X GAMESスーパーパイプで戸塚優斗が銀メダル!

 

嬉しい速報デス。
先ほど、コロラドのアスペンでフィナーレを迎えたX GAMESスーパーパイプで戸塚優斗が銀メダルを獲得!!戸塚選手はこの男子スーパーパイプで最年少17歳、しかも初のX GAMES参加での快挙!!

3本中ベストが採用されるルールで、戸塚の1本目のランは、90.00というハイスコア。

超スタイリッシュなフロントサイド540から入り、バックサイド900、さらに高さが増したフロントサイド1080。その後の2発のダブルコーク1260も14フィートを超えるスーパーエアー。このランで1本目終了時点でトップに立った。

2本目は、さすがの五輪メダリスト、スコッティー・ジェームス(オーストラリア)が94.00を出し抜かれたが、2本目が終わった時点でも戸塚の1本目のスコアは2位をキープし続けた。

スコッティー・ジェームスの金メダルを決めた2本目のルーティーン
スイッチバックサイド1080→バックサイド1260→フロントサイド1080→キャブ1080→フロントサイドダブルコーク1260
※スコッティーは1本目2発目のバックサイド1260で失敗したが、2本目にはしっかりと決めて来た。

そして3本目、戸塚はスコッティーに迫ろうとチャージを駆けるも残念ながら失敗ランに終わった。結局、戸塚が実力を出し切ったのは、最初の1本目だけだったが、結局のところ最後の最後まで誰もそのスコアを抜けない展開に。

最後の方の滑走者、ベン・ファンガーソンが滑走するところで、すでに銅メダルは確定し、ファーガーソンが実力者だけになんとなく嫌なムードを漂わせていたが、結局3本目のランは80点に終わり、戸塚の銀メダルを確定した!

銅メダルは、ハーフパイプのエンターテイナー、ダニー・デービス。昨年は靭帯損傷で欠場していたが、アスペンという大舞台でまだまだ行けるぞ!というところを見せてくれた。
バックサイド360からスイッチ・ランディング。そこからスイッチのメソッドなど、あいかわらずのいぶし銀ぶり。さらに途中でクールなマックツイスト・ジャパングラブを披露するなど、まさにダニー・ワールド全快だ!!

アメリカ期待の新鋭トビー・ミラーは8位。ワールドカップで優勝したトビーもX GAMESの壁は厚かった。

一人期待された日本人選手、片山來夢は実力発揮し切れず、9位に終わった。
來夢らしい力強いジャンプの連発でフロントサイド・ダブルコーク1440を決めるも、最後まで決めきれずにスコアを伸ばせなかった。しかし、このチャレンジした経験は大きく、この後のシーズンはさらに羽ばたいてくれるだろう。

Monster Energy Men’s Snowboard SuperPipe Final

Rank Name Run 1 Run 2 Run 3 Best
1 Scotty James 18.33 94.00 2.33 94.00
2 Yuto Totsuka 90.00 19.33 18.66 90.00
3 Danny Davis 83.66 23.66 65.33 83.66
4 Chase Josey 37.66 79.33 82.66 82.66
5 Jake Pates 80.66 17.66 81.00 81.00
6 Ben Ferguson 66.66 75.33 79.33 79.33
7 Iouri Podladtchikov 78.33 15.33 64.33 78.33
8 Toby Miller 68.33 21.66 34.00 68.33
9 Raibu Katayama 18.66 53.33 52.33 53.33