World Superpipe Championshipsジュリアン・レポート

7

世界の主要大会を取材を続けるジュリアン・イタガキ氏より、3月11日に開催されたWorld Superpipe Championshipsに関するレポートが届いたので、ご紹介しよう。

 3月の頭にアメリカ、ユタ州のPark city resortでWorld Superpipe Championshipsが行いました。この大会はTTRの大会でスノーボードのトップライダーが集まりました。

Kelly Clark、Mason Aguirre、Steve Fisher、Danny Davis、Keir Dillon、Shuan Whiteももちろん来てました。ここでShuanは新しいスポンサーを発表。Shaun はREDBULLチームに入りました。

大会のパイプはかなりのビッグサイズで22feetの高さの壁のパイプで、長さは130メートルでした。

完全インビの大会で日本人ライダーは3人だけでした。ズマン(朝妻純子)、中島志保、山岡聡子。

今年からTTRの大会になったので、いつもよりビッグネームが揃ってた、レベルの高い大会でした。

去年この大会で2位のリザルトを残してた山岡聡子は、今年もいろんなライダーを抜かして2位。
初めて出る中島志保選手も良いすべりができて、5位でした。

志保コメント
「初めて出たこの大会はとっても楽しかったです、雰囲気も良くって、観客もいっぱいいて、自分の滑りが燃えました。来年もよばれたらもっと良い滑りを絶対したいと思います。

聡子
「また2位かよーー今年は勝ちたかった。。。(笑)
今年中にしたかったルーティーンができたので、去年と同じ2位でも自分は進歩したかなと思ってます。

優勝したトーラ・ブライト。 新しいスポンサーのステッカーを一番目立つおでこの上に貼ってるNew Red Bull riderのショーン。 この大会に初めて出る中島志保。相変わらずスタイリッシュな滑り。来年はもっとアメリカの大きい大会に出るらしい。

Resultは:
Mens
1. Shaun White
2. Kevin Peirce
3.Mason Aguirre

 Womens
1.Torah Bright
2.Soko Yamaoka
3. Kelly Clark
5. Shiho Nakashima


http://www.worldsuperpipe.com/