X Gamesノルウェー大会で大塚健と村瀬心椛が金メダル!!!

 

速報!!!ビッグニュースです。
凄いことが起きました!

ノルウェーで行われたX Gamesのビッグエアーで、男子で大塚健(17歳)が金メダルを獲得!!
女子では、最も若い選手として参加した村瀬心椛(13歳)が金メダルを獲得!!!

この手のニュースでよくありがちな(?)、世界のトップ選手が出場していなかったというストーリーとは無縁。
男子では地元の雄で世界最高峰ライダーとも言われているマーカス・クリーブランドが出場していたし、その他にも、マックス・パロット、マーク・マクモリス、さらには角野友基など強豪勢揃いの中での金メダル獲得。

女子の方でもビッグエアー世界一と言われているアンナ・ガッサーも出場していたのだ。
歴史は動いた。

金メダルを獲得した村瀬心椛は、2本目にバックサイド・ダブルコーク1080ミュート、さらに最後の3本目には女子のコンペティション史上では、初となるバックサイド・ダブルコーク1260ミュートを決めた。このランのスコアは、49.66!!!

この感動のゴールドメダル・ランとインタビューは、以下の動画でご覧ください。

X Game Norway 2018 
Women’s Snowboard Big Air Results

Rank Name Run 1 Run 2 Run 3 Best
1 Kokomo Murase 29.00 45.66 49.66 78.66
2 Julia Marino 42.33 6.33 30.66 66.99
3 Enni Rukajarvi 35.66 31.33 8.33 66.99
4 Zoi Sadowski-Synnott 36.33 26.33 3.66 62.66
5 Reira Iwabuchi 11.33 48.33 12.00 60.33
6 Silije Norendal 27.00 30.00 5.33 57.00
7 Anna Gasser 41.33 3.00 6.33 47.66
8 Cheryl Maas 33.33 4.00 4.33 37.66

 

もう一人の日本女子、岩渕麗楽も大健闘!コロラド・アスペンのデビューで見事に銀メダルに輝いた実力は、本物。この日の2本目でも、バックサイド・ダブルコーク1080ミュートをメイク!コメンテーターが、「完璧過ぎて脱帽!」と言わしめるほどの完成度の高さで、48.33というハイスコアを叩き出した。

金メダル候補であった地元アンナ・ガッサーは、2本目と3本目に失敗しているので、実力を出し切れていないとも言えるが、勝負は生き物。ある意味、この日本の女子二人の台頭が、アンナを焦らせてしまいより難易度が高いトリックやクオリティを求められて失敗したとも言えるのではないだろうか。

日本勢男子の有望株、大塚健も躍動した。
1本目にフロントサイド・トリプルコーク1440ミュートを決め、さらに今度は2本目にスイッチエントリーからのまったく同じ技、キャブ・トリプルコーク1440まで完璧に決めて見せたのだ。しかも、余裕の(?)両手グラブ、トラックドライバーで。

男子の銀メダルは、地元の雄、マーカス・クリーブランド(19歳)。
マーカスは1本目、クリーンにバックサイド・トリプルコーク1440インディを決めて、さらに2本目には、キャブ1620ミュート。このトリックは、わずかに大塚のキャブ・トリプル1440に勝る得点を獲得した。(以下、その動画。)

Men’s Snowboard Big Air Results

Rank Name Run 1 Run 2 Run 3 Best
1 Takeru Otsuka 45.00 46.00 23.66 91.00
2 Marcus Kleveland 40.00 46.22 6.66 86.33
3 Chris Corning 37.00 38.66 45.00 83.66
4 Sebastien Toutant 42.00 37.33 4.66 79.33
5 Max Parrot 46.66 7.33 6.33 53.99
6 Mark McMorris 43.66 8.66 3.66 52.32
7 Kyle Mack 5.00 44.00 4.00 48.00
8 Yuki Kadono 7.00 30.00 7.66 37.66