また、日本人ライダーからは、平岡暁史選手、村上大輔選手の参戦が決定。当日は参加選手によるデモンストレーションの他、出場選手発表などを予定している。

今年で8回目を迎えるX-TRAIL JAM in 東京ドーム大会は、シーズンの幕開けを飾る国際的&世界最大のスノーボードコンテスト!国内では最も知名度が高いコンテストで、日本テレビで全国に放送されることもあり、一般スノーボーダーたちまで大きな影響力を与えると言われている。

尽きることのない創造力と鍛えられた肉体でスノーボードというスポーツのレベルを引き上げる。まさに"限界を知らない男たち"がパワフルかつ華麗なジャンプで今年も東京ドームで新たな伝説を創る!
あの圧倒的な興奮と感動が再び帰ってくる!!

【開催日程】
クォーターパイプ国際大会: 2007年12月8日(土)17:30 スタート
ストレートジャンプ国際大会: 2007年12月9日(日)15:00 スタート

昨年度ストレート・ジャンプ成績

1位 トラビス・ライス Travis Rice (USA)
2位 マシュー・クレペル Mathieu Crepel (FRA)
3位ショーン・ホワイト Shaun White (USA)
(以上ファイナル出場者)

4位 リスト・マッティラ Risto Mattila (FIN)
5位 ダニー・キャス Danyy Kass (USA)
6位 ヘイキ・ソーサ Hekki Sorsa (FIN)
7位 アンディ・アウティ Andy Autti (FIN)
8位 平岡 暁史 Akifumi Hiraoka (JPN)
(以上、ファイナル出場者)

9位 中井 孝治 Takaharu Nakai (JPN)
10位 鈴木 伯 Haku Suzuki (JPN)
11位 山口 睦生 Mutsuo Yamaguchi (JPN)
12位 アンディ・フィンチ Andy Finch(USA)
13位 石川 敦士 Atsushi Ishikawa (JPN)
14位 マルク・コスキ Markku Koski (FIN)
15位 鈴木 翔太 Shots Suzuki (JPN)
16位 谷口 尊人 Takato Taniguchi (JPN)
(以上、セミファイナル出場者)

Spin Master:鈴木裕司(1080) Yuji Suzuki (JPN)

昨年度クォーター・パイプ成績

1位 ショーン・ホワイト Shaun White (USA)
2位 アンティ・アウティ Antti Autti (FIN)
3位 リスト・マッティラ Risto Mattila (FIN)

4位 トラビス・ライス Travis Rice (USA)
5位 ニコラス・ミューラー Nikcolas Muller (SUI)
6位 .村上大輔 Daisuke Murakami (JPN)

Highest Air賞:ショーン・ホワイト(4m90cm) Shaun White (USA)

さらにくわしい情報は、下記のwebサイトで。
http://www2.nissan.co.jp/X-TRAIL/T31/0708/index.html