US OPENスロープ・セミファイナルで飛田流輝が2位、國武大晃が3位!!

 

遂にこの男の季節がやって来たか!先の平昌オリンピックでは出場できずに悔しさを味わったが、今季はワールドカップを転戦し、結果を残しつつある飛田流輝が、US OPENのスロープスタイルという大舞台、セミファイナル2位で決勝へ進んだ。

飛田は、ジブ・セクションを軽快にクリアし、最後の勝負のジャンプセクションでは、まずはスイッチバックサイド1260を決めて、次にトランジションでフロントサイド1080を鮮やかに決め、最後のジャンプでは、バックサイド・トリプルコーク1440!しかも両手グラブのトラックドライバーで決めてみせた。

1位通過を果たしたのは、地元アメリカの平昌五輪金メダリストのレッド・ジェラード。思えばオリンピックの時もトランジションのうまさから、高得点を出したが、今回も見事にフロントサイド・ダブルコーク1080を決めて、最後にはバックサイドトリプルコーク1440をメイク。

3位に入ったのも、日本の國武大晃!フロントサイドトリプルコーク1440、さらにラストのジャンプでは、キャブ1260もメイク。こちらも飛田同様に虎視眈々と表彰台を狙える位置に付けた!

その他の男子日本人選手では、角野友基が11位、大久保勇利が17位。
また大塚健が、怪我のため不参加となっている。

 

一方女子の方では、今季絶好調のニュージーランド出身ゾーイ・サドウスキー・シノットが1位通過。
日本人選手では、鬼塚雅が4位に入った。
女子はトップ6までは決勝へ進出ができ、残念ながら岩渕麗楽が8位、藤森由香は12位でファイナルに進めなかった。

以下、ファイナルに出場した選手たちの成績。

Women’s Slopestyle Semi-Finals Results
1. Zoi Sadowski Synnot (NZL), RED BULL, 78.65
2. Julia Marino (USA), BURTON, 77.05
3 Enni Rukajarvi (FIN), GIRO, 72.25
4. Miyabi Onitsuka (JPN), RED BULL, 70.60
5. Hailey Langland (USA), VOLCOM, 64.10
6. Annika Morgan (GER), GNU, 55.75

Men’s Slopestyle Semi-Finals Results
1. Red Gerard (USA), MOUNTAIN DEW, 84.75
2. Ruki Tobita (JPN), VOLCOM, 80.85
3.Hiroaki Kunitake (JPN), NOBADAY, 80.70
4. Darcy Sharpe (CAN), MONSTER, 78.10
5. Staale Sandbech (NOR), OAKLEY, 77.35
6. Lyon Farrell (USA), US, 77.20
7. Luke Winkelmann (USA), BURTON, 75.85
8. Mark McMorris (CAN), BURTON, 73.55
9. Sven Thorgren (SWE), NITRO, 73.40
10. Brock Crouch (USA), RED BULL, 72.30